人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【不動産賃貸、面積表示についてご質問です】
事務所のを借りようと思っているのですが、「契約面積」と、「実際の有効面積」が違うケースが多々見受けられます(共用面積を含めるかどうかで物件ごとに違うと言うのが理由らしいですが、その基準は家主ごとに違い不明確です)。
きちんと「契約面積には、共用面積が含まれます」と書かれている場合は問題ないのですが…、中には何も表示されず、実際図ってみたら契約面積よりもはるかに小さいと言うことも結構あるようです。
物件を借りる際の、相対的な比較対象として坪単価を非常に重視しているのですが、一般的に坪単価と言うと、「契約面積」それとも「実効面積」どちらをさすのでしょうか?
知っておられる方いましたら教えてください。よろしくお願いします。

●質問者: uhajii
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:不動産 契約 比較 物件 賃貸
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

[1]契約面積 kurukuru-neko

契約面積参考であてにならないので実測が必要

http://www.oj-net.co.jp/glossary/archives/2005/03/post_73.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ