人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事中の職場でのインターネットについて。
仕事中に調べものでネットに接続することが多いのですが、周りをみれば、結構使用で使っている人がいますが、システム部等はどの程度管理・監視しているのでしょうか?有名なスポーツ新聞等はブロックされていますが、それ以外は、繋ぐことはできます。しかし業務以外に使用してはいけない建前になっていますので、どの程度管理チェックをされているのか、実際のシステム運用業務に携わっている方にお伺いしたいです。

●質問者: elenco
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:インターネット システム スポーツ新聞 ネット ブロック
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● yotaro
●27ポイント

http://www.websense.com/global/ja/ProductsServices/WebsenseEnter...

現在の会社では、フィルタリング等をおこなっていませんが、以前某中央省庁に在籍していた際には上記サービスを利用して、フィルタリングと監視を行っていました。どの程度のフィルタリングを行うかはユーザーが設定できるようになっています。当時の職場では、ギャンブル、掲示板・チャット、アダルト等をフィルタリングの対象としていました。ただし、対象以外のものについても、監視は行っており、業務との関連が認められない=私用の疑いが高い場合は、個別に呼び出して警告を与えていました。こういった監視をするために、それ専門の職員を十数人配置していましたので、組織全体のボリュームがないと難しいかもしれません。


2 ● kurukuru-neko
●27ポイント

(透過)PROXYサーバ経由であれば全てロギング

されていると思って方がよい。

Firewall経由でもログイングされていると

思った方がよい。

運用する人がそれほど暇ではないので、

大抵は、自動運用しているので監視システムの敷居値を

超えた場合、連絡対象にマークされます。

あからさまでない限りは普通連絡はしてこない。

http://www.alsi.co.jp/security/is/is_01_gaiyou.html


3 ● DOK
●26ポイント

http://www.daj.co.jp/bs/ifbe/index.htm

参考までに、うちの会社で使っているifilterというソフトです。

使っている監視用ソフトにもよりますが、大体の仕様は同じです。

基本的にどこを見たという情報は全てのこります。

その全てを人間の目で確かめ、仕事か私用かを判断するほどは見れません。そこで有名どころのスポーツ新聞や2chなど、通常業務に関係の無いと思われるところは自動でブロックし、ブロックしたという情報が残ります。

細かなサイトや新規にできた出会い系サイトにつながるのは、そのブロックリストにURLが無いためです。

全てのアクセスにおいて記録はされていますが、実際にはそれを精査するだけのマンパワーが無いというのが、現在の監視体制の実情です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ