人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

私は大きな悩みもなく、そこそこ幸せなのですが、
小さい頃から友人や知人の幸せを心から祝福することが出来ません。
表面的には「よかったね」と言うのですが、本当はそう思っていない自分がいるのです。
かといって、失敗すればいいとか不幸になればいいとは思っていないです。共に喜ぶことが出来ないのです。
どうすれば、肉親以外の幸せを共感し、わが身のように喜ぶことができるのでしょうか?

●質問者: st004j
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:共感 幸せ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 19/19件

▽最新の回答へ

1 ● nana109
●20ポイント

このような正直すぎる告白をする、その素直さが好きですね・・・

素朴で正直、これ以上のものは無いじゃありませんか。

わが身に直接関係のないことに、共感する必要はないじゃない?

いちいち感動して共感していたら忙しくてたまりません!

そのうち、本当に感動できることが起きる、絶対起きる。

だから大丈夫ですよ。

ちなみに美しいものにも感動しない人ではありませんよね(笑)

そんな人は、このような質問もしないと思いますけどね・・・

対策としては、共感とか感動してフリしてみたら?

人を安心させることも、大人のエチケットですから。


2 ● HONMA9691
●20ポイント

悩むような事じゃないです。

社交辞令でいいんですよ。


3 ● kaori-t
●20ポイント

私も、元同級生とか近所の人とか、ちょっとした知り合いだったら、良かったですねー(^^)とは言いますけど、我がことのように一緒に喜ぶなんてことはそうそうないです。

我がことのように喜べる相手って、家族とか、それに近いくらいの親友とかに限られるのではないでしょうか?

そんなに深い付き合いのない人に感情移入するのって難しいと思います。

小説を読んで感動しても、あらすじを読んでは泣けないように、相手の苦労とか、努力してきたこととか、それまでのいろんな経験を共有して知っているからこそ、それが報われたことを一緒に喜び合えるように思います。

そこまでの深いお付き合いって、人にもよりますが、人生の中でそう多くない気がします。

逆に言うと、この人のしあわせを一緒に喜び合いたいと思う人がいたら、その人とのお付き合いを大切にして、いろいろな負の感情も共有していけば、しあわせが訪れたときに我がことのように喜び合うことができるのではないかと思います。

漠然とした答えですみません。


4 ● daikanmama
●20ポイント

私もあなたと同じ性格です。自分はなんて冷淡な人間だろうと思ったこともありました。

でも、だんだんとそんな自分を受け入れられるようになってきました。世の中には、表面的には心の底から「よかったね」と言っているように見せかけて、陰でその人の悪口を平気で言っているような人もいます。そんな人より、自分の方がよっぽどまともな人間だと。

逆に言うと、他人の幸せを心の底から共感して喜べる人って、純粋すぎて危険な面もあると思うのです。

自分の生まれ持った性格を変えるというのは、とても難しいし、悩んでもしんどいだけです。

あるがままの自分を受け入れればいいと思います。

あなたはごく普通の、正直な気持ちを持った、とてもいい人だと思いますよ。


5 ● aoun
●20ポイント

あなたが男性か女性かによってまた全然違う話にもなるのでしょうから何なんですけれども、一つ言えることはあると思います。無理して喜ぼうと努力しようとする、喜ぶべきだから喜ばねばならない、喜ばないなんておかしすぎる、と思うお気持ちはご尤もですし、素晴らしいことです。しかし、ここで敢えてこのようなネバ論を振り回す必要はありません。

まずは、その友人とのベーシックな関係があって、その次に、感動がある、ということがそもそも基本かなと思いますので。

その感情は決してネバではなく、単に理屈抜きに嬉しいということになりますし、どちらかと言えば「気づいたときには既に喜び終わっていた」というようなものかもしれません。やはり、友人のことを自分のことのように捉えているからですね。そもそものベースとして、まず関係がある、次に、その関係の結果としての喜びがあります。

とは言っても、友人関係もやはり出会いには違いありませんから、人生の中でいつもそのような出会いがあるとは当然限りません。例えばあなたはこれからそういう出会いがあるヒトなのかもしれませんね。

焦らずに、マイペースがなによりです。


1-5件表示/19件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ