人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

数マイクロアンペアの電流を、ディスクリートで正確に測ろうとした場合の注意点と、必要コスト(個人で秋葉原で部品を買って、、、というシチュエーション)

●質問者: youkan_ni_ocha
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:アンペア コスト シチュエーション ディスク マイクロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ヨネちゃん
●35ポイント

http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=currdigital&s=...

ですと、3,150円(税込)で最小単位0.1マイクロアンペアから測れるようです。

注意する点は電圧降下が回路に及ぼす影響ではないでしょうか。

◎質問者からの返答

感度が悪そうです。0.1uぐらいはかれる回路を想定しています。既製品は使わず、あくまで自作という事でお願いします。


2 ● chintaro3
●35ポイント

まず「正確に測る」の基準になる測定器は何をお持ちですか?

上の回答者で紹介されているものはこの手の開発に携わった

経験者からいうと驚異的な低価格・高性能なもので、持っておく

価値はあると思いますよ。

注意点としては、まず基礎知識として、「熱雑音」「温度ドリフト」

について十分に勉強してください。

これがわかってないと、手も足も出ません。

http://www.ednjapan.com/content/issue/2004/07/feature/feature01....

◎質問者からの返答

熱雑音を指摘されておりますが、入力の内部抵抗が低いので、回路は、負帰還電流入力プリアンプとなります。この場合、熱雑音はかなり抑えられるというのは、専門書に書いてあるところです。むしろ、その他のもので、こりゃー厳しいという(例えばリーク電流とか)懸念事項になりそうな事をさがしています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ