人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

光の反射・屈折を表した「スメルの法則(屈折の法則」…この法則って一体、どういったキッカケ&経緯で思い付いたのでしょうか? 何か面白いエピソードって、あったのでしょうか?

●質問者: tooh22
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:法則 面白い
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● hiro7days
●60ポイント

http://www15.wind.ne.jp/~Glauben_leben/Buturi/History3.htm#Snell


スネルの法則のことですね。


「スネルは、水中の物体の浮かび上がりを観察し、空気中の長さと水中の長さの比が見る方向に関係なく一定ということを見出した」とあります。

面白いエピソードであるかどうかは分かりませんが、

きっかけは水中の物体の浮かび上がりという単純なことだったんですね。

法則って日常の単純な現象や、実験の失敗から発見されることって多くありますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ