人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

AWBの中にはHAWBなどと分かれていますが、その役割はどのようになっているのでしょうか。また、B/Lやインボイスも同様でしょうか。また、CaseMarkはどのような役割をしているのでしょうか。

●質問者: fx811
●カテゴリ:旅行・地域情報 生活
✍キーワード:インボイス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● goldwell
●60ポイント

かつて業務でレクチャー受けた記憶、および資料より説明いたします。

航空輸送においては、AIR WAYBILL (AWB)/航空運送状は、Master-AWBとHouse-AWB等がとあり、Master:1に対して複数のHouseが紐付いています。

注:Carrier(航空会社)、Shipper(出荷側)、Forwarder(輸送代理店)

簡単に言えば、Masterが1航空輸送単位に対して、Houseがそれぞれの宛先に細かく分かれた単位と言っても良いでしょうか。混載でなければ1:1ですが。


また、Invoiceについては、商業送り状とも請求書とも言います。

こちらは1AWBや1B/Lにそれぞれ紐付いていますね。

下記URLに説明とサンプルがあります。

http://www.kwe.co.jp/service/shittoku/waybill/awb_ex.html


海上輸送において、AWBに相当するのが、B/L (Bill of Lading、船荷証券)です。

船会社と荷送人との間で貨物運送契約を締結したことを証する書類であり、船荷証券はその船荷証券所有者に貨物を引き渡すことを約束した引き換え証で、流通性を持つ有価証券です。

B/L の基本的性質は以下の通りです。

こちらもMaster・Houseとあり、Masterが1コンテナ単位、Houseが1貨物単位とも聞きました。


CaseMarkについては、ごめんなさい。説明できません。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。非常によくわかりました。CaseMarkについては自分で調べてみようかと想います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ