人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

あまり詳しくないのですが、クラシックピアノが好きで、特にジョルジュ・シフラが大好きです。

なんといっても観衆を魅了する超絶技巧。テクニックだけでなく、それが、エンターテイメントにつながっているところが、カッコイイ!アクが強いかもしれないけど、そこがいい!

http://www.youtube.com/watch?v=fkCIeaQy4-M

だけど、すでに亡くなられているので、コンサートにいったりすることができません。

こんなぼくにお勧めのピアニストと、お勧めの録音を教えてください。

●質問者: ryu1ro
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:お勧め エンターテイメント クラシック コンサート ジョルジュ・シフラ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● osamu666
●20ポイント

http://www.youtube.com/watch?v=Ls9bmtZlUco&mode=related&search=

最近の超絶技巧ピアニストとしては中国のランランがいます。一度実演を見たことがありますが、引き込まれますよ。

ライヴ・アット・カーネギー・ホール

ライヴ・アット・カーネギー・ホール

  • アーティスト: ラン(ラン)
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2004-06-30
  • メディア: CD

◎質問者からの返答

ありがとうございます。編曲ものを弾いているのがいいかも。いろいろ聴いてみようと思います。


2 ● aiaina
●20ポイント

http://www.bmgjapan.com/_artist/info.php?id=1318

ジョージ ウィンストンなどはどうでしょうか!!

リラックスできます^?^

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ごめんなさい。シフラが好きとあるように、クラシックでお願いしたいです。


3 ● holmatch
●20ポイント

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=189620

シフラが演奏するリスト:ハンガリー狂詩曲は定評がありましたね。

私もLPの頃から愛聴しておりました。

同じくリストの、よく知られた名曲を集めた名演CDとして、

ホルヘ・ボレット(“ボレ”との表記もあり)のCDを掲げておきました↑。


http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1464643

映像付きで楽しむなら、こちらも中国人ピアニストで、

現在人気のユンディ・リもお勧めですね↑。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ボレットいいですねー。

ユンディはシフラのようなタイプじゃないですけど好きです。

ぼくが知りたいのは、シフラ代替ピアニストなのです。


4 ● holmatch
●20ポイント

大変失礼しました。

ボレットも既に亡くなっているので、ryulroさんのおっしゃる「シフラ代替?」にはなり得ませんね。

超絶技巧のみに着目すれば、ポリーニは外せないでしょうが、

エンターテインメント性には「?」が付く。。。(ブレンデルも然り?)

また、エンターテインメント性ならアルゲリッチの名が挙げられるでしょうが、

いささか路線が違いますよね。


ということで、「いささかストイックかな」との躊躇もありますが、

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=70600

↑のクリスティアン・ツィマーマンあたりはいかがでしょう?

あとは、リスト録音がピアノ・ソナタのみで「シフラ代替」になり得るかどうかが微妙ですけれども、

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1377400

↑超絶技巧とエンターテインメント性、双方兼ね備えた存在として

イーヴォ・ポゴレリチを挙げておきます。

(彼の弟ロヴロもピアニストですが、弟のほうがリストを得意にしているみたい)

・・・結局、自分の好みで羅列してしまいました(汗)

◎質問者からの返答

ポリーニも大好きです。

ツィマーマンもポゴレリチもよさそうですね!

シフラは、編曲を自分でしてシフラ風味にしてしまったり、勝手にオクターブで弾いたり、パッセージ追加してしまったりして、即興的でした。

選曲もリストのマイナーだけどおもしろい派手な曲なども多く、わくわくしてしまいます。

そんな観点でシフラ好きなら、このピアニスト絶対好きだろうというお勧めお待ちしてます。


5 ● sotaro
●20ポイント

私も1の方と同様に、ランランをお勧めします。

あの目つきと、素晴らしい演奏に引き込まれます。

明後日の金曜日、NHKで放送されますので、ぜひ見てください。

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/200/33-10718.html

チャンネル :デジタル教育3

放送日 :2006年 7月28日(金)

放送時間 :午後7:44?午後9:40(116分)


フィラデルフィア管弦楽団2005日本公演

「ピアノ協奏曲 第4番 ト長調 作品58」 ベートーベン作曲

(ピアノ)ラン・ラン

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ