人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本において、世間で一時的に流行っているもの(音楽やファッション、テレビドラマなど)に皆が飛びつく、という傾向が顕著であるように思います。しかし、そういうものを、あえて避ける・避けたくなる、何だかくだらなく感じる、という気持ちを強く感じる人も一部います。これはどのような心理なのでしょうか。「自分は人と違う」という有る意味独りよがりで差別的な心理から発生しているのかもしれませんが、そのような否定的な側面以外にも、肯定的な「何か」が働いて流行を避ける、という部分もあるかと思います。ご解説下さい。

●質問者: aceK
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:テレビドラマ ファッション 差別 流行 音楽
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● nekorun
●1ポイント

私もどちらかといえば流行とかとは無縁のタイプですが^?^;

流行を追いかけない理由としては、どちらかというと

世間で一般的にはやってるものが自分の趣味や好み・嗜好

と会わないからですねー。

毛嫌いしているわけじゃなくて、本当に自分がいいと思ったものには

流行り廃り関係なく、手を出していますね^?^;;

◎質問者からの返答

「流行っている」という理由だけで、それを避けたくなる心理についてご解説願います。


2 ● TomCat
●40ポイント ベストアンサー

敢えて流行を追わないというのは、

クリエイター的な仕事に就いている人に多いですよね。

私の知り合いのイラストレーターの女性は、

「私、ばばあみたいな服が好きなの」

と言いながら、かなり独自なファッションを楽しんでいます。

これがけっこう可愛かったりするんですけどねw

劇団系とか、そのへんにも、こういう人が多いですね。

おそらく、自分から流行を発信していく立場の人は、

流行を真似しているうちに、それで自分の感性を染めてしまう事態を、

本能的に避けているんだと思います。

逆にトレンドを掴んでそれをアレンジして提示していく

プロデューサー的立場の人は、すごく流行に敏感ですよね。

流行の「生産者」と「加工者」の立場の違いでしょう。

このへんを踏まえて考えていくと、特にクリエイターでなくとも、

オリジナルの自己表現をしたい人は、

他人の感性に染まりたくないので流行を追うことを避けていく、

と言えそうな気がします。

また自分のオリジナルの自己表現に集中していれば、

気が付いたら流行りのドラマも変わってるし、

ファッションも変わってる。わー、浦島太郎みたい。

も、めんどくさいから流行なんて理解できなくていいや。

ということにもなってきますよね。

これもけっこう大きいと思います。

◎質問者からの返答

なるほど!興味深いご意見です。

>自分の感性を染めてしまう事態を、本能的に避けているんだと思います。

このフレーズ、気に入りました。


3 ● kurukuru-neko
●1ポイント

>世間で一時的に流行っているもの(音楽やファッション、

>テレビドラマなど)に皆が飛びつく、

嗜好にあわかあわないかの判断をする。

嗜好にあわないならそれで終わり。

「自分は人と違う」ではなく「自分の嗜好に合う・合わない」

◎質問者からの返答

それは一般的な方で、殆どの大衆がそうだと思います。しかし、あえて「流行っているから嫌だ」という心理についてご解説願いたいのです。


4 ● chatora0123
●1ポイント

今だとサッカー 昔サッカーが好きで見てたんですけど誰に言ってもそれほど盛り上がらなくてほんとに一部のファンとしか話ができなかったのですが今回のように大きな大会になったとたんにわかサッカーファンが増えまるでずっと昔からファンだったようにあーだこーだといってるのを聞くと不快になります。そうするとその流行からは手を引きます。頭にくるので

◎質問者からの返答

どうして不快になるのでしょう?それは偏狭な心理、否定的な側面ですよね。肯定的な側面についてはどうでしょうか。


5 ● sukeshi
●32ポイント

子供は仮面ライダーショーを見て「カッコイイ!」と言う。

お母さんは仮面ライダーショーを見て「今度の主演のコ素敵ね!」と言う。

お父さんは仮面ライダーショーを見て『オダギリジョー以降の仮面ライダーはこういうところうまくやってるよな。こういう仮面ライダーショーの方も利益上がってるんだろうな。』と思う。


マスコミが主導して作られる流行には、何らかの意図があるわけですよね。

流行そのものよりもむしろ、その意図するもの・目的が何なのかってところに興味が向きます。

大抵はどっかの誰かが利益を得るための商業的な仕組みだったりするわけですけど。

ですから、流行そのものに対しては冷めてしまいます。


そういう想いに耽ったりした後で誰かに「今度の仮面ライダーすっごく面白いよな!」って無邪気に言われても、「そ、そうだね。」としか返せなくなりますよね。


…例えが仮面ライダーでゴメンなさい。

◎質問者からの返答

なるほど。そういうこともありますよね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ