人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

毎年毎年、麒麟麦酒がスポンサーになった「キリンカップ」という試合がありますよね。春?初夏ぐらいに行われるアレですが、その出場国などはどのように決まっているのでしょうか?

日本代表と同等もしくはそれ以下のレベルのチームしか見たことないのですが、事情の分からない素人としては、なんだか身内向けの「出来レース」にしか見えないのです。
そして、そのための過密日程が選手らに負担となってはいないか?本来勝利すべき試合に勝てない要因となっていないか?というギモンが沸いてくるのです。
また、ただの強化試合ならば「カップ」なんて名前をつけて盛り上げる必要もなさそうに思われます。無理やり盛り上げているような感もいなめませんし。

さて、そのあたりの事情も含めて、詳しい方がおられましたら、解答いただけますと幸いです。

●質問者: nekomakura
●カテゴリ:ビジネス・経営 趣味・スポーツ
✍キーワード:キリンカップ スポンサー レベル 事情 出来レース
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● ayuemi
●10ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%A...

確かに、カップと名がつくほどたくさんの国が参加してるわけではないですね・・・。


2 ● J95318
●15ポイント

事情は詳しくないですが、KIRINのサイトに

「キリンカップサッカー2006」は、6月から始まるワールドカップに向けた国内最後の壮行試合となることから、本大会に向けた日本代表の一層の強化を支援します。

とか

サッカー日本代表のさらなる強化に向け<キリンチャレンジカップ>と<キリンカップサッカー>を開催いたします。

http://www.kirin.co.jp/active/sports/soccer/action_plan/index.ht...

と書いてありますので、日本代表のための壮行試合という位置づけでかまわないと思います。

過去にはいわゆる強豪国代表やクラブチームも呼んでるみたいですし、最初の頃の記録をみると天皇杯優勝チームと日本代表に海外チームを交えての大会だったようです。

http://www.kirin.co.jp/active/sports/soccer/history/index.html

「キリンカップ」と名前がつくのは、もともと日本代表強化のための大会にキリンが協賛したからで、無理に盛り上げているわけではないと思います。


ちなみに、同じくキリンはバスケットボールでも「キリンカップバスケットボール」をやっていて、

http://www.kirin.co.jp/active/sports/basket/index2.html

こちらには

日本バスケットボール協会が策定した中・長期的な選手育成・強化計画<JABBA変革21>に基づき、世界の強豪チームとの対戦により、日本代表チームの強化を図って実施されています。

とありますので、サッカーも同じようなものなんではないでしょうか。

◎質問者からの返答

「キリンカップ」と「キリンチャレンジカップ」は違うと。

素人にはややこしい!


3 ● snowland
●10ポイント

http://www.kirin.co.jp/active/sports/soccer/kcs_kcc/index.html

キリンカップは日本代表の強化のために、各国の代表を招いて試合を行う親善試合です。

そのための相手は、多分サッカー協会とキリンが相談して日本代表の強化になる相手で、かつ観客動員も見込める相手を選んでいるのだと思います。

日本代表が必ず優勝しているわけでもないので、決して出来レースではないと思います。


確かに単なる強化試合といってしまえばそれまでですが、キリンの冠が付くことで、代表スポンサーであるキリンのイメージアップと試合を主催するサッカー協会の費用面の双方のメリットのためにカップの名称が使われているのではないでしょうか。

ちなみにかのマラドーナもキリンカップに出場してましたね。


4 ● robekaru06
●10ポイント

まずキリンは、Jリーグが始まる前からのスポンサーで、

40年かんサッカーのスポンサーを、していて、日本サッカー協会にとっては、大きなスポンサーです!

大会としてるのは、日本サッカ協会は、

ただの親善試合のしたくないのでは、

優勝を、決めることで、優勝するための試合!

二試合戦うので、二試合で優勝する試合運びをするためでは!?

ワールドカップの予選でも、引き分けでいい試合は、確実に、

引き分け以上の試合運びを、するためでは!?

キリンカップの名前の由来は、

キリンはスポンサーだったからつけたのだと思います!

キリンチャレンジカップが始まったときは、まだまだ日本が、

世界では、弱かった時なので、今出来レースと感じるのは、

日本が強くなったからだと思います!

日本代表を強化のための試合です!

試合をするのが、海外ではリーグ戦などが行われているので、なかなか強豪国を招くことができないのです!

今では、海外組みがこれないので、国内組みの強化と、国内組みの選手のチャンスの場になっていると思います!

「日本代表と同等もしくはそれ以下のレベルのチームしか見たことないのですが」

と書いていましたが、気持ちはわかります!

ワールドッカップは、それらのチームとのまず予選から始まるので、自分たちより格下のチームに確実に勝つのが大事だと思います!

日本も予選では、格下のチームに苦戦しましたから・・・

4年後に期待!


5 ● gentle-smile
●40ポイント ベストアンサー

キリンカップとは、日本サッカー協会のスポンサー、キリンによる大会です。国内における代表戦の多くはキリンのスポンサー名がついており、特にカップ戦は契約により毎年行われることとなっています。そのため今年のように、強化につながるかが懐疑的な場合も出てきてしまいます。

このキリンカップが始まった当初の目的は、日本が世界のサッカーを体感することでした。初期は、欧州や南米の有力クラブが参加。それがいつの間にか今のような代表チーム同士の形式となりました。

以前は強豪と呼ばれるような国やクラブチームが来日していました。しかし現在のような2流、3流レベルの国が参加するようになってしまったのには次のような理由が挙げられると思います。

?FIFAの規定により、代表選手の試合数が制限されてしまった。それにより、レギュラー級の選手を簡単に親善試合に出すわけにはいかなくなった。

?強豪国やクラブは運営費に困ることがなくなり、ジャパンマネー目当てで厳しい日程の中来日するメリットがほとんどなくなった。

?日本サッカー協会の規定により、海外クラブチームが日本で試合をする場合、対戦相手は日本のクラブチームでなければならなくなり、代表との試合はできなくなった。

というわけで、呼べる国の選択肢は限られてしまったし、さらにはレベルも落ちてしまったのです。出来レースをしているというよりは、そうなる相手しか呼べないのが実情だと思います。

それでもスポンサーのため、行う義務はあるのです。

◎質問者からの返答

なるほど、キリンと協会のみならずFIFAの規定のせいでもあるんですか。知りませんでした。さまざまな環境要因で当初の理念どおりにはいかなくなってきたと・・・

他のみなさんも回答ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ