人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: nobita_t
●カテゴリ:学習・教育 書籍・音楽・映画
✍キーワード:マイナー 小説 男性 読書 通勤時間
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 21/21件

▽最新の回答へ

6 ● bijyou
●13ポイント

同年代で、毎日、いちおう本は読んでいますけど、上にあげられているものや、名作と呼ばれるものはほとんど目を通していません。恥かしい話です(ほんとうはあまりそう思っていないけど・笑)。

丸谷才一と高島俊男、それにエッセイ、専門書、漢籍ばかりで、未読の小説はここ二年読んだ記憶がありません。

そんな毛色の変った人間の参考にならない四冊をお教えします。


■星新一『ボッコちゃん』

二十代なかばなら、たいていの人が読んでいるでしょう。

はたちを過ぎてから読むと、だいぶ印象が変わります。深いです。

また、若い作家で好きな作家にあげる人が多いです。

個人的には後期作がおすすめです。


■太宰治『桜桃』

太宰の作品なら何でもいいので、とにかく、古本屋で旧かなの文庫を探してください。

旧かなと新かなでは、読んだ場合のリズムがまったくちがいます。

個人的には、晩年の作品がいいです。『父』は爆笑しました。


■森博嗣『封印サイトは詩的私的手記』

有名ミステリィ作家のエッセイです。

思考がcoolで、ぼくたちの年代にあうように思います。

ことばづかいもおもしろいです。

小説は一冊も読んだことありませんけど。


■大塚英志『キャラクター小説の作り方』

そこそこ売れているように聞いています。

大塚英志は、ぼくたちがこどもの時にマンガの編集や原作に携っていましたから、その思考を知るのは決してむだではないように思います。

魍魎戦記マダラ知りませんか?ぼくはファミコンも買いましたよ。


全部文庫です。

うちにある、強いて言えばメジャーな本はこれくらいですね。不毛地帯です(山崎豊子はどうですか。『白い巨塔』とか)。

あとは、ローマ人の物語くらいですかね。あれは老若男女読んでいるでしょう。推薦図書に、この作品と『坂の上の雲』をあげるおじさんが多いです。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101098018/503-7271696-918951...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4167151111/503-7271696-918951...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4344404165/503-7271696-918951...

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4044191220/503-7271696-918951...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。かなり参考になります。

山崎豊子は未読です。

星新一は昔よく読んでましたがおっしゃるように今読むと印象違いそうですね。

太宰は学生時代によく読んでました。やっぱりあの時代の作家の作品は旧かなで読むのがいいというのは僕も思います。洋画の吹き替えと字幕くらい印象が変わりますね。

森博嗣は恥ずかしながら知りませんでした。

大塚英志・・・魍魎戦記マダラで思い出しました。なにやら怖そうで遊んだことありませんでした。

-----------

「本は人から借りろ」とよく言われてましてなんのことがわからなかったんですが、人に借りることで絶対自分じゃ買わないようなジャンルの本に出会えて、引き出しが増えるということなのかなと感じました。

マイナーな本でもいいのでじゃんじゃん紹介してください。


7 ● apple-eater
●13ポイント

共通の話題というなら、児童書を勧めます。

大人が読んでも面白いものをピックアップ。


話題の本で読み易いものなら

「ナルニア国ものがたり」

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り

  • 作者: C.S. Lewis C.S.ルイス 瀬田 貞二
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 文庫

子供のころ読んだとか、映画がきっかけで読んだとか多いでしょう。

なかなか、風刺とユーモアが効いた良品。


「星の王子様」

独占翻訳権が切れて、いろんな人が訳しています。

小さな王子さま

小さな王子さま

  • 作者: アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • メディア: 単行本

星の王子さま (集英社文庫)

星の王子さま (集英社文庫)

  • 作者: アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ Antoine de Saint Exup´ery 池沢 夏樹
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • メディア: Perfect

新訳 星の王子さま

新訳 星の王子さま

  • 作者: アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • メディア: 単行本

星の王子さま (平凡社ライブラリー (562))

星の王子さま (平凡社ライブラリー (562))

  • 作者: アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • メディア: 単行本

新訳 星の王子さま

新訳 星の王子さま

  • 作者: アントワーヌ・ド サン=テグジュペリ Antoine de Saint‐Exup´ery 小島 俊明
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • メディア: 単行本

こちらも、風刺とユーモアが効いた名作。


定番でシメときます。

「不思議の国のアリス」

ふしぎの国のアリス (偕成社文庫 2063)

ふしぎの国のアリス (偕成社文庫 2063)

  • 作者: ルイス・キャロル 芹生 一 Lewis Carroll
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • メディア: 単行本

「鏡の国のアリス」

鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)

鏡の国のアリス (偕成社文庫 2065)

  • 作者: ルイス・キャロル
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • メディア: 単行本


◎質問者からの返答

星の王子様は子どもの頃少し読んで、なにやら深そうな感じがした記憶があります。また読むべきですね。誰の訳が一番いいんでしょう。

ナルニアは映画になって話題だったので気になってました。

アリスも気になります。


8 ● apple-eater
●13ポイント

すいません。条件見落としてました。(ポイント半減で勘弁してくださいませ)

あと、小説以外ですね。えーと。


永六輔の岩波新書

職人 (岩波新書)

職人 (岩波新書)

  • 作者: 永 六輔
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • メディア: 新書

読みやすく、トリビア満載。


私は「朝日新聞」連載時に読んでました。

小池民男の絶筆となった作品。

古今東西の言葉のエピソードが

つまっています。

時の墓碑銘(エピタフ)

時の墓碑銘(エピタフ)

  • 作者: 小池 民男
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • メディア: 単行本

◎質問者からの返答

わざわざありがとうございます。

永六輔ですか。気になります。テンションあがってきました。


9 ● akira-a
●13ポイント

太宰治の人間失格、ドストエフスキーの罪と罰。

落合信彦の狼たちへの伝言、美輪明宏の紫の履歴書。

自分は読書が好きなので、知ってる限り沢山紹介したいところですが、他の人に「この本面白いよ。」って言われて読んで面白かったことってあんまりないんですよね。

最近自分は町田康さんにはまっています。

自分の好きな本は自分で見つけていくものです。基本的に。

http://tahoo.co.jpダミー

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ドストエフスキーは学生の頃から読まなきゃと思いつつ時間が過ぎてしまいました。人に勧めてもらうのも引き出しが増えてけっこう楽しいです。


10 ● sokyo
●13ポイント

こんにちは。

最近 流行の新書は目を通しておくと話題にはついていけるかも。

人は見た目が9割 (新潮新書)

人は見た目が9割 (新潮新書)

  • 作者: 竹内 一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 新書

他人を見下す若者たち (講談社現代新書)

他人を見下す若者たち (講談社現代新書)

  • 作者: 速水 敏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

このへんかな?

でもそういう新書ってだいたい(私の読んだ範囲は、ですが)

薄っぺらい内容しかない気がしています。

私が本当にすごいなあと思った新書は、

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)

  • 作者: 本川 達雄
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • メディア: 新書

とかかな?

この本は有名でもありますから、そういう点でおすすめですね。

それから、社会科学の名著は案外いいですよ。

孤独な群衆

孤独な群衆

  • 作者: デイヴィッド・リースマン
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • メディア: 単行本

例えばこの辺は現代社会の教科書に出てくるような名著ですが、

それほどむちゃくちゃ難しいわけでもないのでいい感じ。

ビジネス界の名著として、

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

  • 作者: エリヤフ ゴールドラット
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • メディア: ペーパーバック

これがあります。

…実は、私は読んだコトがないのですが(汗)。

文学では取り合えず

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

ハリー・ポッターと賢者の石 (1)

  • 作者: J.K. ローリング
  • 出版社/メーカー: 静山社
  • メディア: 単行本

これを押さえましょう。

ちょっと長いですが面白いし、話題性もあります。

その上で、例えば直木賞とりたての

風に舞いあがるビニールシート

風に舞いあがるビニールシート

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 単行本

なんかを読んでおくといいですね。

…と、話題性ばかりを重視して選んでみましたが、

自分の好きな本を好きなように読めばいいと、私は思っています(笑)。

◎質問者からの返答

おお、ありがとうございます。

ザ・ゴールは学生の時に教授に読ませられました。おかげでしったかぶりで経営を語れるようになりました。

確かに好きな本を読めばいいというのは僕も思います。学生時代のように時間があまり確保できずに、読む本のジャンルが狭くなっていくせいでいい本とニアミスするのはもったいないなと思って質問させてもらいました。


6-10件表示/21件
4.前5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ