人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

雑誌の「発行日」の記載って、なぜみんな実際の発売日よりも1ヶ月くらい未来の日付になっているのでしょうか? 嘘を書くのは良くないと思うのですが、何か理由があるのでしょうか?

●質問者: まきのっぴ
●カテゴリ:ビジネス・経営 書籍・音楽・映画
✍キーワード:未来 雑誌
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●25ポイント ベストアンサー

http://homepage2.nifty.com/osiete/seito100.htm

これは、日付が新しくないと雑誌は売れないという事情、

昔は運搬手段発達していなかったので

印刷されてから店頭に並ぶまでに時間がかかったということ、

競合他誌とのバランスの問題などが重なって

そういう慣行になっていたものを、

日本雑誌協会が週刊誌は15日先を超えて、

月刊誌は40日先を超えて発行してはならないと定め、

現在はそれが定着しているということのようです。

http://www.jbpa.or.jp/saihancontract.htm

そして重大な問題がもう一つ。

発行日を先付けすれば、再販指定期限を先延ばしできる、

という事情もあるようです。

http://f29.aaa.livedoor.jp/~resalep/what_is_rpm.html

雑誌の再販制度については、批判も多いですが・・・・。

◎質問者からの返答

なるほど、

・輸送に時間がかかっていた時代を引きずっている

・消費者心理の操作

・再販指定期限の操作

による業界の慣習なんですね。

なんだか汚いですねえ…


2 ● hanataku
●10ポイント

月を早めないと,その月の下旬に雑誌を購入した場合,その情報が役に立たなくなっている可能性があるからじゃないですか?

◎質問者からの返答

場合によってそれはあると思うんですが、「8月号」を7月下旬に発売するならわかるんですが、実際には6月下旬?7月上旬に発売されているわけで…。

それに「○月号」の月と「発行日」の月が同一でなければならないわけではないでしょうし、それだけでは発行日を詐称する根拠にはならないですよね。


3 ● MEI-ZA-YU
●15ポイント

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=...

上記の理由以外に

何でも商品は古いより新しい物を買いたいですよね。

(一般的に)


4 ● sawady
●20ポイント

http://www.bk1.co.jp/product/2647223(リンクは「暴れん坊本屋さん」2巻のbk1リンク)

「暴れん坊本屋さん」での新書館担当の話によると「先の日付にした方が本屋に長くおいておける」と言うことだそうです。

日本雑誌協会の自主基準では「実際の発売日から週刊で14日先、月間で45日先」というのが発売日表示の最大基準なんだそうです。

◎質問者からの返答

なるほど、

・書店の陳列期間の操作

ということですね。


5 ● boatnov
●20ポイント

PHP文庫「雑学新聞」という文庫本のp109に類似の話題が載っていましたので、以下、この記事から引用します。

日本雑誌協会によれば、

(1)全国くまなく配送するのに時間差が出るため

(2)内容が季節を先取りしている

(3)発売日を特定日に集中させない

等の理由だそうです。

なお、

(1)週刊誌は15日先まで

(2)月刊誌は40日先まで

を先付けの限度とするとの協定があるそうです。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ