人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【リレー小説・東京大震災2】
itarumurayama様発案、lionfan様スポンサーの企画です。
詳細は→http://q.hatena.ne.jp/1150802752

「東京大震災」をテーマとして、小説を書いてください。
出だしはこちら→http://q.hatena.ne.jp/1150802752#a554239

(以下、itarumurayama様の文章を引用させていただきます)
★詳細は
http://d.hatena.ne.jp/itarumurayama/20060620
をご覧下さい
★質問は
http://d.hatena.ne.jp/itarumurayama/20060620
のコメント欄を活用下さい。
★400字?1,000字を目安にお願いします。
★優秀作に選ばれた方は、その続きの作品の応募作業をお願いします。

●質問者: disseminatemoon
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:MA様 いただきます コメント欄 スポンサー テーマ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● apple-eater
●60ポイント

クリーム色を背景に茶色のリングが重なりあっている。

ときおり見受けられるのは濃い茶色の点だ。

機械のようにテーブルの上を走るのは、私の手。

コーヒーのカップの染み、タバコの焦げ跡。

そういったものの織り成すアートをぼんやりと鑑賞しながら、

私は、アートを破壊していく。それが私の仕事。

もう、何年もこの幾何学紋様を破壊し続けてきた。

白色だったカンバスもムラのあるクリームだ。

作品のモチーフを探し求めた学生時代を思うと、すこしほろ苦い気分。

求めているものはそこにあったのだ。

押入れにしまいこんだスケッチブックを持ってこよう。

この紋様は、今まで見た中で一番だ。

茶色のヘイロー(halo)、天使の足跡。

窓の外は代わり映えのしない灰色のコンプレックス。

ガラス越しにちょうど見える構造物は不動産屋らしい。

無機質世界の構築者。

不動産屋の男が食事をとっている。

あいつはコーヒーをどうするだろう。

わたしは男がカップの蓋をとるさまを見ていた。

・・・

桂はうなだれながらテントを出た。

むっとする温気に死臭が混じる。もう慣れっこ。

書いてもらった男の似顔絵をじっと見る。

「あなた、どこにいるの?わたしはここ。」

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ