人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

音楽理論、キー(調)とコード進行について教えてください。

キーがGメジャーの曲があるとします。
この場合、調号を考えるとFだけが半音上がってF#になると思います。
(F以外の音はナチュラルのまま)

例えば、Gメジャースケールの構成音は
G,A,B,C,D,E,F#,G
になると思います。

ここで、この曲のコード進行にFを使いたい場合、一般的には。。。
1.ルート音はF
2.ルート音も半音上がってF#
どちらでしょうか?

# わかりにくい質問ですみません。
# 要は、調号によって変化する音(半音上げ/下げ)は、
# コードやスケールの構成音だけなのか、
# あるいはコード(のルート音)も変化するのか、
# を知りたいのです。
# 音楽に正解も何も無いと思いますが、音楽理論としてはどちらが自然なのか、と言うことです

宜しくお願いします。

●質問者: F57PB
●カテゴリ:趣味・スポーツ 書籍・音楽・映画
✍キーワード:F# けが コード コード進行 スケール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● Clara
●10ポイント

コードは調に関係なく構成音の内容で決まります。

何調であってもFなら構成音はf,a,cです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます、トライアド(ルート+3rd+5th)ってやつですね。

ただ。。。すみません質問がわかりにくいと思うのですが、

お聞きしたかったのは、コードをFにするべきか、F#にするべきかと言う事なんです。


2 ● k6nch6n
●20ポイント

2になります。

◎質問者からの返答

明快な回答、ありがとうございます!

やっぱりコードも調号によって変化するのが自然なのですね。


3 ● くまっぷす
●20ポイント

うーむ、移調して考えるから変になるんでは?

(いや、移調しないで?かな)

調がGになるというのは単にFがF#になるんじゃなくて、絶対音階Gから始まってドレミファ…になるわけで、調についての考え方が何かおかしいと思います。

http://netjazztime.at.infoseek.co.jp/cskyusai/csktop.htm

音階のローマ数字表示度数表示

良く音階をローマ数字をつかって表示されることもあります。これをコードのルート表示と使われることもありますし、相対的な音階表示としてもつかわれることがあります。

メジャースケールの音階 I II III IV V VI VII

12音すべての音階 I -II II -III III IV V +V VI -VII VII

コードを表示する例 IIm7 Imaj →KeyがCのとき Dm7 Cmaj

→KeyがGのとき Am7 Gmaj

とあるようにI II III…という度で考えてみた方がいいと思います。

なのでFというのがGメジャーで -VII (ドレミファでいうとシのフラット)を表したいのならFでいいし、VII(シ)を表したいのならF#。

ただしFだとブルーノートっぽくなるはず(シ♭レソになるから)。

◎質問者からの返答

ご指摘の通り、まだ調と言う概念がしっくりきていないんですよね。

> ただしFだとブルーノートっぽくなるはず(シ♭レソになるから)。

と言う事は、ノーマルなのはF#で、

雰囲気を変えたいと言った時に意図的に半音下げてFにする。

と認識しました。


4 ● TomCat
●20ポイント

こういうのは、ト長調だの何だのといった特別な調では考えず、

簡単に言ってしまえば、全てハ長調で考えてしまうといいんです。

表記も、調を無視して考える場合、

表記も、C、D、E、F、G・・・・といった「音名」ではなく、

?、?、?、?、?・・・・といったローマ数字で書き表します。

そして?を主音(ルート)、?を属音(ドミナント)、

?を下属音(サブドミナント)などと呼びますよね。

これらはみな、具体的な調を考えず、

音と音との隔たり、つまり音程のみで考えていく時に

使っていく言葉です。

この考え方で行くと、ト長調におけるFというのは、

ハ長調におけるB♭。?♭の音です。

そしてト長調におけるF#というのは、

ハ長調におけるB。?の音です。

これは全然別の音ですよね。

つまり、たとえて言うなら、「翼をください」の

「この大空に/翼を広げ/飛んで行きたいよ」の

「よ」の所で出てくる?♭→?といったコード進行。

そんなことをしたければ、ト長調ならFのコードを使うわけですから、

当然ここではルートも他の構成音も全てFのコードの

それになってきます。

これをF#にしたら、全然別の音になってしまいますし、

ト長調だからとFのコードの中でルートだけF#にしたら、

これはFという協和音からは外れて、

一種独特の響きの不協和音になってしまいます。

この回答も非常に分かりにくいと思いますが、

とにかくこういうのは特定の調で考えると分かりにくいですから、

C、D、E、F、G・・・・ではなく、

?、?、?、?、?・・・・で考えていくようにしてください。

これで、どんな調にでも通用するコード理論やスケール理論が

頭の中にスッと入っていくようになってきます。

*文中歌詞引用:「翼をください」、作詞・山上路夫

◎質問者からの返答

ふむふむ。。。詳しい解説ありがとうございます。

完全に消化できてませんが、大体わかりました。

例に挙げていただいた、「翼を下さい」の該当部分のコードは?♭なので、キーがGで調号がF#だったとしても、コードはFになると。。。

それは理解しました。(たぶん)

ただ、ここでコード進行中に?♭を使っているのは、上記Kumappusさんがおっしゃっているような

「曲の雰囲気を考えてあえて半音下げているのであって、

基本的には?を使うものである。」

と言う理解で良いのでしょうか。。。


5 ● tpichu
●20ポイント

それはあなたが何を意図しているかによります。

純粋にF(F,A,C)のコードを表したいのであれば1ですし、GのスケールにのっとってやりたいのならばF#m-5(F#,A,C)になるでしょう。

調性だけを考えるとF#なのかもしれませんが、Fを表そうとしている限りFはFなのです。FとF#は違います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

> Fを表そうとしている限り

ここがポイントなんです。

作曲者がFを表そうとするなら、それはそれで良いのですが、

キーがGなのであれば、FよりF#のほうが自然なのではないか?と言うところが気になっているのです。

譜面を書く時、キーがGで、コードをFにするとやたらと臨時記号が付きますよね?

なので、なんだか不自然に思えてならないんです。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ