人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よくテレビの刑事ドラマ等で「前科○犯」という言葉を聞きます。前科を辞書で調べたところ「刑罰を受けたことがあること」と記載されておりました。しかし、この記述ですと自動車でシートベルト装着違反でも前科有りということになってしまうかと思います。前科とは「裁判等で刑罰が確定したもの」という整理でいいのでしょうか?また、その場合、裁判でも極めて程度が軽いもの(例えば略式起訴により罰金のみ等)なども「前科者」という扱いになるのでしょうか?また、「前科」と「前歴」の違いも教えて下さい。

●質問者: takky2006
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:いもの シートベルト テレビ 刑事ドラマ 前科
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● HONMA9691
●23ポイント

https://www.hou-nattoku.com/mame/yougo/yougo44.php

確定判決で刑の言渡しを受けたこと



交通違反の反則金は行政処分なので前科にはなりません。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1098680

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1419727


2 ● jyouseki
●23ポイント

http://www.lufimia.net/sub/keiho1/1100.htm

>前科というのは法律用語ではありません。

>刑事裁判をやっている法廷では「前科」という言葉が検察官から出ることがあります。

>この場合の前科というのは一定の意味をもっていまして、基本的には「罰金以上の刑を言い渡された裁判の内容。

>ただし道路交通関係のものを除く。」を指します。


3 ● fragarach
●22ポイント

一応「裁判等で刑罰が確定したもの」という理解で正しいと思います。有斐閣の法律学小辞典によれば、

法律用語ではないが確定判決で刑の言い渡しを受けたことをいう。法令の定めによるものではないが、裁判所と市町村役場に具備された犯罪人名簿に登録される。一定の場合は、法律上執行猶予の欠格事由、累犯加重の事由となり、その他各種の法律によって資格制限の事由となる。

ということです。略式起訴であれ確定判決によって刑を言い渡されれば「前科」ですね。執行猶予などでも同じです。でも正式な法律用語ではないので、「前科」から導かれる意味や効果は文脈によって多少異なると思います。

たとえば、犯罪捜査などにおいては、どんな罪であれ刑を受けていれば「前科」として指紋などのデータベースに入りますが、法律による資格制限(公務員や弁護士になれない)などは各法律の定めに従います(「禁固以上」に限定しているなど)。

また、社会的には「過去の犯罪歴」はいつまでも事実として意識されるかもしれませんが、法的な資格制限などに言う「前科」は一定の時間が経つと抹消されます(刑法34条の2:http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM#s1.6)。


それと、「前歴」は別に犯罪に限らずそれまでの経歴全部を指すものと思われます。多分法律的な意味は無いです。


4 ● daikanmama
●22ポイント

「前科」と「前歴」の違いについて、こちらサイトでわかりやすく説明されています。

http://www010.upp.so-net.ne.jp/cvn/iitoi01_3.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ