人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

音楽(ギター)の勉強をしたい。という友達がいます。彼は今大学2年生で理工学部です。忙しいようです。バンドにも在籍していましたが、学校との両立に悩んでやめてしまいました。

大学をやめて音楽の専門学校に行きたい。がそれは難しい話です。でも何か今できることってないんでしょうか。

夏休みに専門学校へ行くこともすすめましたが
お金がないからとあっさり却下。その時点で
お金がないなら学生ローンを組むとか、とにかく
やれることをやってみたらいいと言ってもみました。でもそれも却下。

大切な人なのでどうにかアドバイスをしてあげたい
のですが、私は音楽業界のことはよくわからないのでうまく言えません。

私自身はファッションをやっていきたいので、
デザイナーのお手伝いなどをお願いしてやらせてもらっています。お金はかからないし、もちろん給料もでませんが、勉強だと思っています。

彼にもそんなふうにお金がどうのこうのではなく
なにか音楽の勉強ができる場がないのか知りたいのです。

特にギターの技術を勉強できるような場所。機会。

少しでも知っている方、回答お願いします

●質問者: wadax2000
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:お金 アドバイス ギター デザイナー バンド
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● ヨネちゃん
●20ポイント

お金も時間もない状態ではなかなか難しいと思いますが、音楽専門学校やスクールが行っているオープンカレッジやセミナーに足を運ぶとうのはどうでしょうか。

http://www.an-tokyo.co.jp/new/cyu/taiken/index.html

http://www.kma.co.jp/summer2006/

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。彼に伝えてみます。


2 ● TomCat
●20ポイント

http://f38.aaa.livedoor.jp/~cybersp/canon_rock.html

URLはしばらく前に話題になっていた、

JerryC氏という人によるパッヘルベルのカノンの

ギターアレンジです。

どうです、めちゃくちゃかっこいいでしょう?

でも、この人、基本は完全に無視して弾いてます。

どちらかというとギターを楽器としてではなく、

ゲームのコントローラのように操っているんです。

驚くべき自己流なんですよ。

それが、この自由闊達な奏法につながっているわけなんですよね。

そんなわけです。

ギターってのは、先人の作品を奏でるクラシックギターならいざしらず、

ロックやPOPSのギターの場合、「勉強」なんてしちゃダメなんです。

型にはまって、自分の才能を潰しちゃうだけなんですよ。

ま、URLの人も、最初はジェフ・ベックなんかをコピーして

やってきた人だろうと思います。

そこかしこに、ジェフ・ベックらしい弾き方が見て取れます。

スタートは、やはり先人のテクニックを学ぶ所から始まっています。

でも、ある一定の段階に達したら、

そこからはひたすら「自分」の確立に入っていく。

「自分」を主人公にして弾きまくる。

弾いている自分が気持ちのいい音楽を追究していくんです。

教えられる勉強から、自分でテーマを設定した研究に移行する。

学問の世界にたとえれば、そういう段階に入る、

ということです。

そこからなんですよ。ギタリストの成長っていうのは。

本当にギタリストとして成長したいのなら、

一刻も早くこの「研究」の段階に入らないといけません。

基本さえ出来ていれば、それでいいんです。

人について勉強する必要なんてありません。

とにかく、ひたすら弾きまくること。

そして、どんな音でも、あ、これいい!!と思った音は、

全てギターで表現していくこと。

その繰り返しで、音楽性もテクニックも伸びていきます。

彼の音楽を本当に応援してやりたいと思うのなら、

その彼の音楽の世界一のファンになってやること。

それに尽きるでしょう。

彼は、あなたのために音楽を奏でます。

そこで、伸びていきます。

他には何も要りません。

自称ギタリストの私が言うのですから、間違いありません(笑)

ご健闘ください o(^-^)o゙

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。うまく彼に伝えたいです。


3 ● ayaneg
●20ポイント

やっぱり、夏休み中に音楽専門学校の体験入学へ行くのがベストでしょう。

なんせ、体験入学は無料ですし、教えてくれる講師の先生はプロの方です。

私が行っている音楽専門学校は、夏休み中の体験入学でメジャーアーティストを呼んでの特別講義もあります。

主要都市であれば、音楽専門学校も幾つかあると思うので、幾つかの学校をはしごするのも面白いんじゃないかと思います。

あとは、音楽専門学校でギターを勉強している人と友達になって、お互いの空いている時間に学校で教わったことを伝授してもらうとか。

でも、ギターの技術を磨くのは、誰に教わるかよりも、毎日5分でもいいからギターを弾くことだと思います。

◎質問者からの返答

なるほど。回答ありがとうございます。

はしご楽しそうなのでよいかもしれません(^^)


4 ● milk-2
●20ポイント

まずは独学でできます。

http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=20883706...

雑誌等(いまはDVDも付いてたりします)で勉強したり

教則本で勉強したり


しかしおそらく、彼は既に独学でギターの勉強をしていることでしょう

独学の難しいところは、演奏技術面での進歩が止まってしまったときや、音楽理論面でわからないところが出てきたとき、誰にも質問できないためにそのままになってしまったり、非常に遠回りをして解決しなければならなかったりするところなんです。


そこでお勧めなのはプライベートレッスン


音楽学校に行かなくても、楽器屋さんのスタジオや講師の自宅などで、一対一でのレッスンをしてもらえるところがたくさんあります。

プライベートレッスンのメリットは、疑問などがあればすぐに質問できるところです。独学だと遠回りしなければいけない道のりも、近道を教えてくれます。

ただし、問題点もあります。

それは、講師のレベルによって上達度に差が出やすいことなんです

これは講師を選ぶ段階で、すでにレッスンを受けている人などから評価を聞けると良いですね。講師選びは大切です。



ギタリストとして成長し続けるためには

演奏技術

音楽理論

この両方を鍛え続ける必要があります。


本気で音楽に、ギターに情熱を捧げることができたなら、どんな方法でも上達していきますよ。

彼を応援してあげてくださいね。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。伝えてみます。


5 ● bangucs
●20ポイント

私は、「人前で演奏すること」も重要だと思います。

ジャンルを問わず、音楽をやる以上、聴く人の存在は欠かせないと

思うんですね。

聴いてくれた人からの、いろんなフィードバックは、間違いなく

感性もテクニックも成長させてくれると思います。

「もっと感動させたい」「もっと伝えたい」という気持ちは、

そのために必要なスキルを習得するための、非常に強いモチベーション

になりますから。

時間もお金も無い、という事で、大変だと思いますが、例えば

ライブハウスでも、15000円程度の出演料で出演出来るところも

ありますし、路上で演奏する、というのも手だと思います。

バンドという形式にこだわらなくてももちろんOKで、ライブハウス

に一人で、ギターだけ持ってサンプラーをバックに自作の曲を演奏

する、なんて人もいて、カッコよかったですよ。

http://www.studio-revole.com/live/index.php

後は、やっぱり、毎日弾き続けること。ですね。

頑張ってください。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。すすめてみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ