人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

情報工学と橋との関係が何かあれば教えて下さい。どんな些細なことでも構いません。

●質問者: Urakata
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:情報工学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● systemyasan
●25ポイント

http://www.civil-eye.com/category/kyoryo/product.htm

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4381013247/qid=11515855...

橋梁の構造計算はどうでしょうか。現代ではコンピューターを使って,橋の構造を計算するのが普通でしょうから,広い意味では,橋と情報工学はそういう意味で繋がっていると思います。

他にも,「橋梁 構造計算」といったあたりで検索していただければ,いろいろと例は出てくると思います。

御参考まで。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● apple-eater
●0ポイント

情報工学といっても、範囲が広いようで

最近話題になるのは環境・景観シュミレーション。


3 ● apple-eater
●25ポイント

現在の橋梁製作

加工の際にはCAMと総称される分野が活躍します。

加工前にカッターパスの確認やらをコンピュータグラフィクスで確認します。特殊な大型機械なので専用ソフトになるでしょう。

特に、ガス・プラズマ・レーザー切断は特殊なノウハウが必要になります。

これも、機械に応じてオーダーメイドになります。

多数の機械のライン管理もコンピュータの仕事です。

面白いのは組立精度の確認方法

コンピュータでシミュレーション仮組立を行なう方法ってのがあります。(各部材をソリッドモデルで表現するのであろうと思います。)

◎質問者からの返答

大変参考になりました。ありがとうございます。


4 ● apr-25
●45ポイント ベストアンサー

http://q.a.apr-25.ne.jp/ (dummy)

1.橋を作るための構造計算

これは既に他の解答の中にもありますが、以前、群馬県で構造 計算に基づいた設計を無視した手抜き工事により建設中の橋が 落下し作業員が死亡する事故もありました。

2.交通量のシミュレーション

橋を建設する前など実際どの程度の通行量があるのかを統計情 報などに基づきシミュレーションする際には情報工学は欠かせ ないでしょう。

3.通行料金の徴収

有料の橋の場合、通行料金の徴収のためにコンピューターが利 用されるのではないでしょうか。とくに、ETCや無人の収納 システムが採用されていれば不可欠です。

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ