人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

スチュワーデスの「スカーフ」の歴史や薀蓄について教えてください。

●質問者: tasa11
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 美容・ファッション
✍キーワード:スカーフ スチュワーデス 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●35ポイント

もともとヒコーキ乗りは首に長いマフラーを巻いて気流になびかせるという伝統がありました。

そうしたイメージをキャビンアテンダント独特のファッションとして採用したものでしょうが、それに加えて、あのスカーフは万一の事故の際に、骨折の手当てや止血の処置などにも利用できますし、あるいは何本かをつなぎ合わせて体重を支えられるかなりしっかりしたロープにもなりますし、何かを包む、防寒用品にもなる、といった多目的な用途を含めて採用されていると聞いたことがあります。

外国の例では、機内で暴れた乗客を取り押さえたあと、男の手足をあのスカーフで縛ったということもありました。

首の横で結ぶのは、もちろんファッションということもありますが、前で結ぶと、とかく姿勢を前に倒すことの多い彼女らにとっては鬱陶しいからということのようです。

「地上」での仕事での、あのスカーフの結び方はやはりキャビンアテンダントたちの知的で活動的なあのイメージを取り入れたものです。http://q.hatena.ne.jp/1152067785


2 ● moko888
●35ポイント

キャビンアテンダントのスカーフの巻き方を写真付きで紹介しています。

巻き方にはいろいろあって、CA同士で情報交換しているそうです。

http://www.analatte.com/column/beautysketch/10/main.html

また、パキスタン航空のスチュワーデスは、普通の正方形・長方形のスカーフではなく、輪っかになったものを首にかけていました。イスラム教の国なので、飛行機から降りたらそれを被って簡単に頭を覆うことができるよう、そういったデザインになっているのだと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ