人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ASOなどで下肢動脈の自家静脈グラフトバイパス手術を実施しても自家静脈グラフトが普通の動脈より狭窄を起こしやすいのはなぜ?

●質問者: hanady
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:グラフ バイパス 動脈 実施 普通
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● taka27a
●27ポイント

ごくごく平たく説明しますと、動脈は、圧力が高いので、「壁」が厚い。静脈は、圧力が低いので、逆流しないように「弁」の働きをする袋状の膜がある。

つまり元々動脈の機能が必要であった部分に「壁の薄い、弁付きの」静脈を移植しても…というのが一般的な見解だと思われます。


2 ● impetigo
●27ポイント

http://www.3bs.jp/model/micro/g42.htm

構造的に違うのでは?しっかりした構造とぺなぺなでは血栓はどちらに出来やすいか・・

と思った次第ですが・・・


3 ● daiyokozuna
●26ポイント

http://www.noastec.jp/kinouindex/data2000/047.html

「自家静脈グラフト閉塞の主因は進行性内膜肥厚によるグラフト狭窄で・・・・」


つまりは、継ぎ足した静脈の壁が何らかの影響(血流か?)でだんだん厚みを増して行く。

その結果、断面積が小さくなり血栓などができ易く、より詰まりやすくなる。


こんなかんじでしょうかね?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ