人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

所謂、理系の方にお尋ねしますが、理数系の一般常識って何が必要だと思われますか?数学の微積分とか、各科目の何?という具合に列挙して下さい。
また、これ以上は専門性が高すぎると思われるモノも併せて挙げて貰えると幸いです。
cf.http://kiwi-us.com/~knp3/judge/cs.shtml

●質問者: adramine
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:cf. 専門性 常識 微積 数学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 29/29件

▽最新の回答へ

[1]数学の微積分/対数かなぁ... gong1971

数学の人に化学や生物はあまり関係ないけど、

化学や生物の人に数学は必須ですね。

数学を必要としない理数系は無い気がします。


特に集計にあたって、微積分や対数はよく使うんじゃないかなぁ。

自分は化学専攻でしたが、対数グラフの意義は最後までピンと

来なかったなぁ...。(^^;


[2]高校1年生レベルの数学 ysskondo

写像と関数

論理と集合

この二つは、理科系でなくても文系でも必須でしょう。

逆に、微分積分など解析学は、工科系では必須かもしれませんが、他の分野では、あまり露骨に出番は無いです。


[3]直感 l-lol-l

足したら全部で360度になりそう。とか

このグラフはこの辺で落ちはじめそうとか

そんな金額になるはずがない。とか


[4]英語 heilig_zwei

僕は化学系ですが数学はできなくても困りませんね。

ほとんどコンピュータとか関数電卓がやってくれるので。

「これができなきゃ理系じゃない」という意味での

一般常識であれば、やはり英語だと思います。

英語の論文が読めなければ研究などできませんから。


[5]理系といっても m-nisi

理系と一口に言っても幅が広いです。

また、高校生なのか大学生なのか専門職の人なのか。などなど。

数学系の人なら微分方程式がすらすら解けるレベルでしょう。

物理系の人なら力学が完璧。

プログラマな人ならK&Rに書かれている程度のCの理解。

というように一意に決まるものではないと思います。


[6]文系大学1年生の授業のレベル? hisamura75

これを身につけてないと、理系研究職もエンジニアもプログラマもお医者さんも看護婦さんも薬剤師さんも困る、というような共通のものとなるとずいぶん浅くなってしまう、と思います。

ご指摘の一般常識診断のように「もの知り」度を問う問題を作るという仮定でいいますと、高校の授業内容?大学文系の一般教養の授業内容に加えて、時代のトレンドに対する理解がほぼそれに該当するかと思います。

ちょっと偏っているかもしれませんが、一例です。

・数学:オイラーの公式に則った複素数の扱いができる、簡単な微分方程式の解法、カオス・フラクタルの一応の理解

・物理:エネルギー・運動量保存則、エントロピー増大則、化学反応と核反応の違いを説明できる、ニュートリノ観測に巨大な水水槽を使う理由。

・化学:(不勉強につきよく分かりません)

・生物:DNA・遺伝子・ゲノムの意味の違いを説明できる、人間の臓器に関する理解(心臓の絵がかけるレベル)、エネルギー代謝の簡単な理解(インシュリンとは何か?レベル)

・天文:太陽系の構造に関する理解(火星の大気の主成分・気圧・温度・重力などがおおよそ分かるレベル)、太陽の燃焼原理に関する簡単な理解。

・地学:日本の天気がなぜ西→東と変わっていくのか説明できる、オーロラについて説明できる、カンブリア紀から第四紀までの地層年代を順番に並べ替えられる。

・情報:フリップフロップ回路の漠然とした理解、プログラムとはなにかの具体的な理解、ストアード・プログラム方式の理解、公開鍵暗号に関する簡単な理解


[7]世の中を生きていく上での常識という観点で kfc00326

理系ならこのくらいわかっていて他人に説明できないと恥ずかしいぞ、と私が思うものを書いてみました。

数学:

・演繹と帰納(証明するってどういうこと)

・命題・逆・裏・対偶(おかしな主張を見抜け!)

・統計学(正規分布が理解できるレベルかな)

生物:

・進化の原理(獲得形質は遺伝しないことなど)

・遺伝(メンデルの法則レベルで十分かな)

・突然変異の原理

物理:

・エネルギー保存の法則

・作用反作用(なぜシートベルトやヘッドレストが必要かとかね)

化学:

・簡単な反応式(なぜ洗剤を混ぜると危ないかくらいはわかって)

・イオン化傾向(電池の原理はわかっていていいよね)

・ボイル・シャルルの法則(結構実生活で役立つのでは)

地学:

・プレートテクトニクス(日本人なら地震の原理くらいはわかっていて)

・地球温暖化の原理(あなたは何で貢献できますか?)

以上、思いつくままに挙げてみました。


[8]経済と社交性 oyoyo456

理数系はみな技術や知識にかたより、何のためにがんばっているのか、方法が目的化してしまう人が多くいます。また、こういった人たちは努力が報われない傾向があります。

経済に目をむけ、理数系の知識が社会のどこに還元されるか常に意識しましょう。

そのために、コミュニケーション能力を高め、多種多様な人と交わり隠れたニーズを探りましょう。


[9]志が低いのかもしれませんが palsy

高校3年生までの、いわゆる理系科目と呼ばれる分野をマスターしておくだけで

一通りの世間話はこなせそうな気もします。

化学や物理の教科書は、今読んでもけっこう感心してしまうくらい詳しいです。


[10]国語力 xxwotoyaxx

理系科目は当たり前として、国語力がないと、論文書いたり・読んだり、説明するにしても大半の人は日本語使うわけだし、国語力はあったほうがいいと思います。

外国語学ぶにしても、自国語があやふやなんじゃあ、あまり功をなさないかと。


[11]>2 同感 Kumappus

数学についてはそんなもんでしょう。

ε-δで脱落しても理系です(笑)。


[12]一般的な理科の知識 Kumappus

これは実は理系でも持ってない人が多くなってきたような気がするので理想かな。

例えば重い玉と軽い玉を同時に落とすと(空気抵抗を考えないと)同時に落ちるとか、電線に高い電圧をかけると熱がすごく出るとか(オームの法則)、水をストローで吸い上げても大気中では10mぐらいまでしかあがらないとか、そういうのを丸暗記ではなくてなんとなくでいいので実感として持つというのが理系のコモンセンスであったはず。

理系離れということが言われているけど、それ以前にこういう常識の共有が小学校/中学校ではしょられているような気がしますねえ…。教えている先生がすでに理解していないんだからもう手遅れだろうけどね。


[13]微積ができなければ rr003013

数学は物理を解くための学問です。

物理には微分積分が根底にあります。

微分積分ができなければ上のレベルに進んでも通用しません。


[14]化学で周期表の主要部 kajint

具体的に言うと、1列目と2列目、アルカリとハロゲンの縦の列。

昔、センター試験が共通一次と呼ばれていたころ、周期表の穴埋め問題で塩素が出題されました。

これに対し、周期表を覚えていないと解けない問題はよくないという非難が起きましたが、

化学を選択する受験生で、フッ素と臭素の間にあるのが塩素だということを知らない

人間がいるのか、とのけぞりました。(ランタノイドやアクチノイドの穴埋めならともかく)

全元素を丸暗記しているような人も逆に理系としては失格だと思いますが。


[15]分析力と抽象化された概念の理解力と応用です p243

理けいといっても専門分野によって必要な物が違いますので微分が必要なひともいれば必要ない人もいます。

抽象化された概念の理解力はある程度必要と思います。ただ研究のだい一線で仕事をしている人は抽象化した概念の創造力が必要かもしれません。


[16]数学の統計は、理系の常識に含まれますか? adramine

どの分野でも実験が有る学問には必須の統計ですが、

これは「理系」の知識か、世間一般の常識となるべきか、

どちらだと思いますか?


[17]>16 具体的には? hisamura75

立場によって要求されるものは違うでしょうが、

「世間一般の常識」であるものもあるかと思います。


「トリビアの泉」の「?の種」のコーナーで、

ベスト10を決定するのに、4000件とかの調査が要る、

というような前フリがあるわけですが、

その数字がなんとなく納得できて、

それでも9位と10位との差は危ういものだなぁ、

という感触が持てる、というあたりが最低ラインかと思います。


「危ういものだなぁ」と思える、ということは、

全数調査でない限り100%はないのだ、ということですよね。

知識というよりは、もっと漠然としたものかもしれません。


ところで、統計に対して、理系・文系で区別するのはすこし乱暴かと思います。


そこいらの実験屋よりも経済学や社会学の人たちの方が、

よほど統計処理には詳しいはずです。

また例えば臨床医に要求される知識レベルは

さほど高くはないとおもいます。


[18]今や理系といえど cobouzcraft

論理的思考を言葉にまとめる(プレゼンできる)能力が必要。あえて科目で行けば、微分積分と物理じゃないかなと個人的には思います。化学とか即戦力にききそうな科目が優先されるけど、根本的な考え方は先の2つがしっかりしてないと苦しいと思う。


[19]理数系といっても広すぎる。 YSL

理数系といっても広すぎるとおもいます。

やはり、理数系と一言でいっての一般常識といたしましては高校3年までの知識であると思います。

しかし、今は大学でて当たり前という世の中ですから、大学レベルといってもよいきがします。

学問からの視点で見るとこうなると思います。

それプラスアルファーですね。

たとえば、仕事上、統計学が必要になるのならそれができなければなりませんし、ラプラス変換など高校で出てこないものを使わなくてはならないのなら一般常識として扱わなければならないと思います。

一般常識といっても不安定なものです。


[20]>2 解析学は理学部でも kajint

物理系では必須でしょう。素粒子、地球物理、物性物理。

化学では合成屋にはほとんど必要ありません。

医学生物系は、この人ほんとに理系?って人が多いですが。


[21]統計学の誤差論 ymlab

何をもって誤差と判断するのか、などの検定ではないでしょうか。

例えば、解析をしてヒストグラムを表示させました。

あるところにピークがあるかといって、それが本当にピークかどうかを、客観的に証明しようと思ったら、χ2で、正規分布で検定してχ2/ndfがほぼ1に近くないと、信用されません。

そういうような、本当に基本的なデータの読み取り方というのは、理系ならばすべての分野で必須になってくるのでしょうか。

逆に文系の方もよくグラフに出していますが、検定もしておらず、エラーバーもなく、

「君の努力は認めよう。でもデータは信用しない」

というのが多いです。


[22]>20 理解不足 ysskondo

>医学生物系は、この人ほんとに理系?って人が多いですが。

こんな事は無い。

質量・長さ・数・時間を数値化して論じれば、自然科学でなくても立派な科学。


[23]>22 臨床医学系の学会を見に行ったことがありますか? kajint

・最近、はやりの音読や単純計算をすると頭がよくなるとか

言ってる人たち

・現代男性の精子が少なくなったのはビスフェノールとか

ダイオキシンのせいだとか言ってる人たち

数値を使って論じていても、仮説を立て、実験で検証する

ということの本当の意味を知っているとは思えない人が

たくさんいます。全部が全部とは言いません。

それから、数値化して論じてなくても、人文科学や

社会科学も立派な科学です。理系かどうかは別として。


[24]急がば回れ artane

理系というか工学系でここまでずっときましたが、何かを依頼されて設計開発するというときにいちばん必要なのは、依頼主の要望を汲み取るということだし、自分で研究開発している場合はモチベーションを何処に置くかということになるかと思います。

そうなるとコミュニケーション能力がもっとも重要なのか。と言う結論に行きそうですが、それは優先順位低いのではないかな。と思います。

理工系であっても文型であっても、結局、ある事象に対して多角的な視点から見つめて・思考して・解析して・実体化するという作業の基本自体はまったく変わらないと思います。

理学系は数学のスキルの重みが強くなると思いますが、そうではあるけれども、結局理工系でいちばん必要なスキルは論理学や哲学などと言った形而上的な部分と慣れていない外国語(とは限らない、他の社会の「言語」)でも文脈を読み取る力なのかな。と最近は思っています。

まぁ、一つにしぼるのは極論なので実務的な事か言い直しますが、普通、理系では軽視されがちな文系の分野や専門外の分野の知識の蓄積によって沢山引出しを作ることの方が重要ではないかな。と思います。

数式や設計図などと言うのは詰まったらアンチョコみれば突破できますが、それらをを組み立てるために何をすべきか。要素として何が必要か。って事にはアンチョコも教科書もありませんし、誰かが教えてくれるというよりは自分が取り込んで行くしかないものですので。


[25]>10 カールセーガンに学ぶ 科学思考 YANO_Yota

見落とされがちですけど、確かに国語って大事ですよね。

まして自然科学やるなら論理思考の礎になるのってやっぱ言語能力だと思います。

下記をお勧めします。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4102294031/250-8412500-084022...


[26]技術士の1次の科目だと思う。 dog3

技術士1次試験の科目が適切だと思います。ただ、“技術”に偏っており、科学面が少ないですが・・・。

?基礎(設計・計画,情報・論理,解析,材料・化学・バイオ,技術関連)

?適性・・・技術者倫理

?共通(数学,物理,化学,生物,地学から2科目・・・学卒は免除)

?専門・・・これは専門による。

===

蛇足ですが、私は昔、先輩にこう言われました。

「理系なら次の3冊を持っていないと“もぐり”だ。」

?解析概論/高木貞治

?理化学辞典

?岩波 数学公式(全三巻)

最近は、生物関係も進歩しているので、これらに追加されるべきだと思います。(立花隆氏がどこかで述べていた)


[27]高校の数学、物理、化学、生物+言語能力 bonstar

理工系の大学を出て仕事をしてきたが、高校の理科系の学科(数学、物理、化学)で多くの場合問題を充分理解できた(生物系ではないので)。実際の課題は大学で学ぶことを超えているいる、というか、ぴったりとは当てはまらないことが多い。たまたま、ぴったりという人もいるだろうが、その割合はあまり高くないのではないか。大学で学んだのは内容よりも結果的には方法論だった、解決の道筋の例題として。

課題を解決に導くには論理が欠かせないが、そのための道具が日本語。論理を自在に展開するためには、日本語の特性をよく理解することが必要だ。そのためには、英語を学ぶのがよいだろう。英語自身も、外国人との意思疎通にも役立つのだから。


[28]>23 数値化も流行 falcosapiens

人文科学や社会科学でも定量化が進んできていますね。

いまや経済学はまるっきり数学ですし,

法学でも「法と経済学」(法の経済分析)は

トップクラスのロースクールでは必須科目(アメリカの話ですが)。

文学の世界でも,コンピュータ技術の進歩のおかげで

数値化した分析が可能になってきました。

こういった流れをみていると,

人文科学や社会科学もいつか自然科学に解消されてしまうのではないかとさえ思えてきます。


[29]>25 論理的思考力 falcosapiens

結局は国語力を前提とした論理的思考力でしょう。

理系論文でも,相関と因果の区別ができていないものが多数見られます。

論理的思考力の欠落著しい。

国語が苦手だから理系という選択をした友人もいますが,

今にして思えば,あまり適切とはいい難い。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ