人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Bフレッツで、PPOEを複数の2セッションを張ったときの2セッションでの合計の転送速度は、1セッションの場合のものと比べるとどうなるのでしょうか?(現在の日本の環境だと、プロバイダの回線にボトルネックがある場合が多いのでしょうか?フレッツ網にボトルネックがある場合が多いのでしょうか?)

●質問者: Reno
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:Bフレッツ セッション プロバイダ ボトルネック 回線
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● ootatmt
●10ポイント

フレッツ網から、各家庭の回線終端装置までのアクセス区間で最大転送速度が決まりますが、ボトルネックは通常各端末(パソコン)にあります。

http://flets.com/opt/s_fee.html


セッション数を増やしても合計の転送速度は上記最大転送速度を超えませんが、各端末が同時に別々のセッションを利用していると、体感的には速度が上がったようには感じることもあります。

ただし大きなファイルを同時にダウンロードしているような場合には、合計速度は最大転送速度を超えないので、それぞれの速度は落ちてしまいます。

◎質問者からの返答

現状、ボトルネックは端末にはないのではないでしょうか?少なくとも、LAN内での通信は、200[Mbit/s]はでていますが、外部との通信では、30[Mbit/s]もでません。

条件をちゃんと書いてない私が悪いのですが、たとえば、1セッションで30[Mbit/s]の転送速度を得られているとき、2セッションにしたとき、どうなるのか?(フレッツ網がボトルネックであったら、30[Mbit/s]を超えることはなく、プロバイダの回線がボトルネックだったら、30[Mbit/s]を超えることが期待できる)ということを知りたいです。おそらく、実際に、マルチセッションでためしたことがある人がいるんじゃないかなぁと思って、質問させてもらいました。


2 ● ootatmt
●10ポイント

現状、Bフレッツを使っていて30Mbpsしか出ていないということですか(単なる例え話かな)?

それなら、端末かルータなどにボトルネックがあるんでしょうね。

別の端末からインターネットにアクセスしても同じ速度ですか?

少なくともフレッツ網やプロバイダとフレッツ網の接続にそのような速度でのボトルネックはありません。


で、2セッションの場合はどうなるかですが。

PPPoEマルチセッションの場合、接続先ごとにセッションを切り替えることは出来ますが、同じ接続先に同時に2セッションで接続する(セッションを束ねる)ことは出来ないんじゃないですかね?

http://flets.com/square/pppoe_multisession.html

私自身、上記の例と同じマルチセッションは利用していますが、インターネットへの接続はISPとのセッションだけを利用しますので、当然速度は変わりません。

ISPと2つのセッションを張ることも出来ますが、接続先ごとに別々のセッションを利用しますので、この場合も速度は変わりません(早くなりません)。


仮にセッションを束ねることが出来ても、フレッツ網から各端末までの間にボトルネックがあるので最大速度は上がることはないでしょう。

◎質問者からの返答

>少なくともフレッツ網やプロバイダとフレッツ網の接続にそのような速度でのボトルネックはありません。

この判断(?)はNTTやプロバイダのカタログからでしょうか??それとも関係者の方で、ご存知なのでしょうか?フレッツ網およびプロバイダのトランジット回線はがら空きということですね。

それと、また私の書き方が悪かったのですが、2セッションにすることによって、トータルの転送速度はどうなるのか?ということが知りたいのです。

1セッションあたりの転送速度が速くならない=1セッションあたりの転送速度は遅くもならない=2セッションの合計の転送速度は、ほぼ2倍になるという理解でいいでしょうか?

ただ、2セッションの合計の転送速度が2倍になるということは、どこにボトルネックがあるんでしょう?。受信側ホストのアクセスリンク?


3 ● kentaro543g
●50ポイント

転送速度の意味が色々に解釈されてるので、話がややこしくなるかもしれないです。

現在、プロバイダーが回線を保有してるケースは、少ないです。一部のプロバイダーが保有していますが、インターネット網の多くは、NTTの回線を利用していますので、プロバイダーの回線で転送速度を左右されることは、少ないでしょう。プロバイダーによっては、局内の設備を独自に持ってる場合がありますので、この局内の設備による転送速度が依存する場合はあります。

マルチセッションによる転送の速度の変化は、一つのBフレッツ回線をマルチのPCがアクセスするのと同じ程度に考えていいのではないでしょうか? 実際には、ほとんど変わらない場合が多いです。それは、パケット通信ですから、衝突などによる再送の程度によって速度の変化が起きます。

現在のボトルネックの多くは、PCの端末側にあると考えるのは、たぶんネット関係に詳しい方のご意見で、私もそう思いますし、実際にもそのようなケースに出会っています。LANの回線速度、転送速度が出ていても、インターネットの回線速度が出ないケースは、頻繁に発生しています。むしろ、LANの速度が出る設定にしたら、インタネの回線速度が出ない場合もありますので、LANの速度が出ているから、設定に問題がないと思われるのは、関係ないかもしれません。場合によっては、LAN用のPC、インタネ用のPCと分けて使ったこともあります。

もし、ボトルネックになるとしたら、Bフレッツの場合、契約内容にもよりますが、1本の回線を何人で利用しているかに依存する場合が多いのではないでしょうか? 少ない人数であれば、速度の低下は、少なくなる機会が多いでしょうし、多い場合は、頻繁に低下しています。Bフレは、現在、数百人で1本の回線(1Gで100Mベストエフォース)を利用している方が多いので、その当たりがボトルネックになるかもしれません。

フレッツ網は、まだ、利用者が少ないためか、非常に安定してますし、速度の低下も少なく快適な通信環境に近いです。フレッツ網がどのように利用されてるのか、フレッツ網のVPNサービスなどを調べられる機会がありましたら、調べてみてください。

結論から言いますと、2セッションにしても回線速度の低下は、使用するルーターなどの回線機器、そしてPCの設定・性能に依存する以外は、さほど大きな変化は、ありません。(でした。・・私の今までの経験では)・・・さらに、現在でも2セッションで私は、使っています。

http://q.hatena.ne.jp/1153869187 ダミーです。

◎質問者からの返答

現状、フレッツ網に至るアクセス回線にボトルネックがあるので、2セッションにすると、トータルの転送速度は、1セッションのときより増える!(しかも、1セッションあたりの転送速度はさほど変化しないので、トータルでは2倍程度に増加!)という理解でいいでしょうか?

ご返答を見て初めて気づいたのですが、回線としては、アクセスリンク(光ファイバ)、フレッツ網、プロバイダの回線(トランジットの回線)と区別すべきなのですね。アクセスリンクとフレッツ網を同一視していました。(場合わけがさらに増えるので、受信側ホストはネットワークのコア側にいて、十分早いアクセスリンクを持っているとします)

そして現状では、アクセスリンクを多人数で共有することにより、混雑してしまう。ネットワークのコア側(フレッツ網、トランジットへの回線)はがらがらであると。

それと、kentaro543gさんのいう、端末がボトルネックとはどういう状況をさしているのでしょうか?100[Mbit/s]で送受信するには、端末の処理能力がたりないということでしょうか?

非常に参考になりました。ありがとうございました。


4 ● Calm_Moon
●20ポイント

質問の趣旨と異なるかもしれません.

一般的な場合ではほかの方々が回答されている通り,クライアントPCやボトルネックは地域IP網からの接続の部分にあるかと思います.

しかしながら,大量のトラフィックと長時間発生させた場合,地域IP網内でトラフィックを制限される場合があるようです.

http://flets.com/customer/ci031225.html

私の経験ですが,もともと2セッション合計で100Mbpsまでつかえていた回線が2セッション合計で30Mpbs前後まで制限されてることがあるようです.

地域IP網レベルで制限が行われた場合,PPPoEを2セッション張っても合計の速度は変化ありません.

http://f.hatena.ne.jp/Calm_Moon/20060726202248

参考までに帯域制限?が行われた前後のトラフィックの推移を張らせていただきます.

◎質問者からの返答

非常に興味深い情報をありがとうございます。

もしよろしければ、なぜ帯域制限が行なわれたか教えていただけないでしょうか?P2P系のアプリケーションの使用でしょうか?ウィルスに感染したパソコンの存在でしょうか?


5 ● Calm_Moon
●10ポイント

> もしよろしければ、なぜ帯域制限が行なわれたか教えていただけないでしょうか?P2P系のアプリケーションの使用でしょうか?

> ウィルスに感染したパソコンの存在でしょうか?

すいません,重要なことを書くのを忘れていました.

該当の回線についてはサーバを立ててファイルのダウンロード用に使用しています.(合法のモノです)

サーバ専用に使用しているのでP2Pの利用やウィルスに関してはまったくないと考えています.

URIはダミーです.

http://q.hatena.ne.jp/1153869187

◎質問者からの返答

ということは、100[Mbit/s]の転送速度が長時間つづくと、帯域制限を行なわれるかもしれないということですね。参考になりました。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ