人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ライセンスの問題です。CPL(Common Public License)で配布されているソフトウェアのソースコードを参考にして自分のLGPLで配布しているソフトウェアに機能を追加したいのですが、これはライセンス的に問題ないでしょうか?また、問題があるなら何か解決方法はあるでしょうか?自作のソフトウェアはプラグインによる機能拡張をサポートしているので、新しく追加する機能を本体とは分離してリリースすることは可能です。

●質問者: westfish
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:Common CPL LGPL サポート ソフトウェア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● たも
●35ポイント

Common Public License (CPL) Frequently asked questions の 12 番によると

Q: CPL なプログラムのソースコードから一部または全部を持ってきて、GPL や BSD など別のライセンスのプログラムに入れてもいいですか。

A: いいえ、ソフトウェアの所有者しかライセンスを決定することはできません。所有者か、所有者から許可を受けた人でなければ、その CPL プログラムを含むプログラムに CPL 以外のライセンスを適用することはできません。なお、他のオープンソースライセンスのプログラムを CPL のプログラムに取り入れるときにも同じことが言えます。

というようなことが書いてあります。「参考にする」ということで、「仕様書を書いて、実装を忘れて、自前でコーディングする」なら問題はないと思いますが、まあ、IANAL....

◎質問者からの返答

それならプラグインだけをCPLで公開するという手が使えそうですね。


2 ● ヨネちゃん
●35ポイント

既に解決しているようでしたら申し訳ありません。

http://e-words.jp/w/LGPL.html によると、

LGPLでは動的な(実行時)リンクに限り、GPL/LGPLに従わないソフトウェアでの利用も許容している。

となっていますので、リンクとみなされるような形式で追加すれば、CPLであっても全く問題ないと思われます。ただし、もとになったCPLの著作権表記はCPLのソース上に残しておく必要があると考えられます。

◎質問者からの返答

なるほど、「プラグインのソース上にCPLの著作権表記を残し、プラグイン単体でCPLでリリースして、必要なユーザーがそれをインストールして実行時に動的リンクさせる」という方法ならば問題なくコードの流用が出来そうですね。

いや、リンク先の記述は「LGPLのコードを非GPL/LGPLのソフトウェアから利用する」という方向なのでこの話とは逆のように思いました。でも「実行時に動的リンクされるものは別物」という認識なのはわかります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ