人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

医療の現場(大病院)では、「セカンドオピニオン」が患者の権利として、掲げてあります。
でも、医師とて人間、主治医の私が居るのに、信用できないのか?っとなるのが不安です。
患者としてセカンドオピニオンを受ける場合の注意点、セカンドオピニオンを受けたために主治医から迫害を受けたなどの「マイナスの体験」があれば教えてください。URLの引用もありがたいですけど、御自身の体験を強く希望します。
現在、私がセカンドオピニオンを求めている疾病は、双極性気分障害(躁鬱病)と軽度の慢性腎不全です。

●質問者: ysskondo
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:URL セカンドオピニオン マイナス 不安 主治医
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● jame2
●5ポイント

こちらではいかがですか?

http://www.2-opinion.net/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

でも、

http://www.2-opinion.net/html/faq.htm

の「Q3.主治医の機嫌を損ねたりしませんか? 」の現実を相談しているのです。

奇麗事は、教育を受けた最近の医師ならそう言うでしょう。でも、医師とて人間。「現実は、どうか?」っていう「体験談」を希望しているのです。かつ、「マイナスの体験談」を。


2 ● aiaina
●35ポイント

セカンドピニオンを利用しています。

セカンドピニオンでいやな顔をする医師は、能力的によくない医師だといいます。

そういう医師は、こちらから願い下げのほうがいいくらいだと、言われたことがあります

医師いわく、医師が患者を選ぶのではなく、患者が医師を選ぶ時代だそうです

いやな顔をされたことはありません。

しかし、治療に関しては、平行して行わないように言われました。

そうすると、何が効いているのかがわからなくなるからです

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>セカンドピニオンを利用しています。

実体験がお有りなのですね。

>セカンドピニオンでいやな顔をする医師は、

>能力的によくない医師だといいます。

>そういう医師は、こちらから願い下げのほうがいいくらいだと、

>言われたことがあります

>医師いわく、医師が患者を選ぶのではなく、

>患者が医師を選ぶ時代だそうです

どの医師(や医療関係者)も同じ事を言うのですけど、主治医の感情を逆なでしてしまうと、過去の膨大な検査結果などが次の病院や医師に伝わらない可能性があって脅えているのです。

>いやな顔をされたことはありません。

実体験ありがとうございます。

少し安心しました。

>しかし、治療に関しては、平行して行わないように言われました。

一昨日、精神科クリニックのケースワーカーの先生に相談したときも、同じ事を言われました。

>そうすると、何が効いているのかがわからなくなるからです

ですよね。また、同じような薬を出されても困りますし危険ですよね。


3 ● joujoujou
●45ポイント

うつ症状の時、一度目(一人目の先生)の診察の時に正直に「他にも行って見ようと思う」と言ったとたんに態度が変わり、突き放された話し方をされたことがあります。二度目(二人目)の先生にも同じ事をいいましたが、「それもいいかもしれません。」とやんわりとおっしゃっていただけました。ただ、だからといって、診断や治療の方法が後者の方がいいとは思いませんでした。結局、処方された薬がことごとく副作用がでたり、記録を見ずにまた、同じ薬を処方されそうになったり。「セカンドオピニオンに対して嫌な顔をしない」=いいドクター、とは限らないと思いました。


良性の腫瘍ができて、まだ小さいけれど切りたい旨を伝え、

断られたので、他の病院でも同じかどうか訪ねると、

「こんな大きさじゃうちでは切らないよ。切りたければ、手術代を儲けたいほかの病院に行きなさい」と言われたことがあります。


正直言いまして、診察時のドクターのお話だけで「自分の命を預けて大丈夫かどうか」の判断は通院や手術をする度に難しいものだと実感しています。

ドクターも人ですし、経営もあるのかもしれません。

(信頼して、手術をお願いした際に事前に手術室に入る執刀医と看護婦さんが「この人数で行います」とおっしゃったにも関わらず、

麻酔が一時切れたとき、聞いていた入室人数をはるかに超える人がおり、なにやら「実技講習の場」になっていていたのを知って

非常にショックだったこともあります。)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>うつ症状の時、一度目(一人目の先生)の

>診察の時に正直に「他にも行って見ようと

>思う」と言ったとたんに態度が変わり、突き

>放された話し方をされたことがあります。

そうです。これが恐いのです。

対人恐怖?って言うか、こんな時もあったので、私は、恵比須顔が般若の様な顔に変貌する時が恐いです。やっぱ、こんな経験をされた方がいらっしゃるんですね。

>「セカンドオピニオンに対して嫌な顔をしない」=

>いいドクター、とは限らないと思いました。

これは、その通りです。やぶ医者でも、セカンドオピニオンには変に理解がある場合があっても不思議では無いでしょうから。

>正直言いまして、診察時のドクターのお話だけで

>「自分の命を預けて大丈夫かどうか」の判断は通院や

>手術をする度に難しいものだと実感しています。

私はプロフィールで間接的に実名を公開しているので詳しくは書けませんが、なんか肌で感じる物がありますね。

全く同感です。

>ドクターも人ですし、経営もあるのかもしれません。

まぁ、実は、とある病院(開業医)の診察が全て終わった後に、忘れ物をして病院に戻った時にいらん話(スタッフの打ち合わせ)を耳にして、物凄く不安になった事があります。

やっぱ、医師とて、開業すれば経営者ゆえ、損得感情にはシビアですからね。

実際、大病院の歯科では、必ずブラッシング指導をしてくれますけど、個人の歯科クリニックでは、一度もブラッシング指導の経験はありません。時間がかかる割に、保険点数が少ないです。これが原因と大病院の歯科医師から露骨に聞きました。

>「実技講習の場」

これは致し方無いですよ。

大病院、特に大学病院は教育の場でもあるので、実際に手術に加わったスタッフ以外に研修医などがいっぱい居るのは普通です。特に、珍しい病気になったときなど、「痛い」と言っているのに、次々と若い医師に触られた(押された)事があります。

---------------

同じ鬱状態の方の回答で参考になりました。

鬱状態の時は、周りの人の表情や態度の変化に物凄く過敏になります。逆に、躁状態のときは、傍若無人になりがちです。私は、鬱状態が99%なので、医師の些細な口調の変化も気になる状態です。医師との人間関係で付かれきっています。

ありがとうございました。


4 ● pikupiku
●0ポイント

病院へ行くとき、なるべく一人でいかない。できれば、35?50歳の男性について来てもらう。若造ではだめです。実社会でもまれたおっさんでないとなめられます。もし命にかかわる大きな病気なら2人以上に頼む。3?4人で来られると医者は無言の圧力と受け取ります。

こちらは真剣だぞという態度で臨まなくてはだめです。

下手に出ると必ず損をします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

当方、41歳の男性です。

医師も人間、患者も人間。この人間関係で苦しんでいるのです。医師を威圧しても意味が無いです。人間は、腰を低くして相手と接するのがマナーです。

これと、質問に応じた回答をお願いします。


5 ● p243
●20ポイント

"主治医の私が居るのに、信用できないのか?"となってしまった時点で両者の間の信頼関係が築けないので、そうなった場合はそこに行くのはやめましょう。大学病院では大抵症例検討会を週1回位はやっていますので、大抵セカンドオピニオンを主治医が聞いていることになります。そういう意味ではある程度は考慮された治療がされているというといえます。セカンドオピニオンを受けたために主治医から迫害を受けたなら、さっさと違う病院に行くべきです。

隠れてやるよりは堂々をセカンドオピニオンを聞きたいことは主治医に話して、セカンドオピニオンをきいた結果どう自分が感じたか、それに対して主治医がどう思うかをよく話し合い、主治医の患者に対する熱意を感じとることが大事ではないでしょうか。結局シロートがセカンドオピニオンをきいて、違った治療法を進められても、結局判断に迷うだけですから。ただ、なるだけこの薬は避けたいというはなしであれは別ですが。

理想的なことばかり書いているとは思いますが、幾らかでも参考になることがあれば幸いです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>症例検討会

こんな名前までは知りませんでした。少なくとも入院患者には複数の医師が集まって相談?をしているそうですね。外来患者にまでしてくれているとありがたいです。そう思います。

>セカンドオピニオンを受けたために主治医から迫害を受けたなら、

>さっさと違う病院に行くべきです。

これは、joujoujou様にした返事の様に膨大な検査結果が次の病院に行くのか迷っているのです。

>隠れてやるよりは堂々をセカンドオピニオンを聞きたいことは

>主治医に話して、セカンドオピニオンをきいた結果どう自分が

>感じたか、それに対して主治医がどう思うかをよく話し合い、

>主治医の患者に対する熱意を感じとることが大事ではないでしょうか。

これも、joujoujou様にした返事の様に、ケースワーカーの先生に言われました。

セカンドオピニオンにする先生宛てへの主治医からの紹介状を持って行くと良いそうですね。

>理想的なことばかり書いているとは思いますが、幾らかでも

>参考になることがあれば幸いです。

いえいえ。参考になる事はありました。

ありがとうございます。

---------

まだ不安と言うか医療現場に関する悩みは多いのですけど、一旦、この質問は終わりにします。

皆様、ありがとうございました。

再度、別の観点から質問させていただくと思います。この時は、宜しくお願い申し上げます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ