人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

?縁日の露店の歴史?について調べています。

・いつどこでどのようなきっかけで始まったのか
・どんな露天が多いのか
など、雑学も含めて分かると嬉しいですが。

縁日の露天について詳細に紹介しているページがあればそれで構いません。

●質問者: shoma22
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:歴史 縁日 雑学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● mikeneko_tika
●23ポイント

露天商とは昔、神農さんを祭り、薬を売り歩いていたのを嚆矢とする。また仏教の教えを分かりやすい言葉で説きながら香や仏具を売り歩いた武士「香具師」が「野士(のし)」と呼ばれるようになり、やがて祭礼や縁日で者を売る商人全体を指すようになる。これが明治以降「ヤー的」に、更に上下を逆にして「テキヤ」になった。

「目の前の通行人はすべて敵と思って商売せよ」という意味からテキヤになったとも言う。

テキヤはヤテキ(矢的)の倒置されたもので、商売があたるも外れるも矢の的(マト)に当たるようなものだということから出た言葉でもある。

http://www.chatwalker.com/hirosipuro88/diary/2006/5/

ホームレスがホームレス訪問記 ? より


2 ● mikeneko_tika
●23ポイント

世界歴史辞典で、もっと詳しいのがありました。

縁日

http://www.tabiken.com/history/doc/C/C150R200.HTM

香具師(露天商)

http://www.tabiken.com/history/doc/S/S206C100.HTM


3 ● aiaina
●22ポイント

http://www.shitamachi.net/kao/010.htm

こちらどうでしょうか


4 ● hanamiyabi
●22ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9A%84%E5%B1%8B

参考になれば。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ