人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【親のHPによる子供のプライバシーへの侵害】

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/18/news003.html
のような記事があります。
「ネット上にさらけ出した自分の過去を消すことは難しい」という問題提起記事です。

しかし、自分で過去に作成した記事で将来の自分が苦しむのは、
ある意味「自業自得」です。

ここで気になるのが、
「育児日記とかで、実名や写真付きでわが子を紹介するブログ・HP」です。

子供は、親バカ、いやバカ親のために、自分の意思に係らず
そのプライバシーを全世界にさらけ出しています。
その子が成人してから、当該HPを全て削除するのは不可能です。
(ウェイバックマシンもありますし)

子供のプライバシー保護のため、子供の実名入り・実写真入りHPを
規制すべき、というのは暴論でしょうか?

特に、子供の失敗談や、子供の発育の遅れ(例:言葉が遅い)に関する
エントリとか、私が子供だったら削除を要求しますね。

●質問者: itarumurayama
●カテゴリ:インターネット 生活
✍キーワード:Hp ウェイバックマシン エントリ ネット プライバシー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

[1]以前私が行った関連質問 itarumurayama

http://q.hatena.ne.jp/1152014711

親が子のブログの内容を知っているか?

子が親のブログの内容を知っているか?

を質問しています。


[2]考え始めてよい問題だと思います hnishiki

暴論かどうか、といえば、少し極論だとは思います。


ただ、インターネットなどの情報基盤が「将来的にもなくならない」という確信を持てる今となっては、自分とは違う人格を持つであろう「子供」について、おっしゃるとおり、より丁寧な考えが必要になってきていると思います。


[3]ある家族のブログ wintarsnow

法的に規制すべき、とまでは思いませんし難しいと思いますが、自主規制としてレンタルブログ業者等で注意を促してもらいたいな、と思います。

ある家族ブログ

http://garbage.web.infoseek.co.jp/pcp/honbun/blog/top_flameset_t...

のようになる可能性を考えると、とても怖いです。


[4]「私が子供だったら「親」を削除します」 sougetsu

と言うヒトも出てくるでしょうね。既に親の焼却処分を開始した元・子供達も出現していますから。

と言う観点から、私はご質問者の提言は、あながち「暴論」ではないと思います。ほとんどのヒトが考えもしない「視点」を提示していると思います。


親の意図と係わりなく、親からみると些細なことであっても、子供にとって大きな心理的インパクトになる出来事が必ず、生育期間中には発生します。過失・故意を含めて、これらを完全に防止することは困難ですが、まず、blogで自分や家族・知人を特定できる形で情報を出すことにリスクがあることを、広く認識してもらうことが大切だ痛感します。


[5]犯罪のきっかけにもなるのでは suikotei

子供の意思にかかわらず、親の勝手な判断によって

子供のプライバシーが不特定多数の目にさらされること・・・

中には「自分の子供なんだからかまわないだろう、何が悪い」

と逆切れする親もいるんでしょう。

プライバシーもですが、写真をさらすこと、ある程度、

住居が確定できる情報などが公の目に公開されることで、

犯罪に巻き込まれないとも限らないと思います。

育児系HPを見て、まず犯罪被害者になる可能性が

高くなるかもしれないのに・・・と思いますね。

まあ人のうちのことですから「他人にとやかく言われる

筋合いはない」といわれてしまえば、それまでですけど。


[6]法律はなじまないですね. chipmunk1984

プライバシーに対するガイドと教育を地道にやっていくしかないのでは?


[7]動機にもよると考えます Baku7770

親が子供の発達の遅れなどを実名で公開してしまった。動機は何でしょう?

最近見て感動した本の中に「1リットルの涙」のシリーズがあります。これなんかは、娘の日記を本にして公開してしまった。で、映画にもTV番組にまでなってしまいました。動機は娘の日記を読んで「人の役に立つ人になりたい。でも、病気だからそれは叶わぬ夢となってしまった」という気持ちを知って、これを公開したら人の役に立てると信じたからです。ただ死を待つだけの娘の夢を叶えてやりたいという親心です。

確かに、最近でも自分の欲望に従って娘とその友達を殺してしまった母親がいます。でも多くの親は発達が遅れているように感じたら、心配でしょうがない。医者にも相談し、近所の方や身内に相談してそれでも解らないからネットに公開することでアドバイスを求めているのではないでしょうか?

それが杞憂に過ぎなくて、大きくなってからそこを理解しないまま批判するのは間違いと考えます。


[8]>7 それには同意ですが tehi

「積み木くずし」みたいに本を出してしまったことによって家族の関係が壊れることもあるので

それがたとえ子供のことを思ってだとしてもやめといたほうがいいとおもいますね。


[9]>1 子は親が育てる wata-chan

同じ質問者さんかと思いましたw

結局子の価値観の根本を作るのは親だと思うんですよ。

だから将来「削除しろ!」と思うような子を育てる親は露出過多日記を書かないし、

平気で書く親は「そんな固いこと言わずに」と思うような子を育てる気がします。

要するに法で規制するような問題ではないと思います。今は。


[10]ガイドラインの作製も考慮すべき!? takodam

http://www.iajapan.org/rule/jinken2004.html

法的規制までは必要無いと思いますが、簡単なガイドラインはあった方がよいかもしれません。

「itarumurayama」さんのご心配はもっともな面もあると思います。実際に、子供が困ってしまった事例紹介などで、注意換気することは重要であると思います。


[11]>10 同感です SiroKuro

自分の公開している情報がどのような意味を持つかを知らせるだけでも、かなりの自制効果があると思います。

総務省などが音頭をとってくれれば最高なんですけどね……


ところで、TEPCO光のCMにて、祖父が孫の写真をブログで公開するという内容が流れていましたけど……

あれは危険すぎると思っていたり (^-^;;

真似するのも怖いですよね……。


[12]たとえば有名人や名士の場合は I11

有名人や名士であることを公開すれば、子どもにとっても名誉なことで、親の七光りのプレッシャーはあると思いますが、メリットもありますよね。

ということは結局、ケース・バイ・ケースということになるのではないでしょうか。

「ネット上にさらけ出した自分の過去を消すことは難しい」

それが子どもにメリットになる場合もあるし、子どもにデメリットになる場合もある。

どう判断するかは、その価値基準は当人にしか決定できないことですので、客観的に外部から規制したりするというようなことは、現実問題として難しいと思います。

ガイドラインや規約による規制というのは、私は望ましいことではないと考えます。

結論として、本人が「書けば生涯取り消しできない」ということを自覚して個人情報を書いていくしか無いと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ