人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【卯建(うだち、うだつ)】について、
・およそ、いつの時代から登場したのか
・その歴史的背景とは?
・深く関わった人物はいたのか?

を調べています。

建築学会?国土交通省?などの信憑性のあると
思われるサイトより、参考になるネタを
教えて下さい。

●質問者: shoma22
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:サイト ネタ 国土交通省 建築学 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● k6nch6n
●27ポイント

江戸時代中期に隣家からの火事が燃え移るのを防ぐための防火壁として造られたようですね。

Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%AF%E5%BB%BA

国土交通省関東地方整備局・長野国道事務所

http://www.ktr.mlit.go.jp/nagano/sinsyukaidou/hokkoku/komoro.htm...

環境省

http://www-gis2.nies.go.jp/oto/data/scene/index.asp?info=49

など・・・。


2 ● daiyokozuna
●27ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A0%E3%81%A4

http://www.kyomachibori.com/arasan/arasan12.html


防火壁、装飾としての卯建は江戸時代中期頃からで、それ以前は強風によって屋根板が吹き飛ばされるのを防ぐための風よけだそうです。


3 ● aiaina
●26ポイント

http://www5b.biglobe.ne.jp/~kaidou/karatsu/udatsu.htm

江戸時代より火事での類焼を防ぐため、

隣家との境に高い壁を設け、その上端に小屋根を置

たもの。 (夜這い防止のためとの説もある)

「うだつが上がらぬ」とは富裕の家でなければ、

卯建をあげられなかった事から転じて男の甲斐性無し

として使われるようになった

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ