人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【理屈パズル】 http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20060715

B美にD菜から電話がきた。
「ワイン好き限定パーティに来ない? 1本ずつ持ち寄って飲み比べよ」
「私が参加していいの?」
「特例でOKにするわ」
「どんなワインを持ってけばいいの」
「ワイン好きならどんなワインでも好きだから、お気軽に」
「どんなパーティ?」
「集まったワインに連番を振るの。それから一斉にNo.1のワインを飲んで、好きなら○、でなければ×をボトル前の箱に投票。先月は参加者が10人だったから、それをNo.10まで繰り返したの。ただ自分のワインだけは飲まないし投票もダメ」
「それって面白いの?」
「すっごく。先月は私のワインが9票の○を集めて、堂々の単独一位よ!」
「えっ・・・意外!」
「えへ。なぜか知りたい?」
「ぜひ」
「それはね、私のワインがNo.1だったから! 最初のインパクトが勝因ね」
「・・・最低点は?」
「F吉の1票。私の○が入っただけ。まあ彼氏だしさ」
「・・・・・・今月のメンバーは?」
「顔ぶれは先月と同じだけど、2人はどうしても来られないって」
「まあ!」
「半年ほど新しい参加者もいないし。どう? 来ない?」
B美は答えた。
「断じて嫌よ、この悪党!」

●質問者: lionfan
●カテゴリ:ゲーム ネタ・ジョーク
✍キーワード:それから インパクト ダメ パズル パーティ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

1 ● SHARUL
●50ポイント

さっそく新しい問題が!わくわく。

ということで回答させていただきます。


> 「ワイン好き限定パーティに来ない? 1本ずつ持ち寄って飲み比べよ」

> 「私が参加していいの?」

> 「特例でOKにするわ」

これより

1.パーティーはワイン好き限定

2.私は特例により参加。

∴私以外はワイン好き…☆


また、

「ワイン好きならどんなワインでも好きだから、お気軽に」

⇔「1つでも好きでないワインがある人はワイン好きではない」(∵対偶)…※


以上、☆および※より

「好きなら○、でなければ×をボトル前の箱に投票。」

⇒「(私以外、)全員参加者は全てに○を投票する」


> 「すっごく。先月は私のワインが9票の○を集めて、堂々の単独一位よ!」

先月は特例の私がいないから全員のワインが9票の○を集めるはず

→「えっ・・・意外!」


> 「それはね、私のワインがNo.1だったから! 最初のインパクトが勝因ね」

> 「・・・最低点は?」

> 「F吉の1票。私の○が入っただけ。まあ彼氏だしさ」

以上より、メンバーは全員ワイン好きではない。(∵D菜以外はF吉のワインに投票していないことより明らか。D菜は、D菜のワインが単独一位であることより○を投票していないワインがある(ただし、D菜は自分のワインを一位にするため偽った投票をした可能性もある))


> 「・・・・・・今月のメンバーは?」

> 「顔ぶれは先月と同じだけど、2人はどうしても来られないって」


以上全てを総合すると、今月の「ワイン好き限定パーティー」もワイン好きはいない(または嘘の投票をする人がいる)。

∴「ワイン好き限定」も「特例」も嘘。


嘘をついてワインを持ってこさせて皆で飲もうとしている。

→「断じて嫌よ、この悪党!」

◎質問者からの返答

SHARUL様、おお、そういう回答もありましたか! 勉強になりました!!

こちらの想定とは違いましたが、みごとな答えになっていると思います。ありがとうございました!!

説明でいい忘れたのですが、理屈パズルは、主人公(B美)は、他人が「嘘をつく」という発想だけは、決してしません。

それを言い出すとすべてが嘘で片付けることも可能だからです。

ただ、今後はそのようにルール変更してもいいかもしれません。


2 ● ratbeta
●50ポイント

昨日に続いて参加させていただきます。

とりあえずキーになるのはD菜の次の発言でしょうか。

>「特例でOKにするわ」

D菜が「特例で」B美の参加を許可するわけですから、D菜はパーティの参加者が誰か決めることができるわけです。

次に、パーティのルールについてのD菜の発言です。

>「集まったワインに連番を振るの。それから一斉にNo.1のワインを飲んで、好きなら○、でなければ×をボトル前の箱に投票。先月は参加者が10人だったから、それをNo.10まで繰り返したの。ただ自分のワインだけは飲まないし投票もダメ」

ここから、「パーティの参加者はこれから飲むワインが誰が持ってきたものかが分かる」わけです。

これはきわめて重要なことです。なぜかといえば、

例えばD菜が持ってきたワインについて「×」を書いた参加者が居た場合に、

誰をパーティに参加させるか決めることができるD菜は、自分のワインを以降のパーティで一番にするために、

「×」を書いた参加者を次回から呼ばなくなるわけです。

後のほうで、D菜は、

>「半年ほど新しい参加者もいないし。どう? 来ない?」

という発言をしているところから、ここ数ヶ月の参加者は、

「どうすれば次回のパーティに来ることができるか」知っているわけです。

つまり、「</span>D菜のワインには実際の評価に関係なくとりあえず『○』をつける</span>」わけですね。

そういうわけですから、D菜のワインは当然「単独一位」になります。

# これはまあ、おそらくここ半年は毎回のようにそうなっているんでしょうが…そういう背景は置いておいて。

ここまでをB美は見破ったわけですね。ここまでを簡単に整理しますと、

D菜はワイン好きのパーティを主催している。

次回もパーティに参加したい参加者はD菜のワインに『○』をつける。

∵D菜のワインに『×』をつけた参加者は次回からパーティに呼ばれない。

ここ半年は、参加者全員がD菜のワインに『○』をつけている。

∴参加者の顔ぶれはここ半年同じである。

つまり、D菜は自分が賞賛されたいためだけにパーティを主催していたわけです。

というわけで、最後のB美の発言。

>「断じて嫌よ、この悪党!」

…と、なるわけです。

◎質問者からの返答

ratbeta様、これもとても面白く読んでしまいました。

説得力があり魅力的で・・・こちらの想定とは違う回答でした。

ということは、問題にミスがあったということを意味しているような気がします・・・。

(余詰め=別解 がたくさんある詰め将棋は駄作なのです)

もうこれを正解にしたいくらいです。ありがとうございました。


3 ● honey_orange
●50ポイント

B美の考えを推理すると・・・


半年ほど新しい参加者がいない

となるとパーティのメンバーは

半年間D菜のワインを飲んできた

メンバーは以前飲んだD菜ワインのインパクトが残っている

D菜に票が入る

今回の一位もD菜になる

B美の一位はありえない

「断じて嫌よ、この悪党!」


D菜のワインが毎回同じとして考えました(勝手にw)

ただこの推理だと

先月の参加人数が10人

今月は2人これない

最低点はF吉の1票

等の情報が活かせてないんですよねぇ

もうちょっと考えてみます

◎質問者からの返答

honey_orange様、ありがとうございます。

再回答なさっているみたいなので、コメントはそちらを読んで書きます。


4 ● nano327
●50ポイント

前回の理屈パズル、かすっていたんですね(汗)。

正解できず残念でしたが、面白いのでまた参加させてください。


B美の心の中を書いてみました。


D菜から電話が来た。

へえ、ワイン好き限定のパーティねえ。1人1本ずつ持ち寄って飲み比べるんだ。

でも、私、ワイン好きなのかしら?

「特例でOK」って何かひっかかる物言いね。

私のこと、ワイン好きじゃないと思っているのね。

ワイン好きの人はどんなワインでも好きだからって気軽に言うなあ。

前回のパーティは10人が参加したんだ。

でも、「ワイン好きはどんなワインでも好き」なんていい加減なことを言うD菜が持っていったワインが1位だなんて、意外だわ。

どうして1位になったのかしら・・・。

なるほど、主催者の権限で自分のワインを一番初めにみんなに飲ませたということか。

じゃあ、D菜は誰に投票したのかしら・・・。

え?彼氏ってだけでF吉に投票したの?

待って頂戴。

好きなワインに投票するってシステムじゃなかったの?

・・・その前に、どのワインがF吉の持ってきたワインか分かっていたわけね。

やっぱり主催者の権限を使ってるわね。

そうやって、自分に有利な方向に導いているんだわ。

今回のメンバーは前回と一緒なんだ。

ということは、みんなまたD菜の策略にひっかかりやすい面子ってことね。

半年も同じ面子でやっているってことは、D菜の策略にまんまとひっかかってるメンバーということ。

ということは、今回もまたD菜の狙い通りにことが運ぶじゃないの。

そんな出来レースになぜ私が参加できるの?

面白いって言ったけれど、そんなのD菜だけが面白いんじゃない。

自分の思い通りにことが運ぶのを面白がっているなんて、なんて酷いのかしら。


「断じて嫌よ。この悪党!」

◎質問者からの返答

nano327様、ありがとうございました。

ratbeta様と似た系統の解答であったと思います。

(D菜の出来レース説)

で、こちらの想定とは違ったのでした。

反省いたします。残りの方の解答を読むのが、ちょっと怖くなってきました・・・。


5 ● SiroKuro
●50ポイント

B美にD菜から電話がきた。

「ワイン好き限定パーティに来ない? 1本ずつ持ち寄って飲み比べよ」

パーティは、ワイン好きのみが参加できる(前提1)

「私が参加していいの?」

B美は、ワインが好きではない

「特例でOKにするわ」

特例ということは、自分はワイン好きかどうかにかかわらずパーティに参加できる

「どんなワインを持ってけばいいの」

「ワイン好きならどんなワインでも好きだから、お気軽に」

ワイン好きは、全てのワインが好きである(前提2)

「どんなパーティ?」

「集まったワインに連番を振るの。それから一斉にNo.1のワインを飲んで、好きなら○、でなければ×をボトル前の箱に投票。先月は参加者が10人だったから、それをNo.10まで繰り返したの。ただ自分のワインだけは飲まないし投票もダメ」

×は投票されない(前提1、前提2より)

「それって面白いの?」

○しか投票されないのに、なぜ面白いの?

「すっごく。先月は私のワインが9票の○を集めて、堂々の単独一位よ!」

「えっ・・・意外!」

なぜ単独一位になることができる?

「えへ。なぜか知りたい?」

「ぜひ」

「それはね、私のワインがNo.1だったから! 最初のインパクトが勝因ね」

つまり、○は一票のみ投じることができる、と。D菜が一番最初だったからみんな○を投票し、それ以降はルールに従い×を投票したことに。

「・・・最低点は?」

「F吉の1票。私の○が入っただけ。まあ彼氏だしさ」

D菜は「彼氏だから」という理由でF吉のワインに投票した→D菜はワイン好きではない。

「・・・・・・今月のメンバーは?」

「顔ぶれは先月と同じだけど、2人はどうしても来られないって」

その2人は参加できない。参加条件は「ワイン好き」。その2人は参加条件を満たしていないことが他の参加者にバレてしまい、メンバーから外されたのだと推測できる

「まあ!」

「半年ほど新しい参加者もいないし。どう? 来ない?」

ワイン好きではない人を、D菜はなお集める。仲間の誰かが一位になれば良いと仮定するならば、仲間が多ければ一位になる確率は単純に上がるから、D菜は、パーティに不正に参加して一位を狙う仲間を募っているのでは、と推測できる

B美は答えた。

「断じて嫌よ、この悪党!」


……2人は参加できない?以降、ちょっと自信ないです。・゚・(ノД`)・゚・。

◎質問者からの返答

「なぜ単独一位になることができる?」までは完璧でした。

しかしその後はちょっと違いました・・・。

こちらこそ申し訳ないです。・゚・(ノД`)・゚・。


1-5件表示/17件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ