人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

将来実現するかもしれない「自動車の自動運転」についての
現在想定できる
メリットとデメリットについて、
できるだけ具体的に議論してください。

議論については実現可能性、たとえば
ITSの技術限界、あるいは社会的問題によって
自動といっても「運転補助システム止まり」か、
はたまた「無人運転推奨社会」まで突き進むか、という
あたりも、前提に幅があってOKです。

SFなどに詳しい方の回答も歓迎です。
自動運転がどのように近未来社会で想像されてるか、出典を挙げて頂くなど。

●質問者: yurio
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:システム デメリット メリット 想像 技術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 40/40件

▽最新の回答へ

[1]お酒飲んで運転してもいいかな? bevitore

やっぱり、自動運転システムって、「完全無人運転システム」が良いよね。

お酒を飲んでも無事故で家に帰って来れるとか。仕事が徹夜で寝不足で、又は、朝が早くてまだ寝足りないとかで、寝てても職場に到着してるとか。

でも、100%無事故で居られるかが問題だよね。事故った時の責任の所在とか、それよりも何よりも、道交法の改正が議論になるかな?

技術的には、どうなんだろう、僕はその辺の事は分からないけど、GPSがチョッと前よりも格段に進歩した事を考えると、ありえるかもしれないよね。

やはり、問題は法律上に絞られるんじゃないかな?


[2]>1 高速道路から jijisui

自動運転の技術自体は、既に各自動車会社が研究をすすめていて、同様の技術で道路のセンターをちゃんと走るようにサポートするなんてのを既に搭載している車もあったと思いますがどの車かは失念。

ということで、自動車側の技術には問題ないとして、すべての一般道路にまで自動運転を広げるには、信号との通信やカーナビとの連携、飛び出しや事故の場合を想定した安全対策と、かなり難しい問題を含んでいると思いますから、まずは高速道から解禁になるんじゃないかなあーと思います。

ETC同様、自動運転専用道路の設置から、全区間自動運転専用道なんてのになって、無駄な渋滞を軽減できるなんていうのも夢ではないと思います。もしもの事故のときもシステム全体で車を止めて、玉突き事故を防止・・・なんてね。そんなシステムにたどり着くまでに、いくつかの大惨事があるだろうけど、全体としては自動運転のほうが、人間の判断ミスという原因がなくなる分、交通事故件数は激減すると思うな。


[3]デメリット:ヒューマンエラー castle

どんなシステムでも人間が扱うものですから、人間のミスで自動操縦のシステム全体に混乱が起こる可能性は十分予測されます。

もしかしたら何十万台の人を巻き込む大惨事にもつながりかねないので、ヒューマンエラーが大惨事に結びつかないようなシステム構築が前提になってくるように思います。


[4]>3 確かに。。 sakura19749

すべて人間の考えるものですから、今回のエレベーターでの大事故のようなこともいくらでも起きる可能性はありますよね。


[5]採算があわない線路は道路に apple-eater

イギリスの話:

http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/5034912.stm

廃線になった線路に、廃タイヤ再生ゴムの道路を作るという。

このように、クルマの進化より道路の進化という方向になるだろう。

記事の写真のように路面電車とクルマが同等に走る世界。

電子標識、電子信号も可能になるだろう。

速度超過、信号無視が出来ないクルマの誕生である。

自動走行よりこちらのほうが必要。

あまりにも、速度超過が横行しすぎ。

国道=自動車専用道路=高速道路

という危険な認識が常識化している。


[6]>1 飲んでも乗れる? r2d2r2d2r2d2

便利ですね


[7]犯罪に使用されそう r2d2r2d2r2d2

誘拐じゃないけど勝手に遠くに送られちゃうとか・・・


[8]大阪ニュートラム事故 fuk00346jp

[9]オートとマニュアルの混在が危険かと YANO_Yota

完全に自動化された車だけの交通というのは、いわば線路のないミニ電車の集合体なわけで一度安全レベルまで管理システムを構築してしまえば運用できると思います。

しかし、ここに人間手動の車両が混在すると問題が一気に難しくなる。

例えば”自然渋滞”は、うっかり車間距離を詰めすぎてしまった車が急な減速をし後続車がこれにならい、連鎖し気がつけば数キロにわたる渋滞になってしい発生するのではないかという研究がある。

こういった齟齬が自動化システムに入り込むと、全体として大きなエラーにつながり易い。


だが、だからといって手動を安易に捨てる機にならない利用者は少なくないだろう。

「オートを切ることにはパイロットの実在がかかっいる。」

これはSF、クレギオン・シリーズ(著:野尻抱介)の宇宙機に関するセリフの引用ですが、そういうメンタリティが働くのではないかと。

運送業や旅客業。トラックやタクシー・バスに従事する人間からの猛烈な反発も予測される訳で、その壁が超えられるまではサポートシステムの域を大きくは越えないのではないのではないかと考えます。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4150307423/250-4349822-643140...


[10]誰でも乗れる便利さと、誰でも乗れる危険 key030405

視力が著しく乏しい人でも利用できれば、車を使って一人でどこにでもでかけられるようになる。

同じように、体の一部が運転に適さない何かを持っていた人でも利用できるので、外向的になる。

普段普通に運転できる人も、出先で体調が悪くなり運転が困難でも、車を置いてきたり、電車や徒歩などの体力を消耗しなくても車ごと帰宅できる。

自動制御されれば交通事故は減る。


反面、子供のいたずら事故が起きる。

家出するのに車を使って遠出したり、先生がムカつくからと車でひこうとする。

犯罪も増える。

(例えば自動運転にしながら、後ろの車にものを投げつける愉快犯は絶対でてくるはず。拉致事件も恐らく増える)


[11]>4 航空機の管制システムに近いカタチがベターな対策か YANO_Yota

ヒューマンエラーへの対処システムで達成度が高いのが航空宇宙系ではないかと思うのですが。

それを車両に実装すると管制エリアの棲み分けですかね。下記のような感じで


都市部、大通り、高速はオート

山道、住宅地内路地はマニュアル


[12]>7 生物戦略的な擬態ですねw hahaiha

安全な無人タクシーを装って、

あるいはタクシーをハッキングして

人気のないところに連れ去られちゃうとか、ありえそうですね。

釣りというか、チョウチンアンコウみたいだw

見た目全自動だと、そこら辺区別つかないし…

乗っている人がどうやって助けを呼ぶのか、というのも手段少なそうだし。

ケータイ電波をジャミングとか、楽勝でされそう。

ただ、どこで乗ったかの記録を乗る前に送信すれば

予防になりそうかな。


[13]>10 轢けないと思いますが hahaiha

>先生がムカつくからと車でひこうとする。

自動運転のイメージにもよりますが、そういう操作はできないのでは。

「前にすすめ!」とか「轢殺せよ!」とか

鉄人28号みたいな感じじゃないとコレは無理でしょうw

基本的には無人運転ってのは

ケータイのGPSや、ブックマークで

行き先だけ指定するやりかたでは?


[14]>6 割と遅いであろう自動運転 hahaiha

自動運転とか無人運転は

もちろん「運転しない」のだから飲酒乗車OKでしょう。

自動運転は「運転できない弱者」をモータリゼーションの恩恵の傘下に入れる目的もあるから、乗れないと意味がない。

(といっても公衆性が高い無人タクシーなら、酒臭いにおいがつくのは問題だと思うけど)

といっても、法律や世間の合意がやっぱり一番問題でしょうけどね。

安全面でいったら、相当走行速度が落ちる車社会になりそうですが

乗ってる人は運転しないのだから

寝てもよし、仕事してもよし、読書してもよし、TV見てもよし、で

遅くても全然気にならないのではと思います。


[15]ケータイとの連携こそ、本領 hahaiha

呼び出し、行き先指定、拾う場所指定、予約、料金検索、混雑状況検索、

など全部ケータイでまかなえそうです。

将来の無人運転(というか無人タクシー)社会は

ケータイでの操作が大前提になるでしょうね。

ケータイに無人タクシーボタンが付いていて、

行き先のブックマークで一発指定でしょうね。

うーん。カッコイイ。


[16]>8 だんだん増えていくのか、やっぱりダメなのか hahaiha

ゆりかもめはまだ無人のようですね。

「ATO」をwikiを調べると

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%88%97%E8%BB%8...

有人・無人で一覧が載っていますね。

うーん、徐々に増えていくんでしょうか。


[17]>11 徐々にエリア拡大?w hahaiha

自動車の密集度が高い都市部や高速道路は

電波が楽に届きそうなのでオート可能になるでしょうね。

しかしATとMTが混在だと

自動運転はOKでも無人運転まではなかなか難しいことになりますね。

利便性を考えると、徐々にエリアを拡大していくのではないでしょうか。ケータイみたくw

安全性の技術面の限界をとりあえずおいとけば、

市街地にある生活道路くらいはオート対象になりそうですが。

というか、逆に自動車自体が

生活道路にはいってはイケナイ時代になるかもしれませんね。

そこかしこにバス停があるようなもので、

そこまでは歩いていけばいいのですから。

まあ、マイカーがもちにくいってことにもなりますが。


[18]>14 目が見えない人とかでも・・・ r2d2r2d2r2d2

体が不自由でもいけますね


[19]駐車場が要らない/車の個人所有に税金? hahaiha

ITSの自動運転のフェイズは

運転補助→自動運転→無人運転

という感じで間違いないと思いますが

無人運転社会が行き着くところまでいくと

「駐車場が要らない社会」が見えてきます。

車は人をおろしたら、ずっとそこで待っている必要はないからです。

無人運転タクシーが

まるで血液のように街を常に循環しているイメージでしょうか。

(メンテは郊外でまとめて行います)

一方でこういう「恒常循環交通」社会って

マイカーという概念とは完全に相対するような気がします。

社会主義と資本主義の対決みたいになっちゃうかもしれませんね。

いくら便利でも、日本や米国では受け入れられないかもなあ。


[20]鍵は必要なくなって声紋や指紋などの認証でドアがあく tehi

もう似たようなものはあるのかな?


[21]>20 ごめんなさい tehi

自動車の自動運転についてでしたね。

ぼくは、「運転補助システム止まり」だと思います。人間は機械と違って融通がきくけど、機械じゃ無理だと思う。まあ、できたとしても僕は自分で運転したい。


[22]>20 でも少しは関係ありそう hahaiha

無人タクシーが一般的になれば

呼び出した人の指紋やケータイで認証してカギがあく、なんて事になりそうです。

>自分で運転したい

当然ありうる意見だと思いますが

もうちょっと掘り下げて下さい。

例えば「攻殻機動隊」ではフチコマってAIビークルがもうあるのに

登場人物は自分でステアリング握ってたりします。

たとえそれが感情的な理由だとしても、

大多数を占めれば当然の意見となります。

問題はなぜ大多数を占めるのか、なので。

自由に運転したい、というだけだと

「自動運転より事故の確率が多いから」ってなことになれば

公益の観点から、都市部では手動禁止は大いにありうると思いますし。


[23]>17 責任所在の定義が問題になりそう castle

山奥だと電波が届かないみたいにオート不可とか(笑)

オートとマニュアルの使い分けはしっくりきました。

自動操縦時はシステム運営者の責任、手動運転時は運転手の責任、と。

そうするとシステムの切り替え時にどういったルールをつけるかという議論になりそうですね。

たとえばお年寄りのオートが義務化されたりなど。


[24]>23 縦列走行 先頭だけ手動 hahaiha

自動運転のメリットに、

車間を極端に詰めて走ることも可能

ってのが挙げられると思うのです。

反射神経でブレーキングする人間と違って

機械的・電子的に前後の車と連携できるでしょうから。

そうすると高速道路などでは

列車状で空気抵抗を低減して走行できるかもしれないのです。

燃費メチャいいです。

ただ、5両以上の列の先頭車両は有人ではなくてはならない、

てなルールになったりするかもしれませんね。

(あるいは逆?)


[25]>2 道路側、駐車場にも sibazyun

自動運転は、車側だけでなく、道路側にしかけがいります。その意味では高速道路が候補なのですが、もう一つは駐車場があるかと思います。駐車場に一歩足(でない、前輪)を踏み入れたら、あとは人を目的地(スーパーなら玄関前)でおろして、かってにどこかに行って、帰りにはそこまで迎えにきて、駐車場を出るまで。


[26]>9 同感 retorin

いくら自動化してもイレギュラーに対応するためにはマニュアル操作は残さなければならないが、オートになれきってしまうと逆にマニュアル時に危険になる可能性が


[27]運転補助どまり retorin

機械やコンピュータは作業が正確な分融通がきかない、そこが問題で、自動で道路を走らせるだけなら今の技術でも可能だが、もし人が飛び出しても人間とはきずかずそのまま轢き逃げしてしまうかもしれないし、生き物を轢くなと命令すれば虫が道路からいなくなるまで止まってしまうことになる(極端な例ですが)。

AIが開発されるまでは自走は無理かと


[28]>26 イレギュラーの発生頻度が問題に hahaiha

実現化にあたっては、

イレギュラーの発生頻度が問題になりますね。

混在をどれくらい排除できるか、にもかかっているというか。

しかし実際、二輪や自転車や歩行者が混在している

現在の道路では、イレギュラーこそが常態なのかもしれませんが、

でもここら辺は具体的な数字が出ていないので

あまり議論にならない気がします。


[29]>17 自動車共有社会にシフト?! YANO_Yota

例えば、将来の社会像が資本主義中心から別の形態へシフトしていく可能性も含めて議論を広めてみます。

>まあ、マイカーがもちにくいってことにもなりますが。

交通手段そのものを、社会が保証してくれるという世界というのも理想的かもしれません。いわば”パーフェクト・カー・シェアリング”です。

駅にあたる”スポットエリア”に常時数台の車が置いてあって身分照明カードを持つものなら子供から老人まで誰でも乗れます。

目的地で乗り捨てると使った車は近くの駅へオートで運ばれ、数の偏りは中央制御が調整して車の不足を埋めます。利用者が集中して駅の車が出払ってしまっても数分まてば車の方がやってきてくれます…みたいな。


[30]>12 重力衰えるとき YANO_Yota

似たようなシーンがSFでありました。

たしかエッフェンジャーの「重力衰えるとき」のシリーズのいずれかだったと思います。

防止の為に緊急停止ボタンが取り付けてあり、運転制御と別系統にしておけばハッキングの心配もないわけです。

ただし当該作品では、はなから停止ボタンをぶち壊された車を掴まされた車に乗り込んだためさらわれてしまうのですが。


[31]>29 まさにそれです ビークルユビキタス社会 hahaiha

これ、これなんです。

こういう社会の実現性について語ってくれる方を

個人的には待っていますw

無人運転の理想系、なづけて「乗り物不偏在社会」。

ただ、恐らくこの制度を取ったとしても

自治体や第三セクターとかじゃなくて、

それなりに民間がやる形になるかと思います。

でもケータイ電話みたいに

全国展開の三社+その他地方社、

てな感じになるでしょうけど。

あとケータイや機械操作だけじゃなくて

TV電話みたいなのでオペレータが行き先を聞いてくれたりするシステムになりそうですね。

今でもカーナビとか、オペレータと繋がったりするサービスありますし。


[32]>24 先頭走者になってポイントGet! YANO_Yota

縦列走行の考え方めちゃめちゃ面白いです。スリップストリームかぁなるほど。

先頭車両、有人ってのもいいですね。

人間が責任をとるってあり方は、もしかしたら何でもかんでもオート化してしまうより社会のあり方としても健全なのやもしれません(とはいえ私は完全オート推奨論者なのですが)

このシステム。先頭運転手がいわば臨時のバス・タクシー運転手になるわけで責任が伴います。未来の車社会がよりウェッブと連動してると仮定してアフェリアートみたいに先頭運転手にたいして小額金銭ポイントが入るシステムになるかも。走行距離と台数にたいしてチャリンチャリ?ンと。


[33]>28 松本零次型 チューブ道路 YANO_Yota

確かに数値なしじゃ定量的な論議になりませんね。

問題を簡略化する一番楽な策はみなさん思いつかれると思いますが”銀河鉄道999”とかの未来都市によくでてくるチューブ型ハイウェー道路でイレギュラーをなくすといったところでしょうか。

個人的にはあれは道路じゃなくて線路だろ?!といったイメージがあるのであまり好きではないのですが、現代の自動車に対する先入観を捨てて考えるべきなのかもしれません。

別ツリーの”ユキピタス・ビークル社会”論と併せて考えると車両・列車・航空機・船舶をまとめた移動システム全体が”ウェブ”と連携して、シームレスな移動システムを提供。こうなると陸海空の区別なく行き来する地球エレベーター。マニュアル自動車の生息地はレース場だけか

まだまだ先のことかなとも思うのだが、下記のような乗り物を民間企業が飛ばす時代がすでにきてるので、21世紀の進歩はあなどれない。意外に実現ははやいかも。

http://www.youtube.com/watch?v=G68_dmC4BYI&search=space%20sh...

#まぁテーマは車の自動運転技術なのですから、ちょっと先を見すですね。すいません。


[34]システム、プログラムに詳しい人ならいくらでも犯罪ができる気が・・・ Edu

本人自身なぜ事故になったか、わからないといったこともおこりうる。

いじくったり、破損させたりをどこをどうすればどうなるかを把握している人がやれば容易に人が殺せそう。


[35]人間とは絶えず意識が流れ、思いつくもの takokuro

あ。。コンビニでジュース欲しい、、子供がトイレ行きたい、、と急に思い立つことも、、

プログラムが間に合うか、又、個々のこうした変化変更に対し、瞬時に調節可能かどうか?又、有意義か?無駄やトラブルは発生しないか??

自分の希望をプログラム選択する時点で、あやふやだったり、、(人はよく、そこの近くまで行ってからでないと、その後が分らないこと、、ってありますでしょ?)、、そういう不確実性が大半で生命活動してるのではないでしょうか?

人の意識を予め全て予測することは決して出来ない、又は、、その選択の根拠を100%予測することは不可能である。(品川よし哉氏:運命決定論者の見落としを指摘されてます『脳と意識』)


[36]>33 つまり、クルマをロボット化という概念 hahaiha

混在が自動化の一番の問題だというのは

おそらく間違いないでしょう。

じゃあ道路を自動車用、バイク用、自転車用、歩行者用と

分けてしまえばいい

ってワケにもいきません。

ロボット技術の目的は

「家屋などをロボット用に特化せず、人間の生活している空間で問題なく移動・作業が出来ること」

てところにあるはずなので

これは自動運転にも言えるはずです。

(というか、道路族に古い仕事をまた与えてどうするかという感)

まあ、自動運転化自体が

「クルマを如何にロボット化するか」という風に言い換えることが出来るので

今の「ロボットの認識研究」に限界が見えたら、

自動運転も当然頭打ちということになるかもしれません。


[37]>31 モービルがトレイン化していくシステム castle

日本語でいえば、自動車が電車化していくようなイメージがありますね。

電車は設置コストの回収で大都市圏に限られてしまいますが、自動車という形でしたら普及に伴い自動車購入という形で経営計画が成り立つ可能性が高いので、システム論と同時に経営論としても話が広がりそうに感じました。


[38]>36 電車・オートマ・マニュアルの基礎的整備 castle

これまでの話を眺めてみると、自動車のオートマティック化はその自動車単体ではなく、道路システムと一体になって埋め込まれていくと予想されます。

この前提から、車の自動化は都市整備論に発展する問題を孕んでいると考えます。

例えるなら、ヨーロッパやアメリカでは車道と歩道がきちんと区別されているのに対して、日本やアジアの道路は区分けが曖昧で道路として比較すると不便が大きいといった話がありますが、これと同様の問題を持っているのではないだろうかと。

もしも車の自動化が実現する技術があったとしても、実現できる技術を年にどのように埋め込むのが一番よいかといった都市論的な視座がまず基礎として重要になってくるのではないでしょうか。

とりあえず住み分けとしては、飛行機は除くとして、鉄道線路/自動車(自動道路)/自動車(手動道路)/歩道・自転車道、の整備に焦点が当てられるのではないかと。


[39]>22 そう言われてしまえば tehi

自分で運転したいという理由だけでは、不十分かもしれませんね。たとえば完全に自動運転になったとして、もし人をはねてしまったら誰が責任をとることになるんですかね。最近のエレベーターの事件もそうかもしれませんがいくら機械といっても事故が絶対におこらないということはないでしょうから。

見当違いのことをいってたらごめんなさい。まあ、完全に自動運転化されたら自動車学校は潰れちゃうんでしょうね。


[40]>39 学校よりタクシーとかトラックの運ちゃんが hahaiha

自動といっても

運転補助?強力な補助?運転席に人は必要だが自動?無人可能

までさまざまな段階が想定できます。

運転席に人は座ってなさい、という自動の段階なら

学校はまだ潰れないと思います。

ただ、職業で大きく変わる可能性があるのが

まずトラックとバスでしょう。

人が座っていて、非常用ブレーキを押せばいいだけなら

かならずしも「大型免許」なんか要らないわけですから、

バイトでOKです。

無人運転になったらタクシーは運転手要りません。

遠隔通信で乗客の世話をするオペレーターは増えるでしょうけども。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ