人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

代理質問です。月極駐車場でトラブルに合いました。その車庫は車を入れるべき指定の縄や白線はなく このあたりでという曖昧なものでした。ある日自分が知らない間に大家が輪留めのブロックを置いたらしく、固定していなかったせいか 車の下部に巻き込んでしまい、かなりのダメージを追ってしまいました。もうその車庫は出るつもりなのですが、そのブロックのせいで負ったダメージ分は請求できるのでしょうか?

●質問者: saskbaby
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:うそ ダメージ トラブル ブロック 大家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● hiyokochan
●20ポイント

修理代と代車費用の請求は可能です。

法律的根拠はここに質問内容と類似のケースがあるので参考にしてください。

http://www.hou-nattoku.com/consult/184.php

◎質問者からの返答

御回答ありがとうございます。大家は、自分がこのあたりで止めて欲しいという気持ちでおいたようなのですが、隣にあるブロックは固定で自分の方のは簡易的処置にせよ、固定せしていませんでした。参考にさせていただきます。ありがとうございました。


2 ● 潮澤 昴
●10ポイント

輪留めのブロック

がそこらへんのスーパーにでもあるようなタイヤ止め用なら駐車時の不注意であり請求出来ません。

http://nourl

◎質問者からの返答

御回答ありがとうございます。駐車時の不注意ではないと考えております。


3 ● sami624
●50ポイント

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM#s3.2.10

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM#s3.5

(委任)第643条 委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。

(受任者の注意義務)第644条 受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う。

(不法行為による損害賠償)第709条 故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

→可能です。

考え方としては、質問者は駐車場管理者に対し、車輌の保管を委託したわけですから、駐車場管理者は、民法第644条により受任者としての善良な管理者の注意義務を負うわけです。よって、保管中の車輌を移動する等において、車輌に損傷がつかないような注意義務があるにも拘らず、事前にブロックを置いたことを周知しなかったことは、過失責任を問われ、民法第709条で規定する損害賠償責任を負います。

◎質問者からの返答

法的解釈のご意見ありがとうございます。とても参考になりました。なぜ、固定をしたりあるいは、前もって伝えてくれなかったかを疑問に思っています。当方の車庫は斜め坂になっており、大家のブロックの置き方ですと、全く視界に入りません。なので巻き込んでしまいました。(ちなみに車庫の地面は何かで固めた色で覆われており、その覆われた地面と同じ色のブロックで同色なので同化し、全くの保護色でした)ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ