人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世界の偉人等の格言をホームページに日替わりで掲載していこうと考えています。格言にも著作権があると思うので、使用許諾をとらなくてはならないと思うのですが、どのようにして許諾をとればよいか教えてください。

●質問者: masechan
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ホームページ 偉人 著作権
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●60ポイント

まず、許諾無しに利用できる条件について考えていきましょう。

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#2_4

日本国内における著作権は、特別な場合を除いて、

原則として著作者の死後50年を経過するまでの間存続します。

したがって、明らかにこの期間を経過した人の言葉は、

基本的に著作権は存在しないものとして自由に利用することが可能です。

http://www.cric.or.jp/db/z.html

http://www.cric.or.jp/gaikoku/gaikoku.html

著作権が日本以外の法律によって守られている場合は

原則として当該国の法律に従うことになりますが、

昔の人の格言などであれば、既に保護の対象からは

外れていることが多いものです。

ただし翻訳物などの場合は翻訳者の著作権がありますから、

この場合は自分で原文から訳すようにすれば安心です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

あるいは、

1. 著作物を引用する必然性があり、また、引用の範囲にも必然性があること。引用先が創作性をもった著作物であることが必要。「次のような文章がある」として、あとは丸写しにしたようなものは、引用には当たらない。

2. 質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」という関係にあること。

3. 本文と引用部分が明らかに区別できること。

4. 引用元が公表された著作物であること。

5. 出所を明示すること。(著作権法第四十八条)

といった、著作者の権利を不当に侵害しない範囲において

公正な慣行に従って行われるものなら、

公開された著作物は「引用」という形で利用することも可能です。

現状、多くの「格言」は、この引用の形で利用されていることが多い、

と考えられます。

以上に当てはまらない著作物の場合は、

その著作権者に直接許諾を求めていくことになります。

http://www.cric.or.jp/link/link.html

その場合の問い合わせの窓口は、

などに著作権管理を委託している人の言葉ならそれぞれの団体に。

あるいは書籍や雑誌などに出典がある場合は、

あるいはその出版社などに直接問い合わせを

していくことになってくるでしょう。

松下幸之助さんなども多くの格言を残していますが、

こうした企業人などの場合は、その企業の広報担当などに

問い合わせていく必要があるかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。死後50年を経過した著作者の格言がパブリックドメインとして掲載されているページをご存知でしたら、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ