人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

商売がうまくいかず店をしめることになりました。家賃負担が大きいのですぐに解約したいのですが賃貸契約期間がまだ残っています。残り期間の家賃を支払わずに解約するにはどうすればいいですか。

●質問者: stamina
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:契約 家賃 賃貸
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● にしk
●35ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/soudan/20060313hg06.htm

賃貸契約書次第ですが、解約条項が記載されていれば

その方法でしか中途解約はできません。

法人であれば通常、6ヶ月分くらいの家賃は払わざるを得ないのでは。

それでも、というなら

■泣き落とす

■弁護士を立てて任意調停してみる

■怖いヒトに頼んでみる

などの方法はありますが、いずれにしろそれなりのコストはかかります。


2 ● aiaina
●10ポイント

賃貸契約期間については、契約書の内容をよく読まないとわかりませんが

契約1年未満の解除については、違約料を払わなければいけない場合もあります。

しかし退去1ヶ月前にきちんと申請していれば問題ないはずですhttp://q.hatena.ne.jp/1151472835


3 ● sami624
●35ポイント

http://www5.ocn.ne.jp/~setocity/4chintaishaku.htm

第13条【解約申入れ】

乙が契約期間中に本契約を解除しようとするときは、乙はその2か月前までに甲に対してその通知を行うものとする。ただし、乙が賃料の2か月分を即時に支払うときは、即時に本契約を解除することができる。

→一般に賃貸借契約については、賃借人が契約満了以前に解約を申し入れる場合は、解約違約金に関わる請求若しくは、事前通知期間の設定があります。よって、即座に解約の申し入れをすると同時に、契約解除の申し入れをする必要があります。

一般的には敷金の返還無しで手を打つ場合が多いようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ