人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

知人より生後2ヶ月すぎの子猫の里親になったのですが、寝ている間に攻撃するという猫の行動で悩んでいます。普段は甘えん坊で、私の側を離れなかったり、よく膝の上に乗ってくつろいでくれます。遊びたくなってくると、手や足を噛むんできます。最初は甘噛み程度だったのですが、だんだん本気で噛んでくるようになってきました。私は仕事で毎晩遅く、一人にさせている時間が長いので、ストレスかもしれないなとは思っています。噛み付かれて、しばらくおもちゃで遊んでやると、攻撃性は少しは薄れますが、しばらく経ったらまた噛み始める…の繰り返しです。噛み癖にならないようにしたいと思っていますが、こういう場合どう対処すればいいのでしょうか。またこの猫は私が布団に入ると、とたんに攻撃的になります。寝ていると、私が起きるまで、引っ掻いたり、噛み付いてきたりして、顔にも攻撃してくるようになってきたので安眠できません。一体どう対処すればいいのでしょう?眠れなくて精神的に参ってきています。最初はこんなことはなかったのですが…。誰か教えてください。よろしくお願いします。

●質問者: champclair
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:おもちゃ だんだん ストレス 子猫 対処
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● beautiful_peace
●20ポイント

猫の噛み癖をなおせる方法しりませんか?

http://www.toku-chi2.com/pet/nandemo_qa/qa/qa169.html


2ヶ月の子猫って、まだまだ赤ちゃんです。本来なら母猫が一日中つ

きっきりで世話をし、また、きょうだいとじゃれあって、牙や爪の

使い方などを勉強している時期です。飼うなら、母親になったつも

りで徹底的に付き合う必要がありますよ。一人の時間が多いという

のは可哀相です(って、わかりきったことを言ってもしょうがないで

すね……すみません。ついつい)。本人(本猫?)には攻撃しているつ

もりはなく、「起きてー! 遊んでよー!!」という意志表示なので

しょうね。最初はそのようなことはなかったということですが、そ

れはおそらく発達段階によるものだと思います。


発達するに従って、噛む力も強くなってくるので、噛まれると痛い

ですよね。猫も大人になるにつれ、加減を覚えてきますから、それ

ほど心配ないとは思いますが、あまりにひどく噛み始めたら、口の

中に手を入れたり、鼻先を軽く弾くなどして「ダメだよ」と教えて

あげるといいと思います。


どうしても眠れないようでしたら、様子を見てケージに入れるなど

の対応も考えてみてはいかがでしょうか。ちょっと可哀相ではあり

ますが……。

◎質問者からの返答

コメントありがとうございます。

どちらのケースも「遊びたい」の意思表示なのですね。

今は遊びたい盛りなのでしょうか。

朝晩ひっきりなしなので困っていますが、

しばらくは辛抱といったところでしょうか。

ケージには昨日少し入れてみましたがやっぱり可愛そうですぐに出してしまいました。

体罰はよくないと教わりましたが、

鼻先を弾くくらいなら大丈夫でしょうか?

でも、寂しくて遊び足りないんでしょうね。

できるだけ遊んであげようと思います。


2 ● momo34maru
●18ポイント

うちの猫も同じような状況が続きましたが、

一つは去勢をきっかけに少しおとなしくなりました。

その後二匹目を里親として引き受けコレが成功しました。

やはり、かまってあげる相手がいないのはストレスが溜まると思われます。

猫は本当に人間を癒してくれます。

がんばってください。

キャットタワーを設置してみてはどうでしょう。

http://pet-toy.autumn-tec.co.jp/

こんな遊び道具もありますよ。

http://www6.ocn.ne.jp/~kizow/dog/cat.html

さびしくてしょうがないので

その表現がその行動になっているのだと思われます。

◎質問者からの返答

コメントありがとうございます。

去勢は生後5ヶ月くらいにと思っていましたが、

もっと早くできるんでしょうか。

調べてみますね。

遊び道具の情報もありがとうございます。

一人でお留守番させている分、

遊びの時間は楽しめるようにさせてあげたいですね。


3 ● nekoyayoshiki
●18ポイント

噛みつかれると遊んであげる、ということで、噛むとあそんでくれると学習してしまっているのではないでしょうか。うちの猫の1匹は、同じように小さい頃は寝てると噛んで起こして遊べと要求してきましたが、噛むたびに怒っていたらなおりました。噛んだ時にはたとえばケージにいれるとかして絶対に「噛むといいことがある」と覚えさせない方が良いと思います。あと、まだ2ヶ月だと、ちょっと親離れは早かったですね。多頭飼いできればもうちょっと「かまってほしいから噛む」は減るとは思います。http://www.catsitter.jp/

◎質問者からの返答

コメントありがとうございます。

なるほど、噛まれたら遊んであげるという癖がついてる可能性はとてもあります。

いろいろと試してみます。

サイト情報もありがとうございました。

とても助かります。


4 ● TomCat
●20ポイント

これは、私の体験から得たことを元に回答させてください。

まず、生後二ヶ月とのことですから、今の様子は、

当たり前の発達段階なんだと思っていただくのがいいと思うんです。

普通、子猫というのはこの時期に、一緒に生まれた兄弟姉妹どうしで

取っ組み合いの遊びを繰り返しながら、

猫として大切なことをを身につけていくんですよね。

子猫同士の遊び方っていうのは、そりゃ凄まじいですよ。

それこそ毛玉が絡まり合って転がっているみたいに見えます(笑)

そんな激しい遊びの中で、「度を過ごすとどういうことになるか」

というのを実体験として学んでいくんです。

楽しく遊んでいるうちはいいですよね。

しかし興奮しすぎて本気で噛んでしまったりすると、

相手からも本気で反撃が返ってきます。

そこで「限度」というものを知るわけです。

猫は、親愛の情を示す時にも口を使います。

しかし、狩りのための武器としても口を使います。

その使い分けを、こういう兄弟姉妹同士の遊びを通して

身につけていくわけです。

離乳後一ヶ月。

今がちょうどその時期なんですよね。

兄弟のいないひとりぼっちの子猫には、

母猫が代わりの教育をしてあげることになってきます。

お母さん猫もいない子猫ちゃんの場合は、

飼い主さんがその役割を担っていかなければなりません。

具体的には、取っ組み合って遊ぶことで色々学んでいく時期ですから、

おもちゃで遊ぶだけでなく、おもちゃで興奮してきたら、

どんどん撫でたり抱いたりしてあげてください。

そうすると、興奮のついでに噛んできます。

そうしたら、おでこに人差し指を当てて「めっ」。

これが「制止」の合図になります。

いい子で制止に従ったら、またいっぱい可愛がってあげてください。

悪いことは即制止。従ったらご褒美。

このへんは犬のしつけと基本は同じです。

そしてまた子猫を床に下ろしておもちゃで遊んで、

興奮してきたら撫で回して、噛もうとしてきたら「めっ」。

これを繰り返していってみてください。

ただし、これは遊びなのですから、けして叱ってはいけません。

楽しい気持ちの中でやっていかないと、猫ちゃんは付いてきてくれません。

くっそー、また噛みやがってとムカッときたら、

ちょっとおもちゃを掴まえにくくしたりしてイジワルして(笑)、

また遊んで興奮させて、撫で回して噛んできたら「めっ」。

これを子猫ちゃんが飽きるまで付き合ってやってください。

寝ている時に噛んできたら、やはり同じように額に指を当てて

「めっ」と制止してください。

ここで人間も本能で反撃してしまったりすると、

子猫は遊びの開始だと思ってどんどん噛んできて寝られなくなりますから、

「制止」で対応していくことが大切です。

寝ぼけて間違えて反撃してしまったら、仕方がないので、

あきらめてしばらく「教育的遊び」に付き合ってあげてください(^-^;

おそらくそんなことをしばらく繰り返していけば、

キバを立ててはいけない、爪を立ててはいけない、

ということをだんだん憶えていくはずです。

要するに、ただ遊びたがっているんじゃない。

発達段階の要請に起因する教育を本能が求めている時期なんだと理解する。

そして、その要請を満たしていく対応を人間が取っていく。

これが大切というわけです。

子猫もこの時期、楽しく遊びながらお勉強です。

兄弟猫ならこんな時どう反応するかな、

母猫ならこんな時どう反応するかな、と想像をたくましくしながら、

しばらく教育的遊びに努力していってみてください。

きっとそのうち、素晴らしい猫に成長していきますよ。

ご健闘ください o(^-^)o゙

◎質問者からの返答

コメントありがとうございます。

あまりに噛まれてしまうので、

私も少し臆病になってしまってる部分もあると思います。

勇気を出して教えていきたいと思います。

励ましのお言葉ありがとうございました。


5 ● aiaina
●20ポイント

猫の場合、社会化適応の時期というのが研究で明らかにな

ってきています。生後2週間から始まって7週間頃までが

環境への適応方法を身につける時期といわれています。

この期間に母猫、兄弟、人との触れ合いを確実に行うと、

以後の環境適応がしっかりできるようになるといわれてい

ます。(この時期の素地があって、生後4ヶ月頃まで、

またはそれ以降の環境への対応が促進されます)

もし、2週間目から7週間頃まで、親兄弟との触れ合い

がない場合は以降の学習による吸収の可能性がこの関わ

りではなくなってしまうということです。

子猫は、最低でも3ヶ月は親兄弟と一緒に過ごさせると

以後の環境変化にもうまく対応できるようになります。

3ヶ月を過ぎると、母猫から邪険に扱われ始め、その代

わり、他の兄弟猫、人との触れ合いの仕方を覚え始め

ます。

これは、2週間から7週間の社会化の素地があってこそ

可能とのことです。

解決方法ですが、噛まれたら手を「引く」のではなく、口の中へ押しこんで下さい。指を突っ込むとケガをすることが懸念されますので、噛まれたら手の甲を、げんこつだと尚よいですが、突っ込んでやって下さい。

不快な思いをした猫ちゃんは徐々に噛む力を加減するようになります。

噛まれたら低く大きな声で「痛い!」とか「コラ?!」とか言いつつ、手を突っ込むのです。

「噛む=口の中にイヤなものが押しこまれる」+「大声で叱られる」の相乗効果を狙います。

最初のうちは本気噛みしているので質問者さんも痛いと思いますが、ほどなく甘噛みになってきますので、頑張って下さい。

そのうち噛みそうになったら「痛い」と言うだけで、手が口の前で動くだけで、本気で噛まず、やんわり噛むようななるか、全く噛まなくなります。http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

コメントありがとうございます。

痛いものでつい手をひいてしまっています。

逆に押し込める。やってみます。

遊んであげること、

変な習慣を覚えさせないこと、

制止させることが大事なんですね。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ