人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

交尾の「尾」って、もとは何のしっぽのことだったのでしょうか?

●質問者: crisis-christ
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 科学・統計資料
✍キーワード:のし 交尾
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● batti55
●36ポイント

http://online.divers.ne.jp/photoessay/akumanojiten/ko.html

◎質問者からの返答

んー、「尾」自体に交接の意があるというわけですか。

とすると、しっぽの意味の方が後付けってことでしょうか?


2 ● aiaina
●10ポイント

http://ikimonotuusin.com/doc/186.htm


例えば爬虫類や哺乳類で尾はどこに付いているかよく考えてみましょう。

尾は「お尻から後ろ」または「後脚から後ろ」に付いているはずです。

つまり、お尻の穴から後ろがヘビの尾になるのです。

この穴は交尾器官も兼ねているので「総排泄孔」といいます

こちらが参考になりそうです

◎質問者からの返答

これは尾そのもの、交尾器官そのものの説明ですよね。


3 ● pinkatol
●22ポイント

交尾 - Wikipedia

交尾器は体の後ろのほうにあることが多いので、交尾のときには体の後ろの部分をくっつけ合っているように見えることから、交尾の名がある。

なので、何かの動物の尾というわけではないようです。

◎質問者からの返答

そうだとしても、古代中国かどこかの文人あたりが、何らかの動物なり昆虫なりが「体の後ろの部分をくっつけ合っている」様を観て、曰く「交尾」、としたのではないのでしょうか?


4 ● kubira711
●22ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1153358774#answer_form

トンボです

◎質問者からの返答

「交尾」って言葉にぴったりな交尾をしますね、トンボは。

御回答の証拠になるようなものはないですか?



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ