人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【はてな世論調査の準備】首相の靖国参拝について
お手数かけますが、以下のURL(私のダイアリー)を参照下さい。
http://d.hatena.ne.jp/nobita_t/20060722

日テレ世論調査(http://www.ntv.co.jp/yoron/2006_07/200607/index.html)の首相靖国参拝問題の項をベースとして、同じような主旨で「はてな世論調査」を実施したいと思っています。

そこで、設問文と選択肢の回答文を練ろうと思うのですが皆さんの力を是非お貸しください。

とりあえず「A級戦犯」「公人・私人」「政教分離」などのキーワードをどう盛り込むかに悩んでいます。フリートークでいろいろな意見を聞かせてもらえるようにいわしで質問します。

●質問者: nobita_t
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:A級戦犯 URL いわし はてな キーワード
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 52/52件

▽最新の回答へ

[1]A級戦犯の合祀・分祀の是非を問う NY505

やはり天皇の発言メモも出てきましたので、この点が一番の議論になりますよね。


[2]>1 それならば moaizo

今回のメモの信憑性も聞いちゃえ。信憑性はかなり高い

と、個人的に思いますが。今回のメモが小泉首相の参拝

に与える影響を聞いてみるのもいいかもしれませんね


[3]小泉首相の参拝について moaizo

?公式参拝

?私的参拝

?秘書などによる代理参拝

?参拝をとりやめる

という選択肢が考えられるでしょうか。8月15日に

参拝するべきかどうかも聞いてみるのもいいのでは?


[4]政教分離についての考えも質問に入れてほしいかも castle

公人と私人をどこまで分けているのかといった意識についてなどですね。


[5]どうも、きっかけの一つを作ったgoldwellです(^_^; goldwell

今のところ、出ているキーワードとしていくつか出ていますが、勝手ながら整理させていただきます。



本来、nobita_tさんとしては、前者についての調査を行いたいということですが、それには後者も切り離すわけにはいかない。

そこでまず「A級戦犯」の意味をちゃんと理解してもらった上で、靖国参拝をどう思うかと調査したい。


キーワードをちゃんと理解してもらった上での調査というのは大変素晴らしいものですが、そうしますと、更に欲が出てくるのですね。


うわぁ、とどまるところを知らないや、これは。

それぞれにリンクを貼るというのも手ですが、アンケートでは見てくれる保障は無い。

ある程度絞る必要があるかな・・・。


アンケート・人力検索を組み合わせた複数質問を行ってみるというのも手かもしれません。


前にこんな質問があり、こちらの質問者さんは結果をエクセルにしてアップしてくれて、参考になりました。

http://q.hatena.ne.jp/1134554223


[6]>2 あのですね goldwell

陰謀論やら真贋問題まで出てきて、波紋が広がっているようですが・・・。

その辺の議論はさておき、


万が一このメモが発端になって首相が参拝を取りやめたとしたら、結果的に天皇の発言(それが正式・非公式に関わらず)が国政の首長の行動を掣肘したとして、問題になると思うのですが(あ、これは特に公人参拝ならば、ですけどね)。

そういうことは望まなかった昭和天皇の意向に背く以前に、「陛下のご意向はこうである」と言われて国民の行動を縛るということで、それこそ戦前に前戻りですよね。

(この場合、小泉首相が"君側の奸"になるのかな?)


ということで、この際は問題にせずほおっておけばいい、というのが個人的な感想ですが。


[7]>4 すみません、どうやって分けるのかを訊ねるのに良い質問の形について聞かれているのですね(汗) castle

選択肢案をいくつか考えてみました。

Q:あなたはご自分で何教徒だと思いますか?

・無宗教

・仏教

・神道

・キリスト教

・日本教

・その他( )

Q:天皇は日本の象徴だといわれますが、その天皇陛下を敬うことは、宗教的態度だと思いますか? 政治的な公的態度だと思いますか?

・宗教的態度

・政治的な公的態度


[8]>5 分祀っていうことの意味は aoun

ちょっとその部分、私靖国については勉強不足でして。

すいません。


テレビでも雑誌でもWEBでも、分祀分祀と言っています。

現在までは合祀してきたわけです。

ところでですが、


国や県、市町村などの長(選挙でセレクトされるヒト)、その組織や職員、

当然行政府に過ぎず、政教分離の原則で言えば部外者の筈ですが、

ですので、もしかすると、靖国法、みたいな法があるんでしょうか。

靖国法?に向かって、みなさん、分祀せよと。そういうことなのでしょうか。

その点、いかがなものなのでしょうか。


[9]>8 すいませんでした、ちょっとだけ調べました aoun

間違ってないですよね?。

ある筈が無いのでしょうね。

この点、誰がこの議論をしているのか。

国民及びマスコミだけなのかどうか。

不思議な議論だと思います。

分祀すると決定するのは結局誰なのか。

世論なのか。

国民投票であるわけはないと思いますしね。

靖国神社自体は、宗教法人ではあっても、単なる神主さんですし。

(靖国法、間違ってたら教えてください)


[10]>5 難儀なことを言い出してしまいました nobita_t

首相の参拝の反対の理由として


私人としてなら参拝に反対はしないのか

そもそも現職の首相であるという立場上「私人」としての参拝という解釈は成り立つのか

靖国神社以外への参拝も全面的に認めないのか(墓参りなど)


なぜA級戦犯が合祀されているからいけないのか

対外的に見て問題なのか、それとも日本国民に対しての問題なのか

A級戦犯者が分祀されれば首相の靖国参拝に反対ではないのか

B,C級戦犯者が合祀されていることについては問題ではないのか

8月15日以外なら構わないのか

そもそも戦争を肯定するという意味はなんなのか

配慮とは具体的にどういうことを指すのか

「など」に含まれる国は具体的にどこか


などなど、考え出したらきりがないです…。何かいい方法はないものですかね。

ちなみに今話題の「天皇メモ」に関しては無視の方向で。メモの内容の真偽に関わらず何故ここまでの騒ぎになるのか全く理解できません。「あ、そう」とでも言っておけばいい場面であると思うのですが。


[11]>9 恐らく靖国神社次第 nobita_t

分祀するかどうかの判断は靖国神社が下すものであり、他の何ものもなんら強制権は持たないはずです。

私は首相の靖国参拝を政教分離の原則に反するとするのはあきらかに憲法の拡大解釈である、と考えています。


[12]>2 今回のメモは関係なし nobita_t

天皇のメモの真贋がどうであれ、ここまでの騒ぎになっていることが不思議でありまた違和感も感じます。

このメモに世論が左右されてしまうというなら、立憲君主制の崩壊の危機です。なので、goldwellさんもおっしゃっているように、このメモについては適当に流しておけばいいと思います。


[13]>3 ありがとうございます nobita_t

秘書による代理参拝というのは、一応公的なものなんでしょうか。私的な参拝といういいわけがどこまで通用するのかもよくわからないので、その点も合わせて質問してみたいと思ってます。


[14]>13 うーん moaizo

いろいろ選択肢がでてきますね。

?自ら参拝しても、「私的」と説明すればOK

?公設秘書ならOK

?私設秘書

?身内(妻・子など)

ただ個人的には公設・私設を問わず雇っている人を使う

のは、私的といいかねるように思いますが


[15]>12 飽く迄も余談ですが、 aoun

今、社会人の方々の何パーセントが、

昭和天皇の語録や日常についての知識を持っているのか、と言いますと、

私は殆ど知りませんが、大抵の方、特に中年以下の方は、

殆ど何も知らない筈です。


例えば、私の記憶では、

昭和天皇がどのような方であらせられたか、という逸話では、

島根県?か、長野県か?、に御幸された折柄、

もうかなりなご年齢であらせられたにも係らず、

それまでうな丼をお食べになられたご経験が無かったという逸話です。

(記憶違いならばすいませんが、趣旨としての話ですが)

昭和天皇はご内心でうな丼の味に感動めましたが、

お日頃の自制心から我々庶民のように自由に何でも食うと、

いう訳ではなかった、と。

昭和天皇は、ただ、

1杯だけお変わりをご所望なされたということです。

日頃の質素な生活が伺われる話か、と。


上記の逸話は私の記憶違いかもしれません。

しかし、昭和天皇の日頃のご生活やお心の有り様に関しては、

そもそも、

現代社会人のどれほどの人間がどれほどの知識を持っているのか、

その点ただイメージで報道を見ているだけでは駄目でしょうと、

いう点、1点留意せねばならないことかと思います。


靖国の一件如きのみをあまりに過大に考えることは、

返って昭和天皇に対する礼に反するとも言えましょう。

もっと色んなお考え、ご見識を持たれていた筈ではないでしょうか。


[16]例えば、ご参考まで aoun

人力検索はてな - 昭和天皇の発言メモで話題となっている靖国参拝問題ですが、個人的には中国や韓国が、首相が靖国に参るたびに、がちゃがちゃ言ってくるので、追悼施設を別に作って、そこに..

昨今このような質問がありました。


無論これは一方の方向から語ったものであり、

到底これだけでは当該スレッドのご質疑に耐え得るものではなく、

また、これが私自身の立場というわけでもないのですが、


以下不詳私の回答の写しですが、

------------------------------------------

私もこの件については、何故昔から靖国の案件がかように推移しているのか詳しくない人間の1人ですので、是非私も教えて欲しいと思うのですね。何故かニュースを見ていても、核心的な部分を直裁に言うことが少なかったように思っていました。

ただ、、先般小泉さんがニュースで靖国について発言していた中に次の一言が混ざっていたのを耳にして、ハタと手を叩き、そうであったか、と思った経験があります。

「靖国に祭られている人は、国のために戦って命を落とした人だ。若い人も多い。なのにそれが、国家元首の祭祀すら受けず、放置されているようでは、今後の日本がどうなるか分からない。今後はもう二度と、国のために命を落としてまで戦おう、という人がいなくなるだろう」

つまり戦争というものを、ある程度予見すれば、国体の維持のため、或いは、通常の日本的墓参りとしての常識から言って、参拝しないということは、政治的感覚で言えば有り得ない、という主張や考えを基盤に、非常に長い年月の間、参拝を持続してきたのだろうかなと、私個人はそういうように考えました。

当然、こういうことを表沙汰立って叫べば、戦争回避、憲法問題、政治家として資質を逆に問われる、などなど、パッと考えただけでも沢山の問題が発生するだろうと、そんな風に考えているのかもしれないなあと、思いました。以上そんなところではないかと思うのですが、実際どうなのでしょうか?。私も、教えて欲しいと考えるところです。

つまり回答としては、国体維持上、政治感覚上、今後の長期的未来へ残す遺産、というのがメリットかと。実際いかがなのでしょうかね。

------------------------------------------


尚ここでは質問者さんへの配慮から、議論というわけには

いきませんでしたが、

これに対して、

コメントを寄せられた方がおられましたので、それもご参照として添付致します。

人力検索はてな - 昭和天皇の発言メモで話題となっている靖国参拝問題ですが、個人的には中国や韓国が、首相が靖国に参るたびに、がちゃがちゃ言ってくるので、追悼施設を別に作って、そこに..


[17]>6 ということは castle

アンケート選択肢

Q:万が一このメモが発端になって首相が参拝を取りやめたとしたら、結果的に天皇の発言(それが正式・非公式に関わらず)が国政の首長の行動を掣肘したとして、問題になると思うのですが、あなたは今回の天皇発言メモを

・政治問題として論じるべきだと思う

・政治問題として論じるべきではないと思う

とい感じでしょうか。

あるいは、

Q:天皇発言メモを靖国問題と関連付けるとしたら

・国家の意思決定が君主的影響を受けたとして民主主義の危機と考える

・国家の意思決定における一部として天皇発言も包括し、民主主義の危機とは考えない

という選択肢もできそうかな。


[18]>15 そこはかとなく同意 castle

天皇といえば、右翼の街宣車や考えてはいけないものとして、庶民は触れちゃいかんみたいな教育というか空気の中で育ってきた気がします。

逆に、天皇関連の知識を漁る人は怖い印象がありました。

それをいきなり「天皇についての知識を持っておけ」と言われてるようで戸惑いのほうが大きいです。

下の世代ほどこの傾向は大きいんではないでしょうかね。


[19]>11 でしょうね aoun

政教分離と言いますと、長い争いの歴史があります。

例えば市役所を建設すると。普通庶民ならば、ここでさら地の状況の中で、神主さんを呼んで簡単にお祓いしてもらうと。こういうことは庶民であれば誰でもやることですが、市役所建設でこれを行って、そして行政適格の裁判になったりしています。

そういう政教分離に関する歴史は、日本には多いですね。

ですので、ご存知のように、当然公人の中の公人、首相が靖国に参拝すれば、政教分離論が巻き起こるわけですが、議論の段階ではむしろ言論の自由としましては、健全であるとも、そこはご存知のように、言えるのかもしれませんね。


しかしながらその中で、やはり、合祀分祀を誰が決定し実行するのかすらもまったく不明瞭の状況の中でも、ここまで大真面目に世論が発生するわけです。

分祀合祀を何故誰が決めるか、ということは、たとえ世間が決めたにせよ、それ自体が政教分離の原則に抵触する状況、つまり国会議員ですが、と言う議論もありえる話ですね。

乱文お許しください。


[20]>7 宗教に関して nobita_t

ありがとうございます。宗教に関しての意識や天皇に対してのスタンスというのも興味があるところです。いずれこういう質問もしてみたいと思いますが、今回はここまで広げてしまうと処理しきれなくなりそうです…。


天皇は一応普通の人ということになっているので、形の上では天皇を敬うことは宗教的な態度足りえないのではないかと思うんですが、実際のところの皆さんの意識はどういう感じなんでしょうね。


[21]>19 曖昧な決着という知恵もありますし castle

原理原則は確かにあるとして、日本人は原理原則に乗っ取った決着を好むだろうか、という問題もあるように思います。

政教分離は政治の大原則としても、その意味や論旨を問い返して国家的な総意として定着できるのか?

むしろ、まあ政教分離は原則かもしれないけれど……と曖昧な要素を残して棚上げにしながら複雑な関係のまま現実的に対応しておくといった選択肢もありえます。放置論などのその一種でしょうね。

こういった点を考えると、「合祀/分祀」「公人/私人」といった定義を公に決定するような定義論争を突き詰めて問題を解決するべきか、論争化自体を抑えて曖昧な領域としてとどめておくべきか、といった問題のように思えます。

前者が行えるなら理想的ですが、現実的には後者に落ち着きそうな気がします。(後者の場合は、外国からの圧力による対処が難しくなるというデメリットもありますが)

とりあえず、アンケートの選択肢としてはどちらの決着が相応しいかも調べてほしくありますね。


[22]>20 あ、なるほど castle

余計に話を広げてスミマセン(汗)

今回の件は結局のところ、宗教問題なのか、政治問題なのか、マスコミ問題なのか、論者のスタンスでどのようにも変わるのでややこしいなあと感じていますね。

私の意見としては今のところは、検証を怠り情報を政治問題化しようとしたマスコミ問題だと考えてますけれど、世論的にどういった傾向があるのかは気になったもので。

天皇については、法定義的に人間でありながら、日本における宗教的な部分を背負っているように思いますね。背負わされているといったほうが正しいかもしれませんけれど。


[23]>10 潜在的黒船という見方 aoun

今まで参拝とは、自民党けしからん、とか云々と。

ところが、竹島問題、中国の経済成長と軍事力近代化、

天然ガス田問題、対馬問題、北朝鮮に呼応するかに

見えなくもないかの如き中国及び韓国、

。。。全て軍事が直接的に日本と肌を接しています。

この点が、潜在的に黒船状態として靖国問題へ

集団意識のベクトルを向けさせしめているのかも、

或いはですが、しれませんね。

日本の議論は、しばしば、主格となる部分を棚に上げておいて、

周辺事項を喧々とやる、よくよく聞いてみれば、

何某かの主格たる問題点が実はあって、

それは直接語らなかっただけ、

そういうことがよくありますので。


まあ、軍事潜在論をいくら言っても、

これはこれで、軍事関係は空論の余地もあり、

分からなくも難しい話だと思うのですね。


[24]>11 「分祀」に関して参考までに(受け売りですが) goldwell

http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/a_class_bunshi.htm

こちらに興味深い内容の記事があります。


戦前からの国語辞典を順に調べていくと、現在マスコミで見られるような

「靖国神社からA級戦犯のみ、取り出して別の場所に祀る」というような内容での分祀の意味が登場したのは、昭和50年頃からなんですね(ちょうど、三木総理が中国に気を使って私的参拝などと言い出すようになった頃)。

まして『神道事典』に書き立てられるようなったのは、平成16年、小泉総理の靖国神社参拝への内政干渉が苛烈になってきてからなのだそうです。


どうも今騒がれている「分祀」とは、中国・韓国に配慮して、一部の日本人から言い出したもののようなのです。


本来、「分祀、分霊」とはある神社で祀ってある神体をいただいて、別の神社でも祀る。でもその場合、元の神社の神体は無くなることはない。全国に稲荷神社があるのがいい例ですね。


だから、靖国神社としては、最近言われるような「分祀」は問題外なのではないかと。

もし今後、世論からの圧力が強くなったらどうなるかわかりませんが。

元々の意味での「分祀、分霊」ならば結構なことかもしれません(笑)


うーむ、どうも日本語って本来と違う意味でも、騒がれ一人歩きし始めると、何時の間にか定着していくってこと多いですね。


[25]>10 確かに goldwell

手を広げればどこまでも広がっていきそうな問題ですねぇ。


私なんか別に専門家でも何でもない、ただの歴史好きな一個人ですが、まだまだ知らなきゃいけないことが多すぎます。


この問題をきちんと整理する意義として、ただマスコミ・Web上の情報を受身で取るだけでなく、自発的に調べるようになるきっかけになればいいなぁと思うのです。

それだけに発案者のnobita_tさんの苦労は並大抵ではなさそうですが・・・。

さいわいこちらで、aounさん、castleさん、moaizoさんのような方もいらっしゃったし、私もない知恵を絞ってもっと考えてみますね(回答上限が20回と嬉しい設定なので)。


[26]>25 これはなかなか、 aoun

?公人・私人・政教分離の原則として適当

例えば公人・私人の区別などで言いますと、名誉毀損裁判なんかでさえ、

公人と言えるから名誉毀損にあたる、とか、私人と言えるからあたらない、

などなど裁判でも長きに渡って判事が論点になっているわけですよね。

ですので、まずこの1点だけでも難問と言えましょう。

さらには、以下は飽く迄も私の見るところですが、

長きに渡って政権を持った党は、

この公人・私人の論を逆手にとって、参拝してきたわけです。

逆に、これを極めて極端に言えば、自衛隊と同じような感覚が、

どこか、どこかしらにあって、憲法違反云々なんですよね。

行政府の高度な政治的判断、ってことなんでしょうか。

押し通して来たわけです。

その辺がつまり、

首相はお正月に初詣は許されるのか?なんて、

ことと同じことなんでしょう。

結局本気でこの辺を裁定しようというならば、

報道の狭間で参拝に関して言及し、その上で参拝云々、

このあたりの態様をして実質的にいかがか、とか。

そういうことなのでしょうか。


?A級戦犯・合祀・分祀

A級戦犯という人達ですが、

まあ当然これは米軍による裁判みたいなもんでしょうから、

ただ、それを振り返って今、自国民が、

A級戦犯と呼ばれる人達をどう評価するのか。

確かにA級戦犯なのか、いや、そもそも戦犯ではないのか、

処罰に値したのか、いや、処罰には値しなかったのか、

周辺国からの内政干渉以外にそういう視点もありかと。

分祀するのか、どうか。

ただ、神社は神様ですから、それが、

犯罪者であるならウチの神社ではそんな悪いやつは入れない、とか、

犯罪者でなく英雄だからぜひウチの神社に来てくれ、とか、

そういう現世的欲望云々を行うのも、これまたいかがかと、

いう視点もあるのかもしれませんね。もしかすると。

例えば、靖国が、国のために戦って死んだ無垢の若者達、

国体として戦没者をどうトリートメントしていくのか、

放置は出来ないという視点、

であれば、A級戦犯はどうすべきか。

同じところに祀るのか、と、いう論もあるでしょうね。

実際A級戦犯に挙げられた方々は、大の大人ですが、

その全体主義の指導の中で、もう天文学的?な無垢の子供や女子が

無残に程があるような形で殺されてきたのは事実ですしね。

しかし上述のように、逆に言えば、神様が差別するわけに行くのかどうか。

A級戦犯の方々にも遺族がおられ、今現在の利害もあるわけですし。

当然ご指摘のようにB級C級はどうなのかと。

これも難しい話です。


?内政干渉

中国の言い分は全く論外であるわけですよね。

一方では、靖国→日本軍事大国化の懸念。

一方では、中国が軍事大国化。ウン年後は日本は属国と言うと。

さらには、中国の潜水艦が、沖縄近海の日本の潜水艦の哨戒網を、

突っ切って太平洋側に出て、日本の太平洋側をぐるりと回って、

挑発するわけです。軍の独走が何を見ているか、不安定な気もしますね。

日本の潜水艦数隻が領海侵犯後から、ソナーをずっとカン!カン!カン!カン!です。

ソナーはロックオンの意味ですが、中国潜水艦は気にせず侵犯して返っていったと、

いうことですね。このぐらい後進国的性質を持った国ですから。

いや、日本が平和ボケなんだろう、とか、いや逆に、あの国は危険ではないよ、とか、

いろんな議論が有り得る中で、

靖国についても、要は、日本が国内でよくやるタマムシ色の解決ですね。

これを異民族がタマムシ外交を現に受けてきたわけではないかなと思います。

その中での、結局内政干渉なわけなので、

これもダイレクトにリフレクションを心配すべきなのか、そうでないのか、

実効的な点は難しい話のではないかなと。


[27]A級戦犯【戦争責任】のレベルにも大きな差があるように思います。。 takokuro

A級戦犯として

外務省白鳥をブレーンにした松岡外相が取った強行外交で、折角!英米大使らがハルノートを取り付け戦争回避できると、陸軍でさえ胸を撫で下ろしていたのに、、それを叩き壊して、ヒットラーとスターリンとの自分が作った同盟を強行した結果の戦争とすると、、

A級戦犯にも、職業的に軍人として政府の命令に従ったA級もある!!ということです。

これは、A級戦犯軍人の遺族の悔しさ、彼らも戦後の国家政策に裏切られた被害者と言う面があるのを思います。。

政治をオモチャにする、、自我に潜む個人の【権限欲】やカリスマを求める【虚栄心】、、つまり独裁への欲望が如何に危険で、たった!一年足らずの思考でその後の国民が60年以上も国内でどんなに頑張っても、結局は大きな矛盾を内包してるから、外交で手痛い仕打ちをうけ、強国?宗主国?に働いても働いても搾取され続ける、内政干渉されるから国民の意思決定や表現部分を抑制したり、情報コントロールし、骨太どころか!$金融システムと石油高騰で経済システムを骨抜きにされてしまう。。

それに国民が気付かないよう、【教育】に手をつける。。(太田知事!公立高校を貴女は真っ先に手をつけましたね! それ程まで困ってるなら、海外の地震見舞金は府民の税金でなく、自分のポケットマネーでしなさい! そうして、テレビで報道されるのでしたら納得します!)

他府県が私立優勢のなか、大阪の公立高校は共産党の黒田知事が狭い視点で平等を持ち出し、結果、日本全体で見ると、下がってしまいましたが。。


[28]>10 今日のアンケート(2件) goldwell

id:itarumurayamaさんがこんなアンケートを実施していたようです。

惜しむらくは母数が少ないことですね。

当質問においては直接の関係はなくなった件なので「あ、そう」で流してください(^^

question:1153712432

question:1153713213


[29]日本の問題として考える為の提案 goldwell

nobita_tさんが取り上げた日テレ世論調査には、「中国、韓国などの反発にも配慮すべきだから」という回答が過半数を占めますが、どうなんでしょう。ちょっと推測してみますと、

おそらくいろんな日本人的気質もあって、外国(といってもほぼ中・韓に絞られますが)への配慮という考えは、人によって温度差はあるでしょう(当然、内政干渉・国内問題だから無視すべきという意見もありますし)。

このあたりが複雑なのは日?中&韓という構図でなく、日本国内でも、反日・嫌中韓・そのいずれでもない派と入り混じっている(まぁそうやって自由に意見が言えるのが、中国と違って民主主義の国の良さですけれど)。


この際、外国への配慮というのを思い切って切捨て、国内問題として「日本人としてどう考えるか」というテーマに絞ってみるのも一つの方法かと思います。

だって、そもそも葬祭に関する思想・行為って国・地方で独特に育まれた文化じゃないですか。いくら説明したって、文化の違う他国の国民から理解を得るのは難しい。

たぶん宗教に対して常識的な考えならば、理解できなくても他国の文化を踏みにじる行為は避けるでしょうけどね。あ。自国の国益が勝る場合は、踏みにじる場合もあるか。


先にaounさんが挙げられた質問におけるmaxthedogさんのコメントから引用させていただきますが、

前の戦争について思想的な総括を行って来なかった日本の宿題です。この部分については戦後処理が済んでいないのです。

とあります。

まずは日本人の中で歴史を振り返り、考え直す事が第一だと思います。その為の契機となる質問になれば、というのが私の考えたところです。


[30]>29 前提の補強をすこし。。。 aoun

特に若い方なんかそうなんじゃないのかなと、思うのですが、

「なんだよウザウザ言っても結局さあ、軍事関係だろ?、北のミサイルだろ?」

などなど、「内政干渉、無視してりゃいいだけ。」

で、やはり終わってしまう雰囲気もあると思いますし、

その点なにか最終的とも言えるかのような、その部分について、ならばまずはそれ。

最初に、それを、まず最初に、あらかじめ、補強しておけばですね、

もしかすると、より良いのかもしれないなと。

ということで昨今TomCatさんとmaxthedogさん、takokuroさん、ほかの方々が

議論されていますので、補強用参照としまして、ご紹介させて頂きます。

人力検索はてな - 日本が日米安保に頼らず国防を担うとすれば、何が必要ですか? また、どのぐらい軍事費が必要ですか? ここでは、 * 兵器は輸入はできるとします。 * 憲法第9条の制約は考..

人力検索はてな - 日本が日米安保に頼らず国防を担うとすれば、何が必要ですか? また、どのぐらい軍事費が必要ですか? ここでは、 * 兵器は輸入はできるとします。 * 憲法第9条の制約は考..

こういう部分も視野に据えましたと。なるのかもしれないなと。


[31]>30 バランスが難しいですね goldwell

「なんだよウザウザ言っても結局さあ、軍事関係だろ?、北のミサイルだろ?」

などなど、「内政干渉、無視してりゃいいだけ。」

で、やはり終わってしまう雰囲気もあると思いますし

確かに。当質問とか、挙げていただいたいわし質問にて議論したり、ウォッチして読んでいるユーザーを除けば、多くは真面目に考えること自体面倒という雰囲気ありそうです。

過去の事なんてどーでもいーじゃん、今がよければ。それより「いわし」使いづらいな。あと最近、回答の質落ちたぁ?みたいな。


小難しい言葉を並べて敬遠されたり、適当な回答しか来ないのは避けたいですが、かといって説明不足による誤解も避けたい。

簡潔にして要領を得る内容にせねば・・・。うーん・・・。


[32]>30 回答の質…↓ aoun

落ちております。ご指摘の通りです。↓

申し訳御座いません。

(やはりちょっとこのいわしでは)

かくなる上は、自らいわし関係重いものは蟄居閉門ものです。

m(._.)m


[33]>32 takokuroさんのスレッドでも… aoun

国内食料自給率の件回答させて頂いたものの…

やはり精度不足はあまりにひどく。

かくなるうえは、切腹、うっ!

m(._.)mウウ…

介錯は自分でやります、ブンッ!!


[34]>33 失礼致しました。 aoun

尚、takokuroさんの方にもその旨ご申告させて頂きました。

誠に失礼致しました。(嫌味ではありません)

人力検索や軽いいわしの方で、またお目にかかれることを楽しみにしております。ここは遠慮させて頂くのが宜しいかと思います。

人力検索はてな - 今は無くなって(消えて?)いたとしても、【本来、人間社会はこうあるべきである】という大前提を列挙してみて下さいませんか? 特に!ここ10年、あまりの目まぐるしい社会..


[35]>4 公人と私人との混合・・これが小泉公明党政権の真髄であり、強みでは。。 takokuro

政教一致というよりは、【教】を最優先にした【政】と言えるかもしれません。。


[36]>32 あ、ちょっとお待ちを・・・ goldwell

いえね、回答の質云々は例で・・・

誰の指してというわけでなく・・・

どこかで誰かが書いていたような気がしただけで・・・

(そんなこと言ったら私だって人のこと言えません)


まだ回答上限に達していないし、まだまだaounさんの出番はあるはずですよ?


[37]みなさんありがとうございます nobita_t

たくさんご回答いただきましてありがとうございます。ただいま仕事が立て込んでおりまして、また明日まとめて返信いたします。

そしてaounさん、のっかりありがとうございます。大事に使わせていただきます。


今回の件に関しては、私も全く専門家ではなく、いろいろな人の意見を聞いたり、はてなでプチ世論を調査してみたいなというただの好奇心からのスタートです。皆さんにいろいろと教えていただいて感謝しております。こういう機会にいろいろと深く考えてみたいと思います。


[38]>24 興味深いです nobita_t

そもそもなんで「A級戦犯」「分祀」というキーワードだけが一人歩きしているのかということをまずまとめておかないといけませんね。靖国に奉られている戦犯者がA級だけではないにも関わらず、なぜB,C級戦犯については大々的に分祀論が出ていないのかということまで掘り下げないといけませんね。


[39]>28 これはこれで突き詰めてみたい nobita_t

メモ問題はメモ問題で突き詰めてみたいですね。今回のこういう問題がここまで大きくなるということを考えると、そもそも立憲君主制という考え方自体に無理があるんでしょうかね。ちょっと前に話題になったタイ国王の「俺を政治利用するな」発言を彷彿とさせます。


[40]>21 対外的に論理的に説明できればいい nobita_t

>むしろ、まあ政教分離は原則かもしれないけれど……と曖昧な要素を残して棚上げにしながら複雑な関係のまま現実的に対応しておくといった選択肢もありえます。放置論などのその一種でしょうね。


憲法で信条・信教の自由が認められている以上は内閣総理大臣という立場にあっても何かの宗教を熱心に信じることを禁止するわけにもいかない以上は、政治行為のどこかに宗教が影響する可能性を一切排除できないわけで。実際にはこのような選択肢に落ち着いてるんでしょうね。

対外的な説明さえ論理的にできれば、別にその中身は「なんかそんなような気がする」という感情論がスタートになっていても問題はないような気がします。

以下心の声ですが、お隣の国は日本人の心の中まで完全に否定して隷属させたいようなので、なにをどう説明しようが最初から説明を聞く耳を持っちゃいないんでしょうが…。


[41]>21 対外的に論理的に説明できればいい nobita_t

>むしろ、まあ政教分離は原則かもしれないけれど……と曖昧な要素を残して棚上げにしながら複雑な関係のまま現実的に対応しておくといった選択肢もありえます。放置論などのその一種でしょうね。


憲法で信条・信教の自由が認められている以上は内閣総理大臣という立場にあっても何かの宗教を熱心に信じることを禁止するわけにもいかない以上は、政治行為のどこかに宗教が影響する可能性を一切排除できないわけで。実際にはこのような選択肢に落ち着いてるんでしょうね。

対外的な説明さえ論理的にできれば、人間はコンピュータのような論理機械ではないので別にその中身は「なんかそんなような気がする」という感情論がスタートになっていてもなんら問題はないような気がします。というかそうであるべきだとすら思います。

以下心の声ですが、お隣の国は日本人の心の中まで完全に否定して隷属させたいようなので、なにをどう説明しようが最初から説明を聞く耳を持っちゃいないんでしょうが…。


[42]>14 結局反対したい人はなんでもいいから反対 nobita_t

首相の靖国参拝が公的なものであるから反対だ、とする人は首相がプライベートで私的な参拝である、という立場を明確にしたとしても結局「国の政治的リーダーが私的であれ靖国参拝などけしからん」と言い、A級戦犯が合祀されているから反対だ、とする人はA級戦犯が分祀されてもB級が、C級だと言い、周辺諸国への配慮が必要だ、とする人は中篇諸国が何も言わなくなっても「そもそも靖国参拝は戦争を美化する行為である」と方針転換をし、・・・という感じで何が何でも反対ということなんでしょうか。それを言っちゃおしまいですが。

ただ、この問題を考える際には公的・私的に関しては避けられない問題ですね。


[43]>27 確かに「罪の重さ」に違いはある nobita_t

それこそ「A級戦犯」の中にも「Aクラスの重罪」「Bクラスの罪」というような罪の重さの違いはあるはずです。なぜ「A級戦犯」のみが焦点になっているのか、という視点が一般的に抜け落ちているのが問題であるように思います。新聞にでかでかと「A級戦犯」と出てくると「C級戦犯」と出ているより言葉の上でインパクトがあるので、A級以外はどうなの?という視点がどうしても後回しになるのはわかります。

後々B,C級を議論の中心から微妙にはずそうという意志があって、国際軍事裁判所規約にABCという言葉を選んだのではないかと勘繰ってしまいます。takokuroさんがおっしゃるように『国民が気付かないよう』という意志がどこかにあると疑ってかからないと損ばかりです。


[44]>37 自己レス nobita_t

新聞やらなんやらの世論調査を見るたびに、設問文の書かれ方もチェックしないといけないのですが、選択肢の順番がなぜそういう順番になっているのかということが気になるのです。アンケート方式なんかは選択肢の順番が変わるだけで結果が大きく変わるということが往々にしてあるわけで、なぜそうなるかというと自分自身の考え自体に自信を持てていないか或いはよくわからないからなんかわからんけどそれっぽい選択肢を選んでおこうという心理が働くのではないのかなと思います。だからこそ、その「それっぽい選択肢」をどれだけ「それっぽく」作るかということに調査実施者は骨身を砕くわけです。


仕事柄多くの子ども達と接する機会があるのですが、経済、社会、政治に全く無関心な子どもが増えているのが手に取るようにわかってしまうような現状です。別に自分がそんなこと考えなくても賢い誰かがやってくれるだろう、と。それより今楽しいことやろうよ、と。みんながそうなってしまえば、その「賢い誰か」の思うとおりに国が動いていってしまいます。いかに社会が作為にあふれているか、ということを子ども達に伝えて、能動的に社会と関わっていって欲しいなと思ったのが、今回のきっかけです。

とはいえ、それとは別に今回の件は私の好奇心によるところも大きいのも事実であるので、なんとかうまくやってみたいと思います。


[45]>18 疑うときりがないですが nobita_t

右翼の街宣活動ですが、「右翼の人→怖い人→右派的な考えは怖い考え」というイメージを子どもの頃から植えつけるために一部の左派が先導しているような気がしないでもないかも。


話は変わりますが、いろいろな史料を調べてみると、昭和天皇は激動の時代を生きつつも、当時の日本人の中では一番冷静であったようにも感じます。だから私は昭和天皇の人となりをそれなりに見るべきものがあると考えているので、今回のメモに関しては「一人の人間」として「ああ、そうなんだ。そうなんだろうな」と思うこともあります。これを「天皇の意見」という視点で見ると、今の世論のブレようには違和感を感じますが。


[46]>16 その通りだと私は思います nobita_t

なぜ靖国参拝するのか、というスタート地点は、「なんとなく行かなきゃいけない気がする」というような感情論でも全然問題はないと思います。対外的になぜそうするのかということを、後付の理由だろうが論理的にきっちり説明できれば問題ないはずです。そこをうやむやにしてきてしまっていて、収拾がつきにくい状態まで来てしまっているのが問題ですね。何が問題なのかも分からなくなってきているので、参拝反対の理由が多岐に渡っているんでしょうね。


[47]>44 はてなアンケート goldwell

アンケート方式なんかは選択肢の順番が変わるだけで結果が大きく変わるということが

(中略)

をどれだけ「それっぽく」作るかということに調査実施者は骨身を砕くわけです。

はてなアンケートには、不特定多数の人に気軽に聞ける便利さがある反面、その結果にはどれだけ信頼できるかという懸念もありまして・・・。

そのことについて、かつて私が前に行ったアンケートについて言及したことがあります。

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20060617

とりあえず質問文による条件付け(○○の人のみお願いします、みたいな)はやめた方がいいです。


おっしゃる通り、いかにそれっぽい選択肢を練るか、ですね。

以下、アンケートの際にこれは気を使ったほうがいいかな、と思う点です。


[48]>42 個人的には moaizo

何が何でも反対っていう人はいると思いますよ。ただそれはそれでいいのでは。「私的」という説明が配慮になるか、がポイントでしょうね・


[49]遠い未来を思うに… aoun

なるほどいろいろと議論があり感心しております(切腹したのではという意見もありますが)。ただ一つ遠い未来を思うと、ふと思い浮かぶことがあります。

例えば大昔。

安土桃山時代の前段階に、毛利元就や、武田信玄の父親の武田信虎・今川義元の父親の時代の戦国時代、ついで、前述の安土時代・そして、元和偃武を迎えますが、、、その後はというと、安定した江戸幕府の統治時代が長く続きます。さらにその後、享保年間徳川吉宗の時代には、未だ、戦国時代の気風や人材が随所に残っていたと思います。つまり構造疲労、制度疲労は無かったわけです。享保年間は例えば昭和バブル時代のような時代でもありました。

さて、その後天保時代は長きに渡る慢性不況の時代だったのではないかなと思います。この頃にはもう既に、幕府組織の制度疲労が存在していたのではないかと個人的には考えております。

さて、さらにそのまま制度疲労が長々と続いたときに、黒船の到来なわけですね。もう既に、あれほど強大を誇った徳川家も、ほぼ体制を外形的には維持したまま、本来家康によって設計されたはずの機能性能を、もはや少しも果たしませんでした。戦国時代には考えられないような柔軟性に欠ける考えで異国政策をしたと私は考えていますし、実際問題、薩長土肥による進軍も、殆ど阻むことが出来ず、その様相は、国の統治のために設計された家康の設計図で言えばおおよそ理解不能であるほどの酷さだったとも思います。つまりは制度疲労です。制度疲労・構造疲労が長く維持され、その圧迫の下で長い間耐えてきた力は、外圧を契機に爆発します。

このような例は世界中に山のようにあると思います。

個人的な考えですが、

今現在の時点で、戦後に打ち立てられた体制もその成長の頂点を迎え終わり、長期低成長・慢性不況・制度疲労の時代を迎えているように思います。

昭和の田中角栄の時代などは、文官田中角栄も衆目を集めるパワー(悪事を働きましたが)、そういう説得力は、一方では現に時代の雰囲気の中で、存在したわけです。憲法違反の自衛隊を設立したりもした。是非はともかく、少なくともそういう人間的能力があった。そして、当時の官僚も、当時の財界人も、そして、当時の民衆も、一つの同様のパワーというものを持っていたのではないでしょうか。それが、やはり最終的には国の世論を動かすパワーとなり、流れが大河的に流れていたと思います。

しかし、今現在そういうことはありません。上級省庁役人の大多数は保身と財界転身のみを考えて、まるで三国志に出てくる漢王朝の宦官のようなイメージを醸し出しているように、個人的には見えます。政治家は、パワーどころか、二世三世のお坊ちゃま世襲政治家です。財界人も若手が台頭していますが、これは経済専門の方向へ向かっているように見えます。

社会の管理社会化も進み、一方では、安定低成長・衰退の時代でもあると思います。子供の教育現場ではイジメの問題が発生し、その陰湿さ、明るさの無さ、元気の無さは、既に管理社会のそれであると私は見ています。そもそも管理社会化ということは、やはり、民衆の頭の上に立って、民衆を厚い雲で押さえつけている大きな分厚い雲がある、ということです。そのぶ厚い雲が腐ってるというイメージ、低成長でどうにもならないなあと、そういう天保以降の江戸時代的イメージ、政治的構造疲労、制度疲労、こういう中で、外威を恐れなければならなくなった、という時に、おおよそ有り得るパターンは、歴史的には革命ですね。

ただ、今現在の民主主義は史上でも比較すれば優れたシステムではありますので、やはり民主主義の原則とは、法の予定した小さな革命によって、社会が常に新陳代謝をして、常に構造疲労を払拭する、ということにもあるのだ、と思います。

ですので、そういう意味においても、昨今の中国・韓国・北朝鮮の動きがもたらす脅威というイメージ、これをマスメディアなどの報道が健全に機能する、そういうことによって、リアルタイムで靖国の問題などが国民に伝達されて、議論になる、、、こういうことは微力ながらも、それでもしかしながら、本来的に非常に望ましいことだと思うのですね…。


[50]>49 見事復活されましたね goldwell

昔の大陸国家に見る帝国体制の政治腐敗・体制疲労などというものは、数百年単位でまわっていたわけですが、現代は何もかもターンが短くなってきていて、それがちょうど50年くらいなんでしょうかね。


幕末でいうと、いわゆる当時の一級の教養・待遇があった層(幕府旗本・譜代・大藩上層部)より、「尊皇攘夷なんてよくわからないけどカッコイイから、脱藩して一旗あげてやるぜぃ!!!」みたいな若い連中が熱いエネルギーを持って時代を動かすきっかけになったのかもしれません。


そう見ると、未だ外国の意向を伺う某新聞を始めとする大メディアより、ネット上からの小さな意見が大きなうねりとなって時代を変えていく流れになるのかなぁーなんて思っちゃったりして!


[51]天皇を崇拝する神社 aoun

補足であり、当然皆さんご存知かもしれませんが、一度私が疑問点を提示させて頂いた件なんですが、これは要するに、一説によれば、天皇の意向、しかも昭和天皇の意向ということ、つまりは、天皇つまり昭和天皇のために存在した神社・靖国神社に対して「おまえ今のままで良いのか」と、直接的に物申す、ということを意味する、ということなのでしょうね、実際。

以下http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20060721より抜粋ですが、個人的にはまあ所詮はそういうこと程度なんだろうと。




\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

開戦、敗戦に至る経緯や、「聖断」当時の状況を見れば、上記のような昭和天皇の述懐には容易に納得できるものがあります。

昭和天皇がこう思っていたからこうすべきだ、という、単純な論法もどうかと思いますが、天皇を尊崇する神社であれば、まず、天皇のご意向というものをよく考えてみるのは当然のことでしょう。

形の上では天皇尊崇をうたいながら、肝心なところで天皇の大御心に背いているようでは、国民の納得も得られないと思います。

追記:

http://www.jinjahoncho.or.jp/honcyo/katudou.html

神社本庁のサイトの中の、「神社神道の宣布」を見ると、「敬神生活の綱領」中に、「大御心(おおみこころ)をいただきてむつび和(やわ)らぎ、国の隆昌(りゅうしょう)と世界の共存共栄とを祈ること」とあります。

///////////////////////////////////////////////////

日本は天皇や武将を神格化して神様にしてしまうので、そういう点でもある意味では非常に有効な「もの申し」だということなのでしょう。

結局は靖国神社サイドの匙加減次第、っていうことを、日頃から考えている人間が、まあどこかにいる、ということ程度なのでしょうね。


[52]>50 端的に言えば nobita_t

憲法12条の「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」の、「不断の努力」という部分を忘れかけているということにつながるんでしょうか。

戦後60年経った今、先行きが怪しい国際情勢にあって、戦争関連の話題が盛んにされるようになってきたのは、かつて自由を獲得してきた歴史的経緯に目を向け直さなければならない、ということが無意識のうちに湧き上がってきてるというところに原因の一つがあるのかもしれません。

今、自分がこうして自由な活動ができているのは、その自由を獲得するための先人達の多大なる努力があったから、というのは疑いようのない事実なわけで。


それとgoldwellさん、のっかりありがとうございます、大事に使わせていただきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ