人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

インターネットバンキングでは、スパイウェアやフィッシングなどで被害も出ているようですが、携帯でのバンキングサービスはどんな状態なのでしょう?
モバイルバンキング固有のリスクとその対策について具体的な犯罪手口の事例や、想定される脅威、及びその対策を可能な範囲で結構ですので、詳しい方がおられれば、教えて頂けませんでしょうか?

●質問者: tfujiyama
●カテゴリ:インターネット 経済・金融・保険
✍キーワード:インターネット サービス スパイウェア バンキング フィッシング
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●60ポイント

http://www.shinkin.co.jp/okayama/html/imode.htm

iモ?ドからの取引については暗号化を行っていますが、iモ?ド(インターネットを利用)の

ネットワーク構成上、暗証番号などの取引内容が外部に漏洩する危険性を伴う場合があります。

また、レスポンス、安全性、信頼性を保証することはできません

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

暗号化というのは、128ビットSSLのほかに、DoCoMoの無線区間で独自の暗号化を行っているとのことでしょうか?

調べた限りでは、DoCoMo、au(KDDI)、Vodafoneとも無線区間ではそれぞれ暗号化を行っており、また、モバイルバンキングにおいてはインターネット網を経由しないと理解しています。

暗証番号漏洩のリスクはどの当たりにあるでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ