人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「…これについては、いまだに謎のままとなっている」というもので、その謎ができるだけ大きいもの・興味深いものを教えてください。詳しい理由・いきさつの不明な歴史上のできごと、社会的に注目を集めたのに関係者以外に説明がなされないまま蓋をされた事件、科学・学問上の未解明な問題・現象、なんでも結構ですが、wikipediaで記事になっている程度には知られているものでおねがいします。(従って、回答にはwikipedia上のURLを必須とします。)

●質問者: UltraKitchen
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:URL Wikipedia いもの 学問 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 24/26件

▽最新の回答へ

1 ● akila
●13ポイント

http://ja.efactory.pl/%E3%83%84%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%82...

「ツングースカの大爆発」

1908年6月30日午前7時2分(現地時間)頃、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流(現ロシア連邦エヴェンキ自治管区内)の上空で起こった天体爆発。

きのこ雲も見られたそうで、隕石だの彗星だのが降ってきたとも言われていますが、調査を重ねてもその爆発物の痕跡が見られず、未解明のままだそうです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。なるほどー。これはほどほど有名ですね。


2 ● akila
●13ポイント

http://www.bll.gr.jp/sayama/toha.html

「狭山事件」

1963年5月1日、埼玉県狭山市で女子高校生が行方不明になり、脅迫状がとどけられるという事件がおきました。警察は身代金を取りにあらわれた犯人を40人もの警官が張り込みながら取り逃がしてしまいました。女子高校生は遺体となって発見され、警察の大失敗に世論の非難が集中しました。

捜査にいきづまった警察は、付近の被差別部落に見込み捜査を集中し、なんら証拠もないまま石川一雄さん(当時24歳)を別件逮捕し、1カ月にわたり警察の留置場(代用監獄)で取り調べ、ウソの自白をさせて、犯人にでっちあげたのです。地域の住民の「あんなことをするのは部落民にちがいない」という差別意識やマスコミの差別報道のなかでエン罪が生み出されてしまったのです。

一審は死刑判決、二審は無期懲役判決で1977年に無期懲役判決が確定し、石川さんはただちに再審請求を申し立てました。第一次再審請求はまったく事実調べもなく棄却。1986年8月に第二次再審請求を東京高裁に申し立てるとともに、すべての証拠の開示と事実調べをおこなうよう東京高裁、東京高検にたいして求めてきました。

しかしながら、1999年7月9日、東京高裁・高木裁判長は事実調べも行なわないままに、抜き打ち的に再審請求を棄却しました。この不当な棄却決定に対し、7月12日、弁護団は直ちに東京高裁に異議申立をおこない、現在に至っています。

これ、結局真犯人は捕まっていないんですよ。私が子供の頃に、部落差別の問題で知ったのに、それからいまだ何の進展もしていないんです。本当は犯人の目星がついていたが、有力者であったために、他の犯人をでっちあげる必要があたっとも言われています。

これだけ時間が経ったら、もう事件の本当のところなんて、わからないまま終わるのでしょうね。

◎質問者からの返答

真犯人は謎、という、未解決の刑事事件というのはいくつかあると思うのですが、素人ながらにいろいろ想像力がかき立てられる程度に手がかりが残されているような事件だとありがたいです。狭山事件の場合は、えん罪の例としては該当すると思われるのですが、謎という点ではあまりミステリアスではないと思いました。


3 ● sibazyun
●13ポイント

ロシア、ロマノフ朝の最後で、とくに第4皇女アナスタシア・ロマノバの最後:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%82%B...

ロマノフ皇帝一家は、ロシア革命で粛清された(ここまでは事実)だが、特にアナスタシアについては、逃れたとする説もある。ウィキペディアの項の「伝説」の最後にあるよう、「アナスタシア論争はいまだに幕を閉じていない。」

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。これは謎・ミステリーというよりも、義経=ジンギス・カン説みたいに、ややロマンに属する話な気もしますね。


4 ● maxthedog
●13ポイント

下山事件はどうでしょうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/下山事件

戦後・昭和の有名な迷宮入り事件です。事件のアウトラインに関しては、wikipediaをご参照ください。

当時はかなりショッキングな事件であり、その後何十年もに渡ってこの事件関する検証や謎解き、新証言などの本も数多く出版されてきました。昨年夏に出版されたこの本はそれらの中でも特に面白かったです。

下山事件―最後の証言

下山事件―最後の証言

  • 作者: 柴田 哲孝
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • メディア: 単行本

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。これも有名な事件ですね、漫画で読んだサザエさんにも出てきてた気がします。ただ、戦後間もない混乱期の相当な社会的スキャンダルだったとは思うのですが、現代の我々には既にいまいちそのインパクトがわかりにくく、さらに例えば今から100年後にこの事件が歴史的視点から見てどれほど意味を持つかというと、実は意外に存在感は小さい気もします。


5 ● maxthedog
●13ポイント

下山事件が現代においてその影響が全くないことは承知していましたが、質問に「その謎ができるだけ大きいもの・興味深いもの」とありましたので、興味深さという意味では最上級かつ歴史的事件としてご紹介しました。また、自然科学の分野では未解明な現象は沢山あります。Googleで試しに「未解明な現象」で検索してみれば沢山引っかかると思います。

では同じ時代にこだわって第二次大戦中に起こった事件で、現在や今後も日本の外交に大きな影響を及ぼす南京事件(俗に言う南京大虐殺)などはどうでしょう? あまりに有名ですが、日本国内においてですらその内容には諸説があり、本当のことがわからないです。(おかげでwikipediaも編集合戦で編集保護になっているようです。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/南京大虐殺

◎質問者からの返答

下山事件について了解致しました。下手なコメントになってしまい、どうもすみません。南京事件もそうなのですが、「謎」というより「闇」とでも言うべき性格の出来事なので…もっとエンタテインメント的に勝手な想像ができる「ミステリー」的なものを探していましたもので、申し訳ありませんでした。そもそもその点で質問文がうまく書けていないですよね。

Googleは、はい、もちろんいくらでも検索はできるのですが、開いて読んでみるまで「へえ」という意外度はわからないので、面白いテーマの謎を手っ取り早く知りたくて質問させていただいております。


1-5件表示/24件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ