人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

100個の乱数があり、その平均がSだとします。その100個の乱数から無作為に5個とりだしたとき、その平均がsだとします。同じ操作を充分な数繰り返すと、s-Sの散らばり方は平均ゼロの正規分布になると思われますが、その分布の標準偏差の計算方法を教えてください。できたら一般化してください。

●質問者: herecy8
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ゼロ 乱数 分布 操作 標準偏差
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Dursan
●100ポイント ベストアンサー

うまく要約できそうに無いのでURLだけ貼っておきます。

これでいいでしょうか

http://www.mbanavi.com/school/stat09.htm

◎質問者からの返答

はい、ありがとうございます。


2 ● hiro7days
●10ポイント

http://homepage1.nifty.com/QCC/sqc2/sqc-2.html

http://www.mbanavi.com/school/stat04.htm

上のURLでは分母がデータ数となっていますが、

実際はデータ数-1という下のURLが正しいです。

質問内容の場合、n回の操作を繰り返したとすると、

標準偏差σ = {Σ(s-S)^2/n-1}^(1/2)

となります。

◎質問者からの返答

たしかに質問文を読み返すと、標準偏差計算の一般的な手順を聞いていると読めなくはないですね。1番の回答がまさに求めている答えでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ