人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ずるい大人の方々のみに質問します。

1.なぜずるい大人になったのでしょうか?メリットはありますか?
2.いつからずるい大人になりましたか?
3.子供の頃、ずるい大人に失望したことがありましたか?

●質問者: sukeshi
●カテゴリ:ネタ・ジョーク
✍キーワード:メリット 子供
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

[1]30才くらいからずるくなりました NY505

会社員になって社会にもまれてから、ずるくなりました。


[2]子供のころの方がずるかった NAPORIN

1.子供のころからずるく、今もずるいと思います。株への投資で利益を得ようなんてズルの塊みたいなものですよね、共産主義的にいえば。宝くじだって何百人ものお小遣いを独り占めしてシアワセになりたいから買うんだし。でも子供の間はそれが夢だったんですね、たとえば一億円拾って、一割の100万円をお礼にもらえないかなあなんて思って、通学路で下を向いて歩いてはいろいろなもの(オトナからみたらすべてゴミ)をひろっていました。

メリットは、ややこしいお金のことや社会のことを勉強する意欲があることです。役所の手当てや補助金や税金の還付金も公報で勉強して適用できるものはもらいます。他人には面倒なので教えません。

2.20歳で成人してからずっとずるい大人です。

3.逆に、ひろったアクセサリーやキーホルダーなどを、どんな汚れがついているかわからないから捨てろといわれて失望したりしていました。ずるいというか、オトナの高次の判断力というものを目の当たりにし、子供の知恵は高が知れていると思い知らされて、自分でもなにかオトナをあっといわせるようなことができるのではないかという希望は全く打ち砕かれました。


[3]当然、私自身ずるい大人です。 sukeshi

1.子供の頃は『北の国から'84夏』の純君やちびまる子ちゃんの藤木君くらい卑怯でした。

少しばかり知恵がついたら『ずるく』なりました。

メリットは、長期的に見れば無いような気がする。


2.働くようになってから。

立場というものを使い分けるようになってしまった。

これってやっぱりずるいんじゃないかって。


3.川で毛ばりの流し釣りをしていた時に、隣のほうにいたおじさんの仕掛けと糸が絡まってしまいました。

『これはすぐにはほどけないから、ほどけたら届けるから住所を教えて。』と言うおじさんのことばを信じて住所を教えて仕掛けごと渡したことがありました。

仕掛けは毛ばりが沢山ついた盛岡毛ばりとか言うやつだったのですが、その後一緒に釣りに来ていた父親にこのことを報告すると『それは盗られたんだな』と言われました。

しばらく意味がわからなかった記憶があります。


[4]ずるさに変化はない shintam

ずるさは変わりませんが、大人になった気がします。子供の頃はずるかったけどそれを実現する力がなかったです。

1.望んでなった訳ではなく、生来のずるさを発揮できる地位(大人)に至っただけです。これからも社会的地位が上がればなおずるくなるのではないかと思います。但し、自分の意向を通す際には比較的説明を尽くし理解を得たい性格なので、あまり「ずるい」と思われていないかも知れません。ずるいけどずるいと思われない努力にはメリットがある気がします。

2.前述の通り「ずるい子供」が大人になった時に「ずるい大人」になったとおもいます。30歳くらいかな。これからもどんどんずるさを発揮できるようになる可能性があります。

3.記憶にありません。多分、私の回りの大人は、ずるいと思われないように説明を尽くす人が多かったのだと思います。本当はずるいんですが。


[5]ずるさの質が変わった Welsper

もともと、「大人 対 子供」という二項対立の図式で考えないようにしていますが、あえて、どこかでその線引きが出来るものとして回答します。

1 幼い頃は、ずるさの使い方も稚拙で、虚栄心やわがままを通すための自己満足の手段でした。 現在でも、それは残っていますが、もっと実利を優先したり、周囲と共に良い結果を出すため、自他共に多少の満足を得るため、悪く言えば結果オーライとなるような、「お互いの幸せのためのずるさ」を優先するようになった気がします。

理由は、単純に、処世術を身につけてきたから、かと。

また、メリットは、当然、自分も他人もそれなりに納得できて、丸く収まること。もちろん、そういうのを嫌う人もいますが。

2 端的にこの時点で、とは言えませんが、自己満足のためのずるさが通用しないときに、周囲から批判されたり、目上の人から注意されたり、自分自身に嫌気がさしたりしてきたときに、反省や自責や孤独を感じながら、世間と折り合いの付く、「適当な落とし処」とか「波風立てない態度」とか「小さくまとまった幸せ」を探すようになって行ったのだと思います。

3 幼い頃にも周囲に小狡い小賢しい同年代の人間がいくらでもいたので、たとえ教師などの目上の人間が、歪んだ強引な理屈を使ったり、薄汚い小さな権力者であったり、二枚舌で裏表ある人間であっても、許しはしないし嫌って軽蔑しながら、「人間なんてそんなもの」と思っていました。

また、確かにキタナイ連中に出会う度に傷ついたりショックだったりしたので、「なるべく自分には厳しくするけれど、他人には何も期待しない」という気持ちも、同時に持つようになっていきました。

そういう経緯で「自分が傷つかず、他人を刺激せず、全体として丸く収まる」事なかれ主義とか、妥協と折り合いとか、人間不信で本音を見せない態度を自分に課すような、「実利のためにはウソも方便」といった性格になって行ったのかと思います。


[6]生きていくためです。 mojape

ある程度のズルさがないと生きていけないと思っています。

年齢を重ねるごとにいろんな知恵がつき、周りの人間関係も変わり子供の頃の純粋なままでは生きにくくなってしまった。

だけど人を傷つけたり不快な思いをさせたりするズルさは使いたくないです。

子供の頃も今も、スーパーのレジなどでとぼけてズル抜かしをするようなマナーの悪い大人は嫌です。見かけたら必ず注意します。


[7]1.自分を守る為 yadokarikun

1.自分を守る為にずるい大人になりました。

嘘もつくし・・・

でも、人を傷つける意図で嘘をついた事は無いつもりです。

(言い訳する時点でずるい大人なのかも・・・)

2.就職してからだと思います。

他のずる?い大人たちにもまれた為(?)

世間の厳しさを知りました。

3.有ります。

嘘つくし、外面ばかり気にするし。

一番嫌だったのは、子供にはゴミのポイ捨てはダメだ、と口うるさく言っていた近所のおじさん達が平気でタバコのポイ捨てをする事だった。それを指摘したら「大人のする事に子供が口を出すな」と、怒鳴られた。(実話)


[8]>1 会社でダメになって、家庭に逃げ込みました konoha788

なのに母性的でも家庭的でもないのに、優しい旦那さんが支えてくれます。

今やりたいことのため、仲間は働いて時間とお金作ってがんばってるのに

養われながら、のうのうと好きなことを勉強しています。

そんな自分を責めてたら辛くなるので、ずるいけど「得してる」思うようにしてます。


[9]生き延びるため kitata1

ずるくないと会社の中じゃ私は、生きていけません後楽しめません

ずるくなったのは、会社に入ってから

失望したことはありません


[10]子どもも大人もズルいのです neoarcheologist

1.なぜずるい大人になったのでしょうか?メリットはありますか?

大人でも子どもでもズルい人間はズルいです。だから、人間の本質ではないでしょうか。だけど、大人になったら子どもは純粋だとか、思い込むんでしょうね。汚れを大人になったことに責任転換する、それもズルさでしょう。

2.いつからずるい大人になりましたか?

大人と呼ばれる年齢になったらズルい大人なんではないでしょうか。

3.子供の頃、ずるい大人に失望したことがありましたか?

ズルい大人はたくさんいたはずですが、信頼していたためか、気づきませんでした。むしろ、ズルいのは子どもであって、大人は完成された人間だと思い込んでいました。よく考えたら、そんなわけはありませんね。


[11]自分 gingiragin

みんなずるくなければ、人間ではありません。


[12]大人のずるさに傷ついたので。 chi_maki

1、大人や、ずるい大人になってしまった同級生の、ずるい言動に傷ついたので。

メリットは、、、わかりません。

2、徐々に徐々に、じわじわと、なので、気がついたら、ずるい考えをするようになってた。

意識したのは、20代後半かな。

3、あり。


[13]>8 なるる nonstyle

社会人になってから、私もズルくなりました。

仕方ないんですよね、生きてくためには・・・・・・

ただ、自分に正直に生きるコトができず、

それがストレスになってしまって、結局、家庭に逃げました。。。

子供の頃、ずるい大人に失望したことがありましたか?

>家事を手伝ったら、好きなおもちゃを買ってくれるようなコトを

親が言ってたのに、実際は買ってくれなかった。

ずるぅー(T_T)


[14]ずるいとあまり思ったことは無いけれど。 xxxplumxxx

1.自分に有益になるように周りに働きかけつつ、それを人に気づかれないようにするとか、そんな感じ。

でもあれこれ画策してるわけじゃなく、気付くとそうなってる。

きっとすべては「自分のため」

2.多分生まれたときから。

3.俺がずるい子供だと気付きながら気付かないでスルーしてった時は、「面倒なものは放置か」って思ったくらい。


[15]小さい時、親は自分の好きな物をいつも食べていた。 NY505

小さい時、親は自分の好きな物をいつも食べていた。うらやましかった。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ