人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」や「私が彼を殺した」、綾辻行人・有栖川有栖の安楽椅子探偵シリーズのように本編では犯人やトリックが明かされず、本編とは独立した形で種明かしというかネタばらしをするような小説や映像作品を教えてください。

●質問者: crisis-christ
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:どちらかが彼女を殺した シリーズ トリック ネタ 安楽椅子探偵
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● ayalist
●25ポイント

気分は名探偵―犯人当てアンソロジー

気分は名探偵―犯人当てアンソロジー

  • 作者: 我孫子 武丸 霧舎 巧 貫井 徳郎 法月 綸太郎 有栖川 有栖 麻耶 雄嵩
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • メディア: 単行本

あなたが名探偵 (創元クライム・クラブ)

あなたが名探偵 (創元クライム・クラブ)

  • 作者: 泡坂 妻夫 西澤 保彦 小林 泰三 麻耶 雄嵩 法月 綸太郎 芦辺 拓 霞 流一
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 単行本

上記二冊ともアンソロジーで、複数の犯人当て小説が楽しめます。

読者への挑戦状を区切りと考えるなら、エラリイ・クイーンの国名シリーズも該当するかも。

◎質問者からの返答

有難うございます。

欲を申せば、アンソロジーよりも中長編の作品を教えて頂きたいです。


2 ● keibeto
●25ポイント

島田荘司『占星術殺人事件』、有栖川有栖『月光ゲーム』、エラリークイーン『ローマ帽子の謎』などは読者への挑戦状ものですが、そういうのでいいのかなあ。

上記の方もおっしゃっていますが、エラリークイーンは「読者への挑戦状」すごく多いですね。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4061833715/250-1526037-500826...

◎質問者からの返答

既読ですが、有難うございます。


3 ● ayalist
●25ポイント

殺人方程式 〈切断された死体の問題〉

殺人方程式 〈切断された死体の問題〉

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

長編作品。「読者への挑戦状」はありませんが、講談社文庫版のp304(光文社文庫版だとp300)の段階で、

問題解明に必要な手がかりは全て提示されるので、犯人当てに興じることも可能。

鳴風荘事件 殺人方程式II (講談社文庫)

鳴風荘事件 殺人方程式II (講談社文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

こちらも長編です。上記作品の続編(キャラが共通、という程度)。「読者への挑戦状」が挿入されています。

挑戦状の前を問題編、後を解答編と考えれば、質問と合致する‥かな?

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

中・短編集ですが、犯人当てとしてはかなりひねくれていて面白いです。

◎質問者からの返答

たびたび有難うございます。

もっと贅沢を申しますと、回答編に相当する部分と本編とが、

質問にあげた作品の袋綴じのように物理的に隔離されているものを教えて頂けると有難いです。


4 ● りくっち
●60ポイント ベストアンサー

質問者さんなら既読のような気がしますが、

最近「袋とじ」で解決編が閉じられていたというと最初に思いついたのがこれです。

QED 神器封殺 (講談社ノベルス)

QED 神器封殺 (講談社ノベルス)

  • 作者: 高田 崇史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

言葉通り後半の解決部分が袋とじになっています。


これはちょっと変化球ですがメールマガジンです。

http://whodunit.secret.jp/magazine.html

本格推理小説シリーズ[Whodunit]

問題編・解決編・講評編に分かれており、解決編は次の配信までわかりません。

配信済みのログもあるので読まれてみてよければ登録されてみては。


更に変化球で、ミステリ好きならご存知かとも思いますが、

若竹七海氏から発信された「五十円玉二十枚の謎」。

競作五十円玉二十枚の謎 (創元推理文庫)

競作五十円玉二十枚の謎 (創元推理文庫)

  • 作者: 若竹 七海 依井 貴裕 有栖川 有栖 笠原 卓 法月 綸太郎
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

問題編は一つですが、まとめサイトなどでは様々な解決編が読めたりもので、おもしろいかと。


映像関係だと、最近では

http://www.tbs.co.jp/program/trickstory_20040921.html

推理サスペンスクイズ決定版!!5分で解けるトリックストーリーII

http://www.ontvjapan.com/genre/detail.php3?tikicd=0002&hsid=2006...

西村京太郎からの挑戦

という番組がありました。

残念ながらどちらともセルビデオにはなっていないと思いますが、

「5分で解ける?」は先日分がパート2だったので、パート3もあるかもしれません。


また、伝説のNHK番組「私だけが知っている」という作品があるんですが、

これも幻なんですよね…。

ただし、その内何作かは出版されているので、読むことはできます。

私だけが知っている―幻のNHK名番組〈第1集〉 (光文社文庫)

私だけが知っている―幻のNHK名番組〈第1集〉 (光文社文庫)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • メディア: 文庫

私だけが知っている―幻のNHK名番組〈第2集〉 (光文社文庫)

私だけが知っている―幻のNHK名番組〈第2集〉 (光文社文庫)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • メディア: 文庫

http://www.big.or.jp/~fool/bookshelf/review.cgi/review/data?genr...


最後に、物理的には分かれていませんが、私は問題編・解決編といえば

思考機械の事件溥 2 (創元推理文庫 176-2)

思考機械の事件溥 2 (創元推理文庫 176-2)

  • 作者: ジャック・フットレル
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

この中の「幻の家」という作品です。

これを読むたびタイタニックでは惜しい人を亡くしたと思ってしまいます。

◎質問者からの返答

たくさんの情報を有り難うございます。

非常に参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ