人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

NPO法人として技術はあっても発展出来ない零細企業や寂れた商店街の復活の手助けをしたい。
設立は難しいですか?

●質問者: rthuk
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:NPO法人 商店街 技術 設立 零細企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

[1]10人集まれば NY505

最低10人の社員(会員)が必要なようですね。いろいろ手続きが必要ですが、10人集まれば何とか申請はできそうです。

http://npo.ii-support.jp/page011.html


[2]設立に関するお役立ち情報 exitplan

はてな過去ログから

http://q.hatena.ne.jp/1097327831


[3]経験者に聞いた苦労 exitplan

以前都市開発サポートをやっているNPO法人の方にお話をうかがった事があります。

・設立申請用の書類を用意するのも認可を得るのも大仕事

・選任を置く余力がないのでメンバーみんなが兼務

・個人情報保護などへの対応など予想外の後方業務が発生

・NPO法人とボランティアの区別が社会的にまだまだ認知されてい ない(活動報酬の面で)

といった苦労があったそうです。

またベンチャー支援のNPOの方は

・活動するための時間・お金・人材が限られているので、主体的に方向性を選んで活動を継続しないと実体が見えなくなる

・創業メンバー以外で活動の中で主体的に運営にかかわってくれるメンバーとの意見調整が割と大変

というご苦労もあったそうです。


[4]元役員として koganeihana

ほぼ同様の主旨の NPO 法人の理事をやっていたことがあります(現在は辞めています)。

会社法人の設立でもなんでもそうだと思いますが、

自分自身が情熱をもって続けられるかどうか

同じ思いをもつ誠実な協力者を必要な人数だけ集められるかどうか

それらの人と協調協力をしあうことができるか

などの多くの要素が関係してきますので、質問者さんの具体的な状況がわからなければ「むずかしい」かどうかは判断できません。

つまり、ご自身が協調性、積極性、折衝力などのさまざまな能力や、やる気をもつことは必要だと思います。

それさえあれば、申請などの手続き上のことはまったく「むずかしい」ことはないはずです。


[5]>4 情熱ですね NY505

確かにうまく行かない時でもどう情熱を継続させられるかが鍵ですね。


[6]企業や商店が、ちからをあわせれば imagaichiban

商店街が、寂れるのは誰も嫌がっています。

そこ力を出すには、それなりの分析が必要だと思います。

それなりの資料集めに、大変ではないでしょうか。

その力を与えてくれる組織が、最初に必要としているような気がします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ