人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://shimizuguchi-fp-office.blog.ocn.ne.jp/fp/
をご覧ください。
途中に
>説得力のある説明はまた後日記事にするつもりだけど、もし今の金融資産が貯金だけという家庭があるとすれば、それはものすごく非効率的なことをしている可能性があるので、すこし考え直してみる必要があると思う。

って書いてあるけど、どう非効率なんですか?

●質問者: jokinjokin
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:貯金 資産 金融
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 03
●23ポイント

たいていの銀行は0金利なので、運用の仕方によってはもっと利潤を得る事ができる。また、その上のほうで述べられているように、

銀行は破綻し兼ねないので、ただ貯金しているというのは元本保証が受けられたとしてもリスクがあるということでないでしょうか。

http://www.hatena.ne.jp/


2 ● sami624
●23ポイント

http://www5.cao.go.jp/keizai3/shihyo/2004/0614/538.html

金融機関が破綻する現在においては、預貯金においても回収不能リスクがあるため、可能性が低いにしてもリスクがある商品を、固定金利で低水準の資産で運用することは、リスク資産に投資をするよりも非効率の可能性が高い。

《例》

金融機関の破綻率→0.1%金利1%

リスク商品の破綻率→0.2%予想利回り5%

の場合、100万円を預けたら

預金の予想利回りは、9,900円で、

リスク商品の予想利回りは49,900円→元本は預金保険機構で保障と仮定する。

となり、明らかに予想利回りが低くなる。


3 ● retorin
●22ポイント

個人資産を運営する上で銀行預金の利率だけに頼っているようではまったく儲からない。という話ではないでしょうか?

それに現金や貯金はもろに景気や物価の影響を受けますから安心できません(日本は戦後、物価が50年で1000倍)。

ダミーhttp://q.hatena.ne.jp/1151331574


4 ● DANDB
●22ポイント

下記の内容です。

http://shimizuguchi-fp-office.blog.ocn.ne.jp/fp/

保障されるのは1人1000万円とその利息まで、決済用預金は無制限。

固定資産税、都市計画税、いずれも地方税

定期様々だけど普通は1%以下、10年債は1.9%、株式は利回りに相当する益回りが5?6%

時価総額1位はトヨタ自動車

もう一つのほうは、もう少しお待ちいただきたいんだけど。

簡単に言えば、株式での運用はハイリスクだけどハイリターン、預金はローリスク、ローリターン。

歴史をみれば、株式運用のほうが長期の運用成績がいいのは明らかということです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ