人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

シャロン・ズーキンという社会学者の
ランドスケープ・オブ・パワー
という提唱の内容を教えて下さい。

●質問者: tonton0421
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:シャロン ランドスケープ 提唱 社会学者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● skky
●35ポイント

Google先制のお達しによればhttp://www.waseda-coe-cas.jp/project/minutes/eacrg050416.htmlの下記であると思われます。

(3) 本報告の理論的な背景として、二人の理論が紹介された。まず、The Rise of the Creative Class の著者、リチャード・フロリダの都市アメニティ論である。これは、多様性とauthenticityを含む都市に、多様なライフスタイルと自己実現を求めるクリエイティブ・クラスが集まりやすいということである。次に、都市の多様性における経済と文化の関係を説明するため、シャロン・ズーキンの説が用いられた。ズーキンによると、経済・資本が文化を呼び起こすのではなく、むしろ文化的魅力が経済力を生み出すという。

こちらにも記述があります。

http://www.biocity.co.jp/03biobody/10nen.htm

●「消費」が形成するランドスケープは、従来のものより市場支配力を持つ新しい空間コンセプトが登場すると、古い空間コンセプトはそれに取って代わられます。現在の都市空間の開発はそれの絶え間ない繰り返しといえるでしょう。ただし、『ランドスケープ・オブ・パワー』でも記したように、マーケットは負けてもコミュニティは残ります。マーケティング・コンセプトは淘汰されても、コミュニティの人たちは生き残るのです。(シャロン・ズ?キン「「消費」が形成するランドスケ?プ・最近のアメリカ住宅地開発に見るロ?カリティの喪失」)

◎質問者からの返答

有り難うございます。

もう少し詳しくわかるといいのですが。

難しいですね。


2 ● ラージアイ・イレブン
●35ポイント

なか見検索で概要がわかります。

Landscapes of Power: From Detroit to Disney World

Landscapes of Power: From Detroit to Disney World

  • 作者: Sharon Zukin
  • 出版社/メーカー: University of California Press
  • メディア: ペーパーバック

こちらも参考までに

サステイナブルな未来をデザインする知恵

サステイナブルな未来をデザインする知恵

  • 作者: 服部 圭郎
  • 出版社/メーカー: 鹿島出版会
  • メディア: 単行本

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ