人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

求人誌を発行しているものですが、
同業他社と差別化する為に特徴ある業種を集めてみようと思っています。

下記のURLの質問に対して、御意見をお伺いしたいのですが
http://gagagasg.nomaki.jp/a/

●質問者: tomo54
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:同業他社 差別化 意見 求人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

[1]歓迎、いいんじゃないですか! nana109

意外といいかも・・・

ナリフリかまってられない時代です。

歓迎されると思います。


[2]人助けの精神が買えます nana109

世のため、ひとの為


[3]技術は・・・ mairan-tomo603

職人のような技術は高齢者にはまだたくさんいると思います。

このような人は実際に働いてみて、分かることが多いでしょう。

年齢だけで雇用できないことがほとんどでしょうからこのような

求人はとても良いと思います!


[4]高齢者の求人はいいと思います。 heracchi

年金をもらえる年齢がどんどん引き上げられる中、高齢者も働き口を求めていると思います。また、即戦力としての技術と経験がほしい企業もあるのではないかと思います。


[5]ライバルはシルバー人材センター maashi

ライバルはシルバー人材センターですね。

「高齢者への助成金」だけを差別点にすると、求人広告料を払わなくていいぶん、シルバー人材センターの方に分があるんじゃないでしょうか。

企業が、無料で求人できるハローワークではなくお金のかかる求人誌で募集するのは、ハローワークよりも能力の高い人材を得られる傾向があるからだと考えます。

ということは、「シルバー人材センターよりも能力の高い高齢者が応募してくる」と企業に思ってもらわないとお金は出してくれないと思います。

あと、求人誌を置く場所も従来とは違う場所に置かないと高齢者の目にはとまりにくいかもしれません。

うーん、パッと思いつきませんが、高齢者のあつまるお寺とか・・・


[6]情報は多いほうが・・・・ imagaichiban

働くほうは、あらゆる情報を求めています。

特に先入観で、物事の決定を決めるのは、間違いの元です。


情報源として、意識をもっていただきたいと思います。

ほとんど情報が、情報として行き来していないのが、実情ではないでしょうか。

反対に、ルート設計として、公共施設の周りで流すことは、望ましくないことでしょうか。


[7]私も求職中 jd666999

で、時間あって、はてなを観てたりするんですが、

一般的な求職誌の求職は年齢が低く、

私、30代でもダメじゃんってのが多いですね。

同じように、知り合いで50代で求職されてる方がいるんですが、

やはり、この年齢では、ぜんぜん見つからないと言われていたので、

求職する側は、高い年齢に対する求人が多いと、助かるんでないかと思います。

それに対して、求人する企業があるかは、よくわかりません。

例えば、高年齢者を相手とするような職種では、

高年齢者のスタッフがいた方がいいのではないか?と漠然と思うのですが、

どうなんでしょう。


[8]最低賃金潜脱のためなら違法 falcosapiens

方法はいくつかあるでしょうが,

正面から「労働者に該当すると、最低賃金法などの縛りがあるので

、その問題をどうクリアするか、悩んでいます。 」と書いてしまうのはいただけない。


[9]高齢者に近いですが cobouzcraft

定年退職者対象の求人誌があってもいいと思う。業種じゃなくて対象を絞る方ですね。


[10]社会的弱者に対応するなんてすばらしい。 asas_mymy

感激しました。このような考えをしてくれる求人を発行している方がいるなんて。

ちょっと質問とは話がそれるかもしれませんし、長文になると思いますが、何かの参考になれば幸いです

私は福祉の仕事をしてきました。

身体障害も知的障害もよく事情を知っています。

雇用体験をしただけで施設としてはお金がもらえる今、その情報を福祉施設に提供することは視野が広がっていいと思います。

また、高齢者の場合は足腰に来ている人もいるので、健康・からだの状態によって選べるようにくわしく書かれたほうがいいと思います。

私のいとこが軽い知的障害で今年の三月まで就職していたのですが、1年で辞めさせられることになってしまいました。理由は、彼女を理解せず、意地悪なこと・いじめをしたために、登社拒否や物に当たってしまうようになってしまったからです。彼女本人のせいではないけれど、苦情という形でやめさせられました。

私の知っている限りでは障害者の方はたいてい2・3回は転職されていて、たいていは1年たらずで解雇です。一番の問題は障害者本人ではなく、その周囲の人です。言葉では理解といいつつも、行動ではそうでないところばかり。そして、短期で解雇。

障害者本人が悪いこともあるかもしれませんが、障害者をサポートする人材と、長く雇用してくれる会社を増やしてほしいです。

あと、提案ですが、お母さんたちを対象にした求人や内職情報を載せるとかなり今後伸びると思います。私も乳児の子持ちですが、なかなか探そうとしても難しく、ハローワークにもいけません。

子供が幼稚園に行っている時間の短時間だけのパートとか、夜間のバイトなど、特集があればお母さんたちは喜んで買うと思いますよ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ