人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昭和天皇の発言メモで話題となっている靖国参拝問題ですが、個人的には中国や韓国が、首相が靖国に参るたびに、がちゃがちゃ言ってくるので、追悼施設を別に作って、そこに参るっていうのが自然だと思うのですが、それでも首相が靖国に参ることのメリットって何なのでしょうか?選挙で右翼か何かからの票をもらってるからなのでしょうか?いつも靖国参拝のデメリットばかりが指摘されるのでデメリットについては理解できるのですが、メリットについてよく分からないので教えて欲しいです。

●質問者: doco10
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:デメリット メモ メリット 中国 右翼
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●0ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=113751

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1478368

自分に信念を持っているところが大きいのでしょう

◎質問者からの返答

個人的な感情のみで、外交問題まで巻き込んでいるとしたら首相はただのアホではないでしょうか?なにかメリットがなければ、たくさんあるデメットにたいして説明がつかないのでは?ってことでメリットについて聞きたいのです。


2 ● YasudaS
●35ポイント

首相を含めて、日本国国籍を有する者に対する信教の自由についてとやかく言われる筋合いはないわけです。

「首相が靖国に参るたびに、がちゃがちゃ言ってくる」...まさにそういう馬鹿げたことを相手にしないと言う憲法上の保障事項への譲歩がないことを諸国に知らせるというメリットがあります。

単純に言えば、「他所から無関係な事で理屈がない要求」を拒絶するという国家としての当然を示し、国としての独立を守るというメリットがあります。

もし、特定アジアのふざけた要求を呑めば、さらなる理不尽な要求(国境侵犯/資源横領/人権侵害)をしてくるのは明白ですので、それらの予防というメリットがあります。

つまり、つまらんヤクザの因縁に屈すると後々まで祟るというデメリットを回避する必要があるということです。

靖国神社に参拝しなければならない/してはならないという立法を行うのは、「日本国人である信教の自由」への侵害を容認することであり、さらなる我々が享受している自由への侵害を許すことになりますので、それを拒否するのは、国として当然のことです。

◎質問者からの返答

では、別に行く必要はなかったってことですよね?行ってしまった以上、他国に行くなって言われてやめると次から次へと他の要求まで飲まなきゃいけなくなると。始めから行かなければ、こんなことにならなかったのでは?とも思いますが。


3 ● aoun
●25ポイント

私もこの件については、何故昔から靖国の案件がかように推移しているのか詳しくない人間の1人ですので、是非私も教えて欲しいと思うのですね。何故かニュースを見ていても、核心的な部分を直裁に言うことが少なかったように思っていました。

ただ、、先般小泉さんがニュースで靖国について発言していた中に次の一言が混ざっていたのを耳にして、ハタと手を叩き、そうであったか、と思った経験があります。

「靖国に祭られている人は、国のために戦って命を落とした人だ。若い人も多い。なのにそれが、国家元首の祭祀すら受けず、放置されているようでは、今後の日本がどうなるか分からない。今後はもう二度と、国のために命を落としてまで戦おう、という人がいなくなるだろう」

つまり戦争というものを、ある程度予見すれば、国体の維持のため、或いは、通常の日本的墓参りとしての常識から言って、参拝しないということは、政治的感覚で言えば有り得ない、という主張や考えを基盤に、非常に長い年月の間、参拝を持続してきたのだろうかなと、私個人はそういうように考えました。

当然、こういうことを表沙汰立って叫べば、戦争回避、憲法問題、政治家として資質を逆に問われる、などなど、パッと考えただけでも沢山の問題が発生するだろうと、そんな風に考えているのかもしれないなあと、思いました。以上そんなところではないかと思うのですが、実際どうなのでしょうか?。私も、教えて欲しいと考えるところです。

つまり回答としては、国体維持上、政治感覚上、今後の長期的未来へ残す遺産、というのがメリットかと。実際いかがなのでしょうかね。

◎質問者からの返答

なるほど。初めから行かなければ、靖国に行け行けっていう圧力が発生したのかどうか知りたいですね。小泉さんは首相になる前から靖国参拝をしていたのだと思いますが、私は国のために死んで行った人に追悼の念と感謝の念など色々ありますが、靖国に参拝っていうかたちでしかそれを表現できないっていうのが不自然だと思いますが。


4 ● Lachesis
●25ポイント

「内政干渉してくんな。」

という意思表示が一番の効果だと思います。

今までは、特に中曽根さん以降が「中国、韓国様の言うとおりに致します、へへぇ」

って感じだったのが少しは変わったのかなぁと。

◎質問者からの返答

靖国参拝をして、わざと内政干渉してくんなっていう象徴的なものを作りだしたってことですかね?それとも行った以上、後には引けなくなったのか。前者と後者では全然意味が違いますよね。


5 ● JM6JSY
●25ポイント

財団法人 日本遺族会

日本遺族会に対して靖国参拝を続けると公約しています。

遺族会はそれなりの数の票に繋がりますからそこでメリットが発生します。


ココからはTVやラジオ等で識者の方々が言っていた事を自分なりに解釈した事ですが

公明党創価学会に対する意思表示も有るでしょう。

公明党が口出ししても譲らない部分は譲らないぞ

と言うパフォーマンスです。


あとは本人の信念というか心の問題と言うか

文句を言われてムキになっているだけだと感じています。

街宣車で意味不明なことをワーワー騒いでいる人たちに

「そんな事をして貴方たちに何のメリットがある?」

と聞いてもおそらく「信念」としか返って来ないと思いますが

其れと同じ事だと思います。

◎質問者からの返答

なるほど。そういうメリットもあるのですね。

結論は、首相は靖国参拝することにより、

?日本は中国や韓国の要求に対して何でも飲まないぞ、内政干渉してくんなよっていう意思表示の象徴的なものを作り出した。そのことにより、毎年参拝することで、毎年そのことをアピールできる。

?遺族会の票、公明党に対しての意思表示。

などのメリットがあり、さまざまなデメリットに対して、以上のようなメリットが上回るという政治的判断ってことですね。大体分かりました。なんかいつも小泉さんが意地になってるとか、そういう報道が多いので、自分のなかで納得いかなかったのですが、それなりに政治的な判断があるんだということが分かって、すっきりしました。そろそろ閉めます。ありがとうございました。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ