人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

本当においしい自慢のカレーの作り方を教えて下さい。そしてどんな味なのかも。条件は、自分で実際に作ったことのあるもので、一般的に手に入る食材を用いてです。辛さは激辛からマイルドまで問いません。期待しています!

●質問者: shockwaver
●カテゴリ:グルメ・料理 生活
✍キーワード:カレー マイルド 激辛 食材
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●30ポイント ベストアンサー

ひたすら煮込むポークカレー。

ルーは適当に市販の物を使います。

ただし極力辛口の物を選ぶのがコツ。

ついでにカイエンペッパーなど激辛スパイスも

ドンドン投入していきます。

そうして超辛口のカレーを、煮込むことで甘口に仕立てていく。

これによって、まろやかなコクのあるカレーになっていくわけです。

コクのあるカレーを作るには、下地が大切です。

まず、ローストオニオン。

大量のタマネギを微塵に切って、バターでゆっくり炒めます。

そしてスープストックを加え、鍋に移します。

肉はポーク。バラのブロックを使います。

これを大きめのサイコロに切り、

フライパンで焼き色を付けます。

この時、肉汁の流出を防ぐため、塩は振りません。

代わりにブラックペッパーと市販のカレーパウダーを振ってから炒めます。

肉にいい焼き色がつく頃には、

フライパンにもいい焦げ目が残っているでしょうから、

これもスープストックで溶かして鍋に移します。

この時点で鍋は炒めタマネギのバターと

豚肉の脂でギトギトになっていますが、

これは後でアクと共に除去しますから、現時点では気にしません。

ここで野菜類を投入します。

そしてひたすら、最低数時間は煮込みます。

ここでアクが浮いてきますから、

先に浮いていたギトギトの脂と共に取り除いていきます。

肉に、ほとんどが脂身のバラブロックを用いますから、

取っても取ってもキリがないほどの脂が浮いてきますが、

こうして脂が抜けたバラの脂身は、

とろけるような食感に生まれ変わっていきます。

約3時間煮込むと、肉がとろっと、すごくいい感じになってきますから、

ここで塩コショウで軽く味を調えて、

この時点で十分うまいスープに仕立ててしまいましょう。

途中経過でうまい。それが、本当にうまいカレーを作るポイントです。

気に入った味に仕上がったら、火を止めて市販のルーを加え、

カイエンペッパーやブラックペッパーなども加えて

スープをカレーに進化させていきます。

それも、極辛口に仕立てながら。

そしてさらに煮込んでいきましょう。

チャツネやトマトピューレなども、好みでここで加えていきます。

市販のトンカツソースなどを加えてみてもおいしくなります。

チョコレートやニンニクなんていうのも隠し味に加えるとコクが出ます。

この時点からは焦げ付きやすくなりますので、

ごく弱火で煮込んでいきます。

煮込んでいるうちにどんどん水分が失われていきますから、

それを補う意味も含めて、牛乳やココナツミルク、

トマトジュースやリンゴジュースなどを加えていきます。

ここで、激辛口カレーを甘口に持って行くわけです。

そうして数時間煮込んでいくと、よそよそしかった辛みと甘みが、

しっくりと馴染み合うようになってきますから、

そうなったら最後に香りを付けるために

好みの香辛料を加えて掻き回して出来上がりです。

出来上がったカレーは、コクのあるまったりタイプ。

煮込むことで粘度のあるタイプになりますので、

普通の日本式のふっくら炊いた白飯に良く合うカレーになります。

お肉のとろけるような食感が絶品です。

仕込みから完成までに、約一日かかります。

夜に仕込んで、一晩寝かせて翌日仕上げるというのもいいですね。

こうした煮込むカレーは、量を多く作らないとうまくいきません。

だいたい一回に20皿分以上を仕込むのが目安です。

でも、材料や調味料の分量は全て適当。味見しながら目分量で。

何がどんな分量でも煮込むことでそれなりのまとまりが出てきます。

それが、こういう煮込むことをメインとした料理の特色です。

ですから、その時々で好きな味に仕上げていけばOKでしょう。

残ったカレーは冷凍保存。

ジャガイモは冷凍に適しませんので、

冷凍保存する予定がある場合は、ジャガイモは抜きで作ってください。

◎質問者からの返答

大変ご丁寧に説明して下さりありがとうごさいます。辛口から甘口に持っていくのは面白いですね。参考になります。


2 ● ryouichi6
●10ポイント

トマトの缶詰1缶・カレー粉適量(おおめかな)・塩コショウ適量・挽肉好みの量・たまねぎのみじん切り(あめいろ)を一緒に煮込んで汁気が少なくなるまで火を通す。ミートソースのようにもなるけどカレーの味次第によってはかなりおいしいものになりますよ! かんたんに書いているようで案外根気がいるけどおすすめです。

◎質問者からの返答

食材がシンプルでいいですね。ありがとうございます。


3 ● aiaina
●10ポイント

私は、カレールウをいつも一かけだけ、ビーフシチュールウに変えて入れます。

これでスゴイ、コクが出ます!

また、ナンプラーを入れると少しエスニック。

インスタントコーヒーを入れると深みが出ます。

一番は飴色に炒めたたまねぎですが、コレは少し甘みが強いカレーになります

◎質問者からの返答

裏技ですね。ありがとうございます。


4 ● gettoblaster
●20ポイント

材料を簡単に手に入るものにした簡易インド風です。

材料

骨付きの鶏肉(ドラム、モモ、手羽先等)500g

たまねぎ5個

しょうが、にんにく少量

カレー粉小さじ3杯

ガラムマサラ適当

水1L

サラダ油適量

お好みで唐辛子の輪切り「


準備

・鳥のドラムか手羽先を、塩、ヨーグルト、カレー粉でもみこみ、冷蔵庫で1時間放置。

開始

・なべにサラダ油を敷き、にんにくとしょうがのみじん切りを弱火でいためる。

・そこに笑っちゃうくらい大量のたまねぎのみじん切りを入れ、焦がさないように1-2時間ほどいためる。笑っちゃうくらいかさが少なくなります。

・そこに、準備した鶏肉を入れ、火を強める。たまねぎとまぜながら皮に焼き色がつくように。

・水とヨーグルトを入れて。30分ほど煮る。あくはすくっても放置してもいい。

・塩とカレー粉、お好みで唐辛子を入れて20分ほど煮る。

食べる直前にガラムマサラを入れ一応完成。

この後放置してゆっくり冷まし、その後あたためなおしたほうが肉が柔らかくなっておいしい。そのときも食べる直前にガラムマサラを。

◎質問者からの返答

これは美味しそうですね?。ありがとうございます。


5 ● mkonomi
●10ポイント

古川 享 ブログ: 古川流・カレー調理法

◎質問者からの返答

やはりたまねぎを炒めるの時間は欠かせないですね。ありがとうございます。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ