人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

宮島の厳島神社は水(海)の中に建てられていますが、一体どうやって建造されたのですか?
陸上の建物とは違う”なるほど!”という建築工夫がなされているのでしょうか?

●質問者: ata11
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:厳島神社 宮島 建物 建築 陸上
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● babo-babo
●19ポイント

[建築様式]

http://www.hiroshima-cdas.or.jp/miyajima/jinja/jinja.htm


2 ● sylphid666
●19ポイント

舞台と杭は固定されておらず波が来たときは浮いて波を逃がす構造になっているそうです(リンク下部)。

NHK 世界遺産の旅 【宮島・厳島神社 2】

少し工夫とは違いますが、あの大鳥居は釘などで固定されておらず自らの重みだけで立っております(リンク中盤)。

?V?E?{???????`(?C???^?r???[=?{?????? ??1???u?????_???????v)


3 ● ayuemi
●18ポイント

http://www.netmarketweb.com/miyajima/monogatari_01.html

大鳥居は柱と屋根の交差する部分には特殊な造りのクサビがほどこされて、柱と屋根の動きやひずみなどを自然に吸収・修正できるように仕掛けが組み込まれています。また、腐りにくく虫に強いクスの木でできてます。

http://www.miyajima.or.jp/kanko-spot/itsukusima-s.htm

床板の隙間は、高潮時に床下から押し上げてくる海水の圧力を弱め、また回廊に上がった海水を流す役目をする。


4 ● yamawaki
●18ポイント

厳島神社の回廊?を歩いたのですが,床板と床板の間に隙間が空いていました。これは,満潮の時に水圧によって床板の上に水が上がってくる工夫だそうです。もしも,隙間なく床板が敷き詰められていたとしたら,水圧で床が浮かび上がってしまうとのことでした。

また,大鳥居があるのですが,鳥居の上に数トンの石がのせられているそうです。基礎は固定されておらず,鳥居と重しとして乗せられた石によってたっているとのことでした。

http://q.hatena.ne.jp/answer


5 ● tahoa
●18ポイント

2006年3月14日の読売新聞のニュースから

日本三景の一つで世界遺産の厳島神社(広島県・宮島)は、平清盛(1118〜81年)がもともと陸地だった場所に人工の湾を造成して建てた可能性の高いことが、三浦正幸・広島大大学院教授(建築史)の研究で判明した。「海を寝殿造りの蓮(はす)の池に見立てるという、誰も考えつかなかった発想で、権威を誇示したかったのではないか」と、その意図を推測している。

http://show.yomiuri.co.jp/photonews/photo.php?id=9235

またリンク先の写真を見るとわかりますが、常に海につかっているわけではないようです。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ