人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「ドアノブ」の歴史や薀蓄について調べています。
誕生秘話や形の由来など、たくさんの情報がほしいです。

●質問者: tasa11
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:ノブ 歴史 秘話 誕生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● hiro7days
●35ポイント

http://jyusetsu-navi.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/30/index.htm...


[No.102]

かつての室内ドアには必ず丸いドアノブが付いていたが、昭和50年代の後半からレバー式が主流になっている。これは誰にでも使いやすくしようという工夫である。丸いドアノブは、握力の弱い幼児や高齢者では回せないことがある。そこで登場したのが小さな力でも操作可能なレバー式。これはレバー式(形)の誕生秘話です。丸いドアノブは何故生まれたのかは分かりませんでした・・すいません。


http://www.mmm.ne.jp/koyama/tabi/20040530/20040530e.html


ラスベガスのホテルでは、ドアノブの形が各部屋違う。

・・・たいした薀蓄ではないですね・・・


http://giappone.exblog.jp/1680975/


ブログの方が意訳をしただけですので、薀蓄と呼べるかどうかわかりませんが、愛のドアノブ。


http://bkuchen2.exblog.jp/619061

http://bkuchen2.exblog.jp/821577


たくさんの形があるんですね。

魚のドアノブ!なんていうのも。


2 ● hamster009
●35ポイント

http://www.ksknet.co.jp/diy/links/123.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ