人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中小企業の会計の件で、欲張りながら2件教えてください。
?上場会社の有価証券は決算時に時価評価することになっていますが、長期保有の投資信託についてはどうなのでしょうか?
?有価証券の信用取引の仕訳について教えて下さい。(売り・買い 両方です)
参考としてでも構いませんのでよろしくお願いします。

●質問者: seizyou
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:上場 中小企業 会社 会計 信用取引
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●35ポイント

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H12/H12F03101000133.html#1000000...

総理府令に従えば、計上方法は任意であるものの、継続性の原則が適用されるため、低価法の場合は低価法・時価法の場合は時価法で統一する必要があります。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H12/H12F03101000133.html#1000000...

それぞれ運用報告をする必要性があります。統一した計上方法にする必要性はなく、計上方法を選択する自由は認められています。

◎質問者からの返答

ありがとうございました


2 ● kurukuru-neko
●35ポイント

投資信託

http://www.toushin.or.jp/profile/pdf/t13.pdf

信用取引

http://www2.neweb.ne.jp/wd/miuracpa/shishin24.htm

http://www.chuoaoyama.or.jp/webcan/kinyu/0201.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ