人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いつも普通に話せる年上の人と電話で話し切る間際「お疲れ様でした」と言ったらとても不快だと言われました。仕事や用が終わった時、目上の人に「ご苦労様」と言うのは大変失礼なことだとは思いますが、笑顔で頭を下げつつの「お疲れ様ぁ?!」はどんなに上の人にでも使えるねぎらい、挨拶でありけっして失礼には当たらないと認識しています。しかも仕事の場合メールの一行目にも入れています。 結局不快を示した人とは話が平行線で相手も譲らないのですが、世間一般で使っていると考えられる「お疲れ様」という言葉、果たしてどんな位置にいるのでしょうか?

●質問者: makitaco
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:メール 不快 平行線 挨拶 普通に
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 58/58件

▽最新の回答へ

[1]業界により? kddi

http://blogs.wankuma.com/jeanne/archive/2005/11/26/19625.aspx

自分もmakitacoさんと同じく、「ご苦労様」は失礼に当たり、

年上や目上の方には「お疲れ様でした」を使うのが当たり前だと思っていました。

# 実際、上司等にも「お疲れ様でした」は使っています。

上記URLのようなものを見て、初めてそう言う認識ではない方も居る事を知りました(^-^;


[2]失礼します(しました)なのでは NA-tsu-72

お疲れ様もご苦労様もともに、目上から目下の人への言葉ではないでしょうか

私は、電話のとき、「では、失礼致します」が多いですね。


[3]状況にもよるかもしれませんが・・・ daikanmama

相手の方がどういう意味で「不快だ」と言ったのかわかりませんが、「お疲れ様」と「ご苦労様」の世間一般での正しい使い分けは、貴方の認識で間違いないと思います。

「メールの一行目にも入れています」とのことなので、あまりに日常的に「お疲れ様」を連発しすぎて、軽々しく感じられたのかもしれませんね。

ただ単に、相手の虫の居所が悪かっただけなのかもしれませんが・・・。


[4]スレ立てお疲れ様です。 shockwaver

一般的に「お疲れ様でした」という表現は、目上に用いても全く問題ないと思います。普通に話せる関係なのに、不快な反応を示されるのは悲しいですね。その方の先輩から挨拶に関して極端な考え方を教え込まれたのかもしれませんね。

それでも、誰とでも良い関係でいたいの思いますので、率直にどのような言い方をしたら良いのか尋ねてみてはどうでしょうか?きっとその方なりの答えがあるはずです。

さて、一般的な「お疲れ様でした」の位置づけですが、相手に対する敬意の伴ったねぎらいの言葉で間違いないと思います。私は先に帰る後輩にも「お疲れ様?」としばしば言います。後輩にしてみれば、先輩よりも先に帰るのに自分の仕事をねぎらってくれたと多少なりとも嬉しく感じる思います。ですから、「お疲れ様でした」の使用用途は目上から目下まで幅広いといえるでしょう。英語で、Thank you for your hard work.と同じ意味を成すことを考えると、ねぎらい以外の何者でもないと思います。


[5]ケースバイケースでは? maamaamaa

帰宅する時に「お先に失礼します」と言われたら、「お疲れ様でした」と返答することは多々あるかと思います。

私の以前いた会社では、廊下ですれ違う時の挨拶が「お疲れ様です」でしたが、朝から疲れてないのにお疲れ様はないでしょうという提案が出て、ケースバイケースで対処せよということになりました。今回の電話のケースは「どうも、ありがとうございました」ではないのでしょうか? あるいは、「それでは、失礼いたします」ではないでしょうか?


[6]>1 「ありがとうございました」を使えば? satobo_77

「お疲れ様でした」も目下に対するねぎらいの言葉だと聞いたことがあります。

自分も「お疲れ様でした」を同年代や年上の方にも使っています。親しくなってからなら失礼にはならないと思います。親しくなってないときに,相手の労をねぎらう言葉が使いたいときは困りますよね。「ありがとうございました」「お世話様でした」が使えるときは使うと良いですね。


[7]>1 上司の勘違い kimizu

http://q.hatena.ne.jp/1122953550

ここでも議論されてますが、皆さん、イロイロですね。


ちなみに、うちの会社では、先に帰る人が

「お先に失礼します」

それの返事として、

「お疲れ様でした」

を使用しています。


逆に、先に帰る人がまだ仕事で残っている人に対して、

「お疲れ様でしたー。」というのは、なんかおかしい

気がしますよ。だって、その人の仕事がまだ終わって

いないのに、過去形に聞こえますもの。


http://tamagoya.ne.jp/manner/035.htm

ここでは、「ご苦労様」「お疲れ様」の使い分けを正しいと

しています。


[8]普通に言うと思いますよ。 kakaricho222

きっと虫の居所でも悪かったのでは 無いですか? 私の場合も普通に 年上人に お疲れ様でした。といいますが 一度も不快に思われた事が有りませんよ?!


[9]言います chatora0123

言いますけど「お疲れ様でした」ではなく「お疲れ様です」が多いです。でしたってなんかもうずべてが終わった人みたいで・・・。


[10]仕事関連用語でしょう saisei1102

「お疲れ様でした」は仕事関連用語ですよね。その年上の人は仕事関係の方ですか。また、その電話で何を話されたのでしょうか。仕事とは関係のない話しだったのではないでしょうか。だとすると、個人的な関係において、あるいは個人的な話が終わったあとで、「お疲れ様でした」はないよなぁという気がします。

仕事上ではなく、個人としての関係であれば、年上の人には、「ありがとうございます」や「失礼します」で切るのではないでしょうか。


[11]>2 「失礼しました」も嫌う人が... gong1971

「失礼な事したんかい!」と嫌う人も居るそーです。

私は「お疲れさまでした」も「失礼しました」も全然気になりません。

ただ、気になるって言われたら争うのも面倒なので、

「ありがとうございます、勉強になります。」と言って、

その後、その人にだけは気を付けるようにします。

(心の中では「アホか!」と思いつつ。(^^;)


[12]ジャポニカロゴスで言ってました sukeshi

以前、『ジャポニカロゴス』というテレビ番組でやってたんですけど、金田一秀穂先生によると、目上の人に対しては「ご苦労様」も「お疲れ様」も失礼にあたるのだそうです。

「失礼します」と言うのが正しいのだそうです。


[13]>2 やっぱり最後は。 Light_o

電話の最後は、やはり「失礼します」でしょう。

話の流れでお疲れ様と言うけど、最後はね。


[14]>1 ビジネスマナー:相手に合わせて臨機応変に対応するのがマナーかも。 Minion

http://blog.hatarako.net/dip_contents/archive/12

一応、ビジネスマナーでは

「ご苦労様」(目上から目下・同僚へ)

「お疲れ様」(目下から目上)

というのが一般常識となっているようですが、

年配の人は「お疲れ様」と言われても不快になる人がやはりいるようです。


で、コレを覆すのが、諸問題大有りの『新明解国語辞典』です。

http://kotobakai.seesaa.net/article/8180084.html

『新明解国語辞典』には「お疲れ様」について

仕事に打ち込んでいる人や仕事を終えて帰る人にかけるねぎらいの言葉。〔一般に目上の人には用いない〕

と書いてあるそうです。

まったく逆ですね。

ただし、この『新明解国語辞典』は辞典の中でもトンデモ本らしく

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/3578/

こんなサイトでそのトンデモぶりが取り上げられていますので、あまり参考にならないかもしれません。

独断と偏見に満ちていて、説明が妙に具体的でリアルなのが新明解国語辞典だそうです。


恐らくこの辞典を編集された方も

「お疲れ様」と目下の者に言われると頭に来る人なのでしょう。


個人的結論ですが、

マナーとは相手に不快感を与えない、人間関係を潤滑にするためのものであって、正しいビジネスマナーを守っていればそれでいいというものではない。

よって相手の方が「不快」だとおっしゃるなら、

すいませんと謝って今度から「お疲れ様でした」という言葉を使わないのがマナーだと、そう思いました。


[15]言葉にうるさい人は Mook

「ご苦労様」というと目上が目下に対して使うと言葉と、理解している人は、不愉快と感じるかもしれませんね。

http://www.nishishi.com/blog/2006/05/post_58.html

ご参考に。


[16]>2 同じですね yokokeita

昔習ったビジネスマナーを思い出していました。

makitaco さんの書いてあることがそのまま出ていました。

ただ、その場合はFase to Faseの場合でした。

電話でなにが違うのかと言われると難しいですが、

わたしも電話の場合は最後は「失礼します」です。


[17]全く同感ですが、社会一般に従うべし・・・です! nana109

そうなんですよ。

年配者にはそういわれますよね。

でも社会一般には従うべしです。


[18]>7 そうですよね shuamaya

私もこの場合の言葉の使い方は正しいと思います。


違う言葉の話になりますが、

ただし、「してあげる」などの「あげる」は「差しあげる」につながり、目上の方に用いるのが自然だそうです。目下の人には「してやる」「やる」をつかうとか。

私にとっては「してあげる」と言うと、こちらが上に立って何か施すというイメージがあるのですが、本来の意味は違うんですね。


[19]言葉の意味 sakura19749

普段おつかれさまとか仕事が終わったらお疲れ様というというような感じで言葉の意味を考えずに反射的に使うものが結構ありますよね。お疲れ様といわれても気にならない方の法が多いとはおもいますが、どのような電話をしてたのでしょうか。

例えば個人的な会話をしててお疲れ様とかいわれてもちょっとそれはってきもしますし。あまり気にしないことですよ。


[20]あ、そう思う人なんだな YasudaS

と、知って認識しておけばよいこと。

それを知る機会があったということで、よかったじゃないですか?

つまり、その年上の人は、頭が悪くてむちゃくちゃな難癖を付けてくる人だという認識があれば、あとは馬鹿として扱えばよいだけなんですからね。

お疲れ様...は、個人的には、言う相手の仕事の終わりに締めとして言う挨拶かな?とは思います。仕事中でまだまだやろうとしていると、「仕事途中で疲れちゃって」みたいなニュアンスがありそうに思います。なので、わたしは夕方すぎというか、就業時間が終わって帰る人にしか使いません。

就業中のまっさかりだったら、「こん{にち|ばん}は」「よろしくお願いします」「ありがとうございました」「失礼いたします」みたいな用語を使います。


[21]お疲れ様でしたは変じゃないですよ。 nabetomo

変に上下意識が強い人だったのではないでしょうか?

「失礼します」を追加しても反応する様なら

問題だと思います。


[22]>10 ありがとうございます makitaco

話の〆に使った意味は、私が紹介した「短期のお仕事を無事終わりました」との連絡を受け、頑張りましたね!との意味で言った「ホントお疲れ様でした!」だったのでした。でもあまりに「ヘン!」とキッパリ言われるとこちらも・・・ワケわからなくなっちゃいましたので「え?私がヘンなの??」ってカンジだったもので。


[23]普通に言うと思います。 puzzle7

お疲れ様は どこでも いうと思います。

いやに思う人も 少ないように思うのですが・・・。

目上の人に対して使っても 大丈夫だと思います。

その相手の人が ちょっと 変に誤解してるのかも知れませんね。


[24]労いの言葉は目上の人に使ってはいけません。 nano327

「お疲れ様」も「ご苦労様」も労いの言葉です。

「労い」というのは、【同等か目下の者に対するいたわり】を意味します。

つまり、目下に使う言葉を目上の人に使うと失礼ということなのです。

「お疲れさん」だと上からの言葉に聞こえるのを「様」をつけることによって丁寧語のように囚われがちですが、実はそうではないという一例です。


とはいえ、私も会社員の頃、「お疲れ様です」を社内で使っておりました(ですが、殆どが後輩だったので、今思うと問題なかったのかもしれません)。

上司と長時間話していた時は「時間を割いてくださり有難うございます」です。


言葉は生もののようです。

私が中学生の頃は何でもかんでも「超」を付けて話すのが流行り、親世代から注意されましたが、今は商品名に使われたり、道路標示にも使われますから世の中に認知されてきたのだと思います。

「お疲れ様」は、今、その狭間にあるのではないでしょうか?

普通に使う事がある人もいれば、目上の人間に使うべきではないと思う人もいるということです。

ただ、会社に勤めている以上、上司(目上の人)が不快だというのでしたら、後輩が折れるべきです。

その方は上下には厳しい方なのでしょう。

どちらも決して間違いではないですが、日本語として正しいのは相手の方ではないかと思います。


[25]>5 状況がわからないですから・・・・ paffpaff

その年上の方が

どんな場合でも考えなしに使っていいんじゃないんだよ

ということでたしなめるためあえて苦言を呈してくれた

っていうようなことではなく

「虫の居所が悪かったのかな?」ぐらいにしか思えなかったということですよね


昔、みんなの予定を聞いて名簿に取りまとめて上に報告するという感じの仕事(ボランティアなんですけど・・・)

をしていたときに

最後に必ず「ご苦労様」

っていう人がいて、毎回カチンときてました

こっちは自分の時間を割いて、やっているわけだから

言われるとしたら「ありがとう」のほうが適切じゃないですかね


>笑顔で頭を下げつつの「お疲れ様ぁ?!」はどんなに上の人にでも使えるねぎらい、挨拶でありけっして失礼には当たらないと認識しています。

直属の上司ぐらいまでですかね・・・・

認識が世代で違うのかな。


[26]帰り際は tomor_land

目上の人や一線を引かないといけない人には

ご苦労様です。

同僚、後輩には

お疲れ様です。

だと思われます。


[27]調べてみました! puzzle7

結果?というか このような ページがありました。

http://www.business-i.jp/print/article/art-20041225205640-PZGYQZ...

迷った時には、社内でも社外でも、年上にも年下にも、全方向的に万能な『お疲れ様』を使うとよいでしょう。

とあるので やはり 大丈夫だと思います。


[28]普通に使いますが RC211V

私は「お疲れ様です」と言います。「お疲れ様でした」だと上から言う形に受け取られてしまいます。チョットした言葉の違いですが如何でしょうか?


[29]おつかれちゃーん shiikahiro

おつかれちゃーん


[30]仕事場の風習でしょうか? take4xp2006

外資系ならば、上司はみな「さん」つけで呼んでいます。

また、過去の風習で、お疲れ様と言っていたこともあります。

職場の風習にあっていれば、相手のわだかまりもおのずと消えるでしょう。


[31]なぜその人が不快になるのか私は理解出来ません coj

もし自分が目下の人に「お疲れ様でした」と言われても、不快に感じることはまずないですね。

たとえ不適当な言葉であっても不快になるほどではありませんし、さらにいつも普通に話しているのであれば、そこそこ打ち解けた仲でしょうからたとえ指摘はしても、その人が不快になるのは理解に苦しみます。


[32]誰もが KAMOME

相手と自分の位置関係を暗中模索しているものではありませんか?

まず、あなたの「お疲れ様でした」の認識は正しいです。

そして、こういった事柄について間違いは誰にでもありえます。

そのお方はどう言ったら満足か、言っていましたか?

誰にでもありえる間違いに、しかも仕事を紹介してくれた恩人に対して、その態度は他人事ながら許せません。

今回の事に関しては、あなたは、そのお方の恩人の位置にいるのですから、もしも「ごくろうさまです」であっても通るはずだと考えます。それを一歩引いて「お疲れ様でした」という謙虚な、あなたの態度は素晴らしいと言えると思います。


[33]いろいろな職場や日常で・・ sakanamachi

どれにレスをというのが難しいので新レス失礼します。

現在では「お疲れ様です」「ご苦労様です」の使い分けも多々あるようで難儀しますね。

私事では職場にて上司であろうとも同僚であろうとも同一目的を達成する仲間として「お疲れ様です」を常用してますし、慣用されてます。

また、他社員であっても同一業務内では「お疲れ様です」です。

「ご苦労様です」を使う場面といえば「自分または自社の為に尽くしてくださった方に対してねぎらいの言葉」として使ってます。

こちらがお客である場合ですね。

また、以前にとある工場研究所にいた時にはそういう言葉はほとんど使われていませんでした。

「ありがとう(ございます)」です。

一仕事終え場を去る(帰る)場合には「お先に(失礼します)」でした。

その場に応じて相手のねぎらいの言葉を辞書や自分の視点だけでなく世間一般の視点で受け取り、気持ちよくいきたいものですね(^^)


[34]もしかしたらマナーではなく・・・ mo_ko_mo_ko

なにか、言い方とか状況が不快にさせている、と言うことはないですか?

電話を切るときにも、目をみて話すときのように語尾をのばして「おつかれさまでしたあ?!」と言ってしまったとか。

また、その人が疲れきっていて、なおかつまだ仕事があるのに、「お疲れ様でした」と完了形で言われたら、まだ終わってないよ!とちょっとキレてしまったとか。

考えてみたら私の場合、自社でも他社でも、社長とかのうんと目上の方には電話で文頭に「お疲れ様でございます」とか「お忙しいところ恐れ入ります」「お疲れのところ失礼いたします」とはいっても、会話の最後に「お疲れ様でした」とはあまりいいませんね。私ごときの若輩者が同情している言葉のように取られてしまうような気がするのと、なんというか、軽々しく思われてしまうような気がして。

一般常識から言うと、問題ないんですが、「お疲れ様でした」は同僚や部下にも使える言葉ですよね。うんと目上の方や礼儀を重んじる方には、「あの人たちとあなたは違うんだよ」という気持ちをこめて、よりていねいな「ございます」「くださいませ」という言葉を織り交ぜます。


[35]「ご苦労様でした」では? fumie15

「お疲れ様」は相手の疲れをねぎらう言葉ではないでしょうか?

それに対して「ご苦労様」は相手の苦労を丁寧に感謝する言葉ではないでしょうか?


[36]>22 その状況で tehi

お疲れ様でしたもだめで、ご苦労様もだめだったらあとはどう言葉をかけたらいいんでしょうね。


[37]>36 もし答えるなら kurukuru-neko

もし答えるなら

年上:「無事終わりました」

=========================================

あなた:わざわざ電話をありがとうございます。

仕事は如何でした、何か不都合はありませんでしたか?

年上:(普通なら無いと答える)

=========================================

「お疲れ様」

会社の業務作業でない限り、使わないほうがよい。

誤解を招く可能性あり。


[38]>37 過去形だからでしょうか・・・ teionsinonome

どうして不快になるのかが私にもよくわからないのですが、もしかしたら「お疲れ様でした」と過去形だからでしょうか・・・???

以前接客業をしていたときに、「ありがとうございました」だとそこでもう終わりでまた来てくださいという感じがしないので「ありがとうございます」と言ったほうが良いと教わりました

なのでこの場合も「お疲れ様です」と言ってほし かっ た と か????

でもそんな不快になることじゃないですよね・・・

今後の人間関係のためにも、ここは折れて、どういうところが不快だったのかを聞いて「改善します」と謝っておくといいかもしれませんね

腑に落ちないとは思いますが・・・


[39]シチュエーションの方の問題では? rikuzai

私は「お疲れ様」自体目上でも実際使いますし、

それで別段トラブルになったこともありません。

なのでどちらかというと言葉自体の意味合いの問題ではなくて、

シチュエーション的な問題ではないかと思うのですが。


そこで気になったのは、

アンケート質問文の方にあった「短期の仕事を紹介した」という一文です。


自分が年下の友達に仕事を紹介してもらって、

自分からお礼の意味も込めて電話をした時に、しめの言葉に「お疲れ様でした」と言われたら、場合によってはムッとすると思います。

友達だと思ってるのになんでそんなにビジネスライクなわけ?とか、

(友達同士にそんな風に言わないでしょ!という意味の「ヘン!」)

たいした仕事したわけでもないのに嫌味?とか、

(と有体にムッとした理由がいえないから…という意味の「ヘン!」)

逆にかなりきつい仕事だったら紹介しといて「お疲れ様」ってなに?とか。

(ここでその言葉はないんじゃないの?という意味の「ヘン!」)


…細かいニュアンスが質問者さんの一方的なお話からだけではわからないので、あえて極端な例をかいてみましたが、女の世界なのでまぁあるかなと。

(そして電話だし。私も女友達にわけのわからないことで激昂されたことが何度かありますから…)


また、相手が仕事を紹介してもらったこと自体に負い目を感じていたら、「お疲れ様」の一言が雇用主に言われたように感じるかもしれませんしね。

要はプライドの問題だったりするのかもしれません。

しかもそういう気持ちがバックにあって、その気持ち自体を相手が多少なりとも恥じていれば、

言葉尻を捉えて「ヘンだ」「ヘンじゃない」という会話になると、相手も更に引っ込みがつかなくなるのではないでしょうか。


以上思いつく可能性を列記してみました。


[40]その方は、年上の人には何て言ってるんでしょうか? story-designer

私も普通に使っていました。もしかすると中には不快に思っていた人がいるのかも知れない。言葉って難しいですね。


[41]…てゆーか…どっちも大人気ない… hanajikan

相手をねぎらった言葉のつもりなのに

不快だとか言い出す方も、仕事などちゃんとしている分別あるべき

人の言うことじゃないし、言われた方もそれを失礼な言い方じゃない!せっかく

ねぎらって言ってあげたのに!みたいな言い合いなんかしなくても…(苦笑)

たしかに目上の人に対して言う言葉じゃないかもしれませんが

そうたいして年の違わない人たちが言い合うことじゃないと

思うんですが…

仕事の上の上司とかすごく年の離れた目上の人などにはたしかに気を使う

必要はあります。

でも、自分に対して失礼だ!なんて言うのはよほど失礼な言い方

とかしてきたら「ちょっとそういう言い方は…」くらいですかね

でもよほどの言い方に対してですよ。

ほとんど自分に対する言い方なんて相手をいさめませんよ。

質問と関係なかったかな。すいません…


[42]>35 ご苦労様はNGですよね? y_nagata

ご苦労様は目上から相手に言う言葉で、絶対にNGだと記憶しているのですが…違いましたっけ?


[43]その人独自の感覚 jelate

「ご苦労様」は部下に言う言葉ですけど、

「お疲れ様でした」は目上に使っていい言葉のはずですね。

それが不快だと言うのは

その人独自の感覚、考え方でしょう。


もっと詳しい理由を聞けるのなら聞いた上で、

その人に「お疲れ様でした」を

使わなければいいだけのことじゃないでしょうか。

決して間違ってるわけじゃないですからね。

人間、どういうことが不快になるか

わからないですので、

臨機応変に対応するのがいいと思います。


[44]代用的世論 aase

おもに年配の方の意見なので参考になるかと

http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2004/04/0413.html

http://www.nhk.or.jp/a-room/kininaru/2004/04/0416.html


[45]一般論はどうあれ、相手が不快であれば不快なんでしょう。 dummy2004

その人には「お疲れ様」は使わないようにすればいい。


[46]お先に失礼します! araichan

仕事ならお先に失礼しますとか、電話切る時も失礼しまぁすなんてのは、どうでしょう??


[47]お疲れさまでしたは araichan

お疲れ様でしただと話すのが疲れましたって、その方は取るんじゃないですかね?!だからお疲れ様でしたが不快に感じるのですかね?


[48]>24 nano327さんの回答に賛同します mgemini

私自身が言われて場合はあまり気にしませんが、目上の方にはどういっていいか迷うことがあります。

上司に対しては、「お世話になりました」とかですかね?

言葉にせよ、行動にせよ、それを不快だと感じたら、ハラスメントになる。

ある意味怖い世の中です。

本人に悪意があろうがなかろうが、相手がどう感じるかで決まってしまう。

メールやこのような掲示板などは、特に気を遣いますね。

まだまだ、言葉がうまく使えないですが、気持ちを素直に伝えながらも、ぶしつけでない、そんなふうに語れたらと思う今日ころ頃です。

追伸

うまく返信できてるのかな?


[49]マナー研修で教わりました ERIERI

新人研修(といっても20年前)で、目上の方には「ご苦労様でした」は失礼なので使わない。「お疲れ様でした」を使いなさいと教わりました。でも、そういう知識がない人には微妙な言葉なんでしょうかね。


[50]何がスタンダードであるにせよ brucknerian

相手にその知識がなかったら仕方ないですよね。

僕も「お疲れ様」は目上にも使えるとおもってました。

しかし、「です」まで付いてるのに不快だと言うその人は、一体どれだけ自分が偉いと思ってんでしょう?

また、本人は何と言われれば満足するんでしょうね。


[51]あえて言いましょう。その人は brucknerian

器が小さいと。

その人、自信がないんじゃないでしょうか。

目下の人に上を行かれるのが怖いから、そうして目下目上などという普通には動かしがたい概念を権力にすり替えて自己防衛してんじゃないでしょうか?

ちゃんと自信のある人なんかは、結構タメ口きかれても平気だったりしますよねー。


[52]うちの上司は怒ります・・・ ryusan2000

あくまで参考意見ですが・・・

理由は「まだ、疲れてないんだよ」とか「おまえら若いんだから疲れるのは早いんだよ」こんな感じです。

しかたがないので私は、「ご功労様でした」か「お世話になります」「失礼します」等を使っています。

でも、自然に「お疲れ様」というときもあります。

目上の人には、とにかく丁寧に言います。

以上です。


[53]>31 そう思います。 z_u_m_i

ホントに。

言い方はどうあれ、相手が好意で言った言葉に不快になるのは変ですよね。

重要なのは「どう言ったか」ではなくて「なぜ言ったか」だと思います。

上司も「そんな時は?って言うのがスタンダードだよ。」などと指摘すべきで、

不快になるなんて、信じがたいです。


[54]電話の内容によると思います。 Mrsmyu

電話の内容が、プライベート的な要素でしたら、

相手は、「いつも普通に話せる年上の人」とのことなので、

他人行儀に感じたとも考えられます。

また、ご自分へのアドバイスをもらった電話でしたら、

「お疲れ様」と言う言葉は失礼だと思います。

何故かは、ご自分が友達の相談にアドバイスした後

相手に「お疲れ様」と言われた場合を

想像していただくとイメージしやすいと思います。


[55]>24 それじゃ失礼します gorogoro-jk

私も同意見です。

労う行為というのは基本的に上から下へ向けるか、同等の者同士が発するものであり、極端な話ですがアルバイト店員が社長に向かって「お疲れ様です」と発言したら、少し違和感を覚えませんか?

この場合は「それでは失礼します」か、もう少しフランクに「それじゃ失礼します」じゃないでしょうか。

もっとも、最近では年上=目上なんていう儒教的な概念はすっかり薄れてますから、明確な階級差がないお知り合いとの会話でここまで気にされたら、正直こっちも不快かなぁと思いますが。


[56]言葉ってむずかしいですよね・・・ yke

確かに仕事が終わって、職場の人に上下関係なく挨拶として

「お疲れ様でした。」って言いますが、それで非難された事はありません。

けど、「電話」では使った事ありません。

友人に仕事終わりに「もしもし、○○!お疲れ様!」って感じでは使うけど、

仕事上のしかも目上の人に対しては使っていません。

私自身としても「お疲れ様でした。」は聞きようによっては

「対等」もしくは「上から下へ」にも感じられるもので、

面と向かって動作も含めて初めて相手に伝わる様な気がするので、

言葉でしか伝える事が出来ない電話では誤解を避けるため、

友人か後輩や身内にしか使っていないと思います。

目上の方から「この間は、お疲れ様でした。」と言われて、

つられていってしまいそうになる事もありますが、

ここでは「こちらこそ、お世話になりました。ありがとうございました。」

って感じで返しています。

電話での言葉の選択は本当に誤解を生みやすいものなので、

本当に注意しないとなって、自分自身も日々気をつけています。

メール一行目の場合も目上の方も含め職場内の場合は

「おはようございます。」「こんにちは。」「こんばんは。」

「遅い時間に失礼します。」なんて感じで時間帯によって使い分けています。

取引先なんかだと、「いつもお世話になっております。」

って感じで続きますけどね。

言葉の受け取り方って人によって随分違うので、誤解されやすいんですよね。

私だったら、年上の人が相手なら「不快な思いをさせてすいません。」

って事で、あやまっちゃいますよ。

結局、言葉づかいって、コミュニケーションの上で、相手に不快感を与えない

ってことが原則だと思うから。

自分の考え方を通すより、人間関係維持しといた方が自分にとって

「得」って考えちゃうので。

そんな私でも意固地になって謝れないときは、

・「譲れないものは絶対譲るな。譲れるものは譲っとけ。」

・「損して得とれ。」

・「自分から謝れる人は『大人』、人にいわれて謝るのは『子供』。」

のどれか一つ(状況にあったもの)を気持ちが落ち着くまで

心の中で唱えます。

結構、素直に謝れます。


[57]話の最後には使わないかなあ… sonopyon

僕の普段の電話のことを思い出してみると、最初に「あっ、○○です。お疲れさまです。」と始まっても、「お疲れさまでした」と言ったことは無いように思います。

電話においては、「お疲れさま」は「こんにちは」なとどというような挨拶代わりでしょうか。もちろん、その場面にも寄ると思いますが…

目上の人で、特にやりがいを持って仕事にあたっている人は、仕事は楽しいものなので疲れるという感覚は無いようです。「楽しいことをやっているので、私は疲れているという感覚は無い。」と昔言われたことがあります。

あまり具体的でないのですが、参考になればよいと思います。


[58]>45 確かに電話では言わないかも。 dummy2004

上司が「お先に!」って言ったら「お疲れ様」「お疲れっす」とか言うけど、

電話では言わないかもしれない・・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ