人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

現在も生活の中でよく見かけるモノで、江戸時代以前から存在していた、というモノを教えて下さい。

例えば、着物など。どんなモノでも構いません。

できれば、そのモノの内容について、

・大体いつぐらいからあるか
・どういった経緯で誕生したものなのか
・そのモノの特徴とは?

などを含むURLを付けてください。

●質問者: shoma22
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:存在 江戸時代 現在 着物 誕生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

1 ● DAISAN
●14ポイント

傘です。

http://www.hakata-kasaya.co.jp/torai.html

日本には、仏教伝来とともに傘蓋が伝わってきた記録が残っている。

欽明天皇13年(552)百済の聖明王の寄進によって、金の仏像、

仏教書などとともに蓋(きぬがさ)が伝えられ、以来、

布を張った長柄の傘がきぬがさの名で、貴族や僧侶などの上流階級の間に広まった。

古代では東西いずれにも共通して、

傘が貴い人を強い日差しから守ることが目的であったと同時に権威の象徴であったともといえる。


2 ● sanrai
●14ポイント

食品で思いつくのは味噌・醤油ですね。

Wikipediaより

味噌

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%B3%E5%99%8C

醤油

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%86%A4%E6%B2%B9


3 ● DAISAN
●14ポイント

椅子です。

http://www.murauchi.net/interior/chair.htm


4 ● akila
●14ポイント

http://www.hyozaemon.co.jp/chishiki/bunka.html

はどうでしょう?

当たり前すぎて盲点だと思うのですが。

・大体いつぐらいからあるか

中国では原始時代。日本では弥生時代と言われています。

・どういった経緯で誕生したものなのか

調理に火を使うようになったため、調理の道具、そして熱い食べ物を食べるための道具として、箸が使われ始めた。

・そのモノの特徴とは?

日本の箸は「つまむ、はさむ、押さえる、すくう、裂く、のせる、はがす、支える、包む(くるむ)、

切る、 運ぶ、混ぜる」といった12もの機能を一膳の箸で行なうため、箸先が細くなっています。


5 ● nakaki
●14ポイント

アイスクリーム

マルコ・ポーロが、紀元前から中国ではアイスクリームに似た菓子が作られていたと記しているが、一般的になったのは中世以降である。

1533年にイタリアのメディチ家のカトリーヌがフランスのオルレアン侯アンリ(後の

アンリ2世)と結婚したときに、フランスにこの菓子が導入された。

常温の水に多量の硝石を溶かすと吸熱反応が起こり、-20℃程度まで温度が下

がる。この原理を利用して冷やしていたと推測されている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%A...


1-5件表示/14件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ