人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高血圧で右被殻出血の為に半身不全麻痺の患者さんで出血の範囲が小さく内科で経過観察、治療が行われる場合はグリセオールとか点滴類は使われるのでしょうか?入院時血圧が200代ありアダラートの一時的な舌下後170/90mmHg程度が持続している時は再出血予防の為に内服薬を続けるのでしょうか?それとも急激に血圧が下がり過ぎて血流が悪くなるといけないので内服薬は投薬されないのでしょうか?脳外科の治療や看護を調べましたが、降圧剤とか輸液管理と記載されていて具体的な薬品や使用方法が分からないのです…JCSは3?10程度の患者様なのです。

●質問者: maru34
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:JCS オール ラート リセ 入院
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● fumanzyu
●60ポイント

某大学神経内科の医師です。当院の脳外科と共通の認識としては、出血の場合には、グリセオールを使用すると浮腫を軽減することにより、かえって出血量を増やすので、少なくとも急性期には使用しないと考えています。しかし、病院により、場合により、使用されるケースもあるようです。降圧に関しては、持続点滴にしています。最近は、アダラートは内服が原則であり、舌下は行わないようになっているのではないでしょうか。点滴で使用するとしたら、ヘルベッサーがより良いと考えますが、有効量に至る前に徐脈になるなどしてコントロールが難しい場合、あるいはとにかく早く降圧したい場合に限り、ペルジピンを使用しています。

◎質問者からの返答

ご経験による的確なご回答誠にありがとうございました。大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ